【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2009年 マイベストブック
メモ帳に読んだ本だけは書き込んでいたので、なんとかアップします。

今年(2009年)は再読を含めて46冊。
なんといっても、「水滸伝」でしょうね。19冊とボリュームたっぷりだけど週2、3冊ペースで2ヶ月かからず読み終わりました。北方謙三の描き出す男の物語りにドキドキしながら、読み進めたのを今でも思い出します。
それと森見登美彦に出会った年でした。「四畳半神話体系」、「夜は短し歩けよ乙女」どちらも京都を舞台にした物語だけど、どちらも大学生時代に戻ったような感覚にさせてくれる大好きな本となりました。


【2009年 ベスト3】(順不同)
「水滸伝」1~19 北方謙三
本来の水滸伝って、妖術とかも出てきてファンタジー色も強い話なんだけど、北方謙三がキューバ革命のイメージを宋の時代に持ってきて物語を時系列を整理して再構成しているので、現実的な内容になっています。「三国志」好きなら間違いなくハマリます。

「空中庭園」角田光代
ヨメさんが女性の作家を読む影響で読みました。
女性と男性の考え方やモノの見方、感情の違いを突きつけられた作品です。この作品を呼んでもっと女性が書く小説を読まないとと思わせてくれたと思います。この後は、直木賞取った「対岸の彼女」や「八月の蝉」も読みましたが、どちらも興味深く読ませてもらいました。

「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
2人のすれ違いがとにかくオモチロイ作品です。男は読んだら必ず「黒髪の乙女」に恋をしてしまう(^^; 「先輩」に思いっきり感情移入して読みました。森見ワールドの独特な文章さえ違和感を感じなければ、楽しめます。

【2009年読んだ本 46冊】
読んだ順番に並べました。
特に勧めの本は後ろに★つけてます。

「ナイチンゲールの沈黙」上・下 海堂尊
「僕たちの終末」 機本伸司
「水滸伝」1~19★ 北方謙三
「絶対モテる!「心理話術」」★ 清田予紀
「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂幸太郎
「ララピポ」 奥田英朗
「三国志読本」 北方謙三
「螺鈿迷宮」上・下 海堂尊
「ジェネラル・ルージュの凱旋」上・下★ 海堂尊
「ドミノ」 恩田陸
「さよならバースディ」 荻原浩
「ノルウェイの森」上・下 村上春樹
「終末のフール」 伊坂幸太郎
「町長選挙」 奥田英朗
「悪夢のエレベーター」 木下半次
「NHKへようこそ」 滝本竜彦
「空中庭園」★ 角田光代
「頭のいい人、悪い人の話し方」樋口
「ヤリヤラズ入門〈でる単〉式着順固定講座」(再読)加納裕一
「ママの狙撃銃」 荻原浩
「最強の競馬論」(再読)森秀行
「鴨川ホルモー」 万城目学
「四畳半神話体系」★ 森見登美彦
「夜は短し歩けよ乙女」★ 森見登美彦

2006年マイベストブックス
2007年マイベストブックス
2008年マイベストブック
[PR]
by borderline-kanu | 2012-07-01 23:01 | 本&コミック
ちょこっと復活 >>