【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
「終末のフール」 伊坂幸太郎 文庫本
「8年後に小惑星が地球に衝突し、地球が滅亡する」ということが発表されてから、パニックが起こり、暴動、殺人、自殺が頻発したが、世の中は落ち着きを取り戻してきた。

そんな5年間を経て、人類全員があと3年で死んでしまうという状況を日々を生きるというのは、どんな気持ちなんでしょう。早く割り切って、3年であっても充実した生活を送るのが正解なんだろうと頭では理解しても、なかなかそうはできないんだろうなぁ。

状況としてはかなり深刻なんですが、爽やかな空気さえ漂っていて、肩の力が抜けた短編連作だと思います。それぞれにテーマがあって主人公によって硬派だったり、ゆるい感じだったりとするんですが、死を絶えず意識することで、日常の何気ない出来事の積み重ねの大切さをあらためて考えさせてくれます。

個人的には、「太陽のシール」の中に出てくる不治の病の子供を持った父親が、子供を残して先に死ぬことが心配で仕方なかったけど、3年後にみんな一緒に死ぬのであれば、子供を残す心配がなくなったと晴れやかな顔で話していたのが印象に残ってます。
世界の終わりであっても、それを幸せに感じる人もいるというが、少し嬉しかったりします。

「深海のポール」に出てくるマンションの上に櫓を作って終末の大洪水を見物するというお祖父さんは、「つみきのいえ」と似てませんか?! 実は「つみきのいえ」は読んでもないし、映像もニュースで流れる断片的なものしか観てないんだけど(^^;

「死神の精度」を読んだ時にも感じたのが、ワンアイデアで小説を書く難しさです。地球最後の日まであと3年というアイデアは面白いけど、それに頼りすぎなんですよね。

逆に言えば、設定を決めてしまったことで縛られてしまい、時系列をずらしたり、テンポの良い会話が魅力の伊坂作品らしさが薄れてしまった気がします。
[PR]
by borderline-kanu | 2009-09-09 00:00 | 本&コミック
<< アダモステ デミオロメン >>