【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
我が家の村上春樹ブーム
さかのぼる事、約4ヶ月前。
新作が出ることは全く知らなかったのですが、「ノルウェイの森」が映画化されるということを聞き、上映される来年までに読めば良いやと思って、1冊100円で「ノルウェイの森」上下巻をブックオフで購入してました。

元々、芥川賞を取るような作品(村上春樹は受賞してませんが)には興味が無く、彼の作品は今まで読んだことがありません。ヨメさんも同じく読んだことが無かったのですが、やはり映画きっかけで「ノルウェイの森」を読んだら、大絶賛していて、その後初期の作品から、文庫を買い揃え始めたんですよね(^^;

ヨメさんとは本の好みは7割ぐらいは同じで、私は歴史小説、ヨメさんが女流作家の恋愛小説が好きなのを除けば、だいたい同じ作家の本を読んでるんですよ。伊坂幸太郎、奥田英朗、荻原浩、重松清あたりは2人とも好きなので、「村上春樹の本、読まないならどんな話か言うよ。」と、そこまで言うならと思い、今「ノルウェイの森」をやっと読み始めたところです。

まだ少ししか読んでませんが、20年前に書かれた本で時代も1968年の出来事を回想するというのに、文体に古臭さを感じないのには、ちょっとした衝撃でした。村上春樹が影響を受けているというアメリカ文学の作風なのかもしれませんが、新鮮でしたよ。
[PR]
by borderline-kanu | 2009-07-10 22:48 | 本&コミック
<< スウォッチの行方 「さよならバースディ」 荻原 ... >>