【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
<   2004年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧
「ディープ・ブルー」
【ネタバレです】

前から海の中は恐ろしいとこやと思ってましたが(^^;
海面に近いところから、海の底までかなりエキサイティングでしたよ。
弱肉強食・生存競争のオンパレード!

「アシカと戯れるシャチ」
ぬいぐるみかと思うぐらい景気良く、放り投げてアシカを弱らすシャチ。
しかも、シャチがあんなに砂浜に近づいてまで、喰おうとするか。

「クラゲ軍団」
ファインディング・ニモで出てくるシーンそのまま。
何処まで行ってもクラゲだらけ。

「執念深いシャチ」
コククジラの親子を何時間も追い続け、遂に仕留める。
意外と働き者?

「サメの王国」
画面一杯にサメだらけ、数十匹いて、獲物を狙ってる。
撮影カメラマン凄すぎ!こわっ(>_<)

「深海のホタル」
光が無い世界で魚自ら光ってるんです。
初めて見る魚たちばかりだ。

「頑張るシロクマ」
自分よりでかいイルカを捕まえようとするけど・・・

「イワシの群れ」
数百匹集まると、サメもうかつに近寄れない。
竜巻のようなイワシの大群は圧巻。

その他にも興味ある映像ばかりでした。

しかし、なんでこんなに眠いんだ!

どんなつまらない映画見ても、ほとんど眠たくなることないんだけど、
途中から眠くて仕方なかったよ(^^;映像は面白いのになぁ。

多分、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽のせいか?
荘厳な曲からコミカルな曲までシーンに合っていたと思うのですが、
心地よすぎて、眠気が襲いかかりました(^^;

公式HPもメイキングの裏話もあって一見の価値ありです。
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-31 22:00 | 映画レビュー
久しぶりの競馬
手元に7月4日付けの当たり馬券があるんです。
換金期限は60日、来週の土曜日までに換えないと紙くずになってしまうので、今日は阪神競馬場に行ってきます(^^)

函館にいた頃は、毎週通っていたのに、約2ヶ月ぶりです。
昨日、競馬エイト買ったけど、全然ピンときません(^^;
付け焼刃でJRAレイシングビュアー見てちょっと復習してみたものの、微妙です。

小倉・新潟は前から見てないので札幌中心で買うつもりなんですが、新潟記念だけはちょろっと買ってみます。コース実績がある馬中心で、エイシンハリマオー。穴でニシノセレッソは押さえたいですね。
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-29 11:36 | 競馬
オリンピック決勝「アルゼンチンvsパラグアイ」
いやー強いです、アルゼンチン!結局大会通じて無失点で優勝(^^)

やはり得点はテベス。自陣でボールを奪って速攻。右からのセンタリングにDFの前に上手く入り込み、点で合わせてゴールに流し込む。日本のFWなら点入れられないだろうなぁ(>_<)決定力の違いを見せつけられました。

テベスのゴール後のダンスなんですけど、よく見たら阿波踊りに似てないですか(^^; 藤本と並んでのダンスが見てみたい⇒絶対無理。

後半パラグアイが2人退場してしまったので、どうしようもなくなってしまいましたね。それにしても、パラグアイはイエロー7枚にレッド2枚、アルゼンチンの攻撃を反則覚悟じゃないと止められない。(全部が守備のファールじゃないですけど。)

アルゼンチンはイタリア戦同様、見事なほどパス回りました、そして何より最後まで落ちない運動量は素晴らしい。フル代表と融合したらどんなチームになるか楽しみですね!
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-29 02:46 | サッカー
「華氏911」
前作のようなブラックユーモアを期待している方には、向いてないです。

マイケル・ムーアは、ほとんど出てこなくて、ほとんどセリフのみ。もちろん彼らしい場面もあるけれども、全体的には笑えません。私は、やるせなさや怒りの気持ちの方が、はるかに大きかったです。
でも、現役の大統領相手に喧嘩売ってるんだから、それで良かったんじゃないかと。もっと軽いタッチで描くことはできたはずだが、そうすると彼の決意が中途半端なのもに見えてしまうし、観客にも伝わりません。

この作品がドキメンタリー映画であって、事実であるのは確か。ただ真実かどうかを見極めるのは、観客一人一人です。


【ネタばれ】

マイケル・ムーアは編集と演出の上手さは抜群、こき下ろされるブッシュは堪ったもんじゃないでしょう(^^;大統領から引きずり降ろしたいという強い意志を感じます。

立派な人物が行う独裁政治と悪政を行う民主主義を比べたとしても民主主義の方がマシだと思います。どんなに酷い人を選んだとしても、それは国民の総意だから。政治に対して能動的か受動的かの違いです。だからといって、独裁者だから、テロを支援している(に違いない)から、大量破壊兵器を持っている(に違いない)からといって、勝手に攻めることは許されることではない。ブッシュが単純に政治家として能力ないことはさて置いても、国よりもブッシュ家(金)のために仕事をしているのであれば、大統領としての資格はないでしょう。

マイケル・ムーアはストレートど真ん中で勝負してきた。インパクトは絶大で人に訴える力はあると思う。だけど、うまくいきすぎで、(映画の)胡散臭さも増したような気がする。観客は色々な情報を得ることができる。たとえ見たときには知らないことでも、家に帰ってネットで検索したり調べる手段はいくらでもある。上に書いたようにブッシュを擁護する気は一切ないけど、絶対的正義なんてものはないんだから、時代劇や子供向けアニメのような勧善懲悪的な内容は逆効果じゃないだろうか?

どちらにしても11月の大統領選は大注目ですね。そしてこの作品は大統領選挙前に見ないと、面白さは半減します。


ここまで書いておいて、なんですが実はこの作品を見て、一番印象に残ったのは、ブッシュがどうのこうのという所じゃないんです。

実質失業率50%、人がいなくなって廃屋ばかりが増えているマイケル・ムーアの故郷、フリントの惨状です。昔、日本はアメリカの10年あとを追っかけていると言われてました。(今はどうなんでしょう?)

私にはフリントの現状を他人事とは思えなかった。日本は今後人口がどんどん減っていきます。相変わらず住宅は作られてるけど、1億人切ったら間違いなく家は余ってきます。人件費は下がらないだろうから、雇われるのはアジアの人たちなんてことになったら、フリントのような都市が日本全国にできてしまいそう。

国のために戦争しても、儲かるのは一部の人達、国の中から壊れていくようなら、何のために国があるのか判らなくなるなぁと。

長々と書いた割には、まとまりがなくなってしまいました(^^;

2004年8月24日(火) ナビオTOHOプレックス
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-28 01:58 | 映画レビュー
誰が見るのだろう・・・
先日、「NIN×NIN 忍者ハットリ君 THE MOVIE」の予告を映画館で見た。

最近、映像技術の発達でアニメの実写版映画というのが増えてきてますが、こんな毒もなんにもない、おまけにインパクトもないアニメを実写にして、誰をターゲットにしてるのだろうか不思議だった。藤子不二雄作品は、「ドラえもん」をはじめ「パーマン」「怪物くん」「おばけのQ太郎」など多数あるけど、あえて「忍者ハットリ君」を実写にしたかが知りたい(^^; まあ、どれが実写になってもパッとしそうにはないねえ。

「キューティ・ハニー」「キャシャーン」「デビルマン」と実際に見るかどうかは別としても、見てみたいという気にはなった。けど、この作品は私を含む30代が子供の頃のアニメだけど、思い入れのかけらもないんですけど。

そして今日。主演の香取慎吾がハットリ君のかっこで「食わず嫌い王」に出ていて、なんか可哀相になりました。彼のファンの女の子は見に行くのだろうか?

多分、ヒットしないと思うけど、ちょっと注目です(^^;

本当は「華氏911」の感想書こうと思ったんだけど、なかなか、まとまらないんですよ~
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-27 00:00 | 映画その他
「華氏911」見てきた!
本当は「ディープ・ブルー」を見るつもりでレイトショーに出掛けました。
チケットコーナーに行くと、あと15分で「華氏911」が始まるし席も空いているので、思わず口から「華氏911、1枚」と言ってしまいました(^^;

レイトショーだけど観客も多く、比較的年齢層は高めでしたね。

前作の「ボーリング・フォー・コロンバイン」と違って軽くない。個人的にはそこは非常に評価してます。それだけ、マイケル・ムーア監督が本気だったんだと思いました。1人で立ち向かう彼の勇気には本当に頭が下がります。

映画見終わって後悔したこと、それは1人で見に行ったことです。

見終わった後、すごく話したいというか語り合いたいと思ったんですよね。
普段から色々考えてる訳じゃないけど、思うこと、感じたことがあったので、誰かと一緒に見たかったなと。実際、こういう話ができる友達2人には、帰りの車内でメールしました。「はよ、見てな。」「一緒に見たかったわ。」って。

もったいぶるんじゃないですけど、映画の感想は次回へ。
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-26 01:10 | 映画その他
オリンピック「イタリアvsアルゼンチン」
放送するの知らなくて、たまたまTV見てたら始まってラッキーでした。もう準決勝まできてしまったんですね。

日本と戦ったイタリアは強いと思いましたが、アルゼンチンはもっと上でしたね(^^;

アルゼンチンはよくボール回ります。技術がしっかりしてるから、厳しい場面でもボールキープできるし、1人多いかと思うぐらいにパスコースがあるんですよ。最後まで運動量が落ちなかったです。それにしてもサビオラが控えで出れないって・・・

2点目のカウンターは痺れました。
自陣でボールを奪うと、テベスはボールが来ることを信じてダッシュ。そこにちゃんとボールが来て、テベスが前を向いた時に勝負あった。イタリアはDFが二人いたけど後ろから走ってきたFWの選手(名前?)に絶好のパス、シュートもきっちり決まりました。

あれだけ長い距離走ってゴールを決める、決定力が羨ましい!
そしてテベス。ゴールハンターなんだけどあの判断力。今日は1ゴール2アシストでした。

テレビでは事実上の決勝戦といってましたが、パラグアイ(もしかしたらイラク)には意地を見せて欲しい。
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-25 02:17 | サッカー
ハモ・ハモ・ハモ~
ハモづくし~! なおさんからトラックバック

参加してました「食べまくりの会」(^^)

実は家に行くまでは、そんなにハモに食べたい!とも思ってなかったんです。
自宅を提供してくれた友人とは7~8年ぶりの再会、可愛いお子もいて、会うのが楽しみだったんですけど、凄いハモの量(約5キロ)とプロが調理しだすのを見たら、頭の中は「はよ喰いてえ~」に。げんきんな奴ですいません(^^;

ハモは身、骨、皮、頭と残すトコ無く料理され、テーブルに載りきらないほど!

どれもほんとに美味しいんだけど、ハモしゃぶは最高でした。外は堅めで中はふわっとしていて、贅沢だぁ。普段は酢の物ってあまり食べないんだけど、皮とキュウリとワカメの酢の物は飽きずにどんどん口に入ってしまいました(^^)

私は飲めないので、お茶担当でしたが、ワインをはじめ飲み物も充実してましたよ。

他に参加した方が手打ちうどんを作れるということで、作りたてを頂いたり。手作りゼリーを持参してくれた方もいたりと、至れり尽くせりでした。格安であれだけ食べれるとは、思いもよりませんでした。

じゃあ、お前は何をしたんだって?

買い物の荷物持ち!あっ、大根もおろしました(^^; 
皆様に感謝、次も呼んで下さい、次は「もみじおろし」でも・・・
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-25 00:44 | 料理
「CASSHERN」
【ネタバレです】

朝一から見た「ホーンテッド・マンション」が消化不良だったので本日(4/25)2本目。

「キューティ・ハニー」や「デビルマン」と子供の頃、アニメで見た作品が続々と実写で映画化されていく中で、やっぱり見たいと思ったのがこの作品。宇多田ひかるの旦那の初監督作品というのが怪しさ全開。すごく見たい気半分、裏切られるなら見ないほうがよいかなという気半分でした。

外見は、アニメ「キャシャーン」でも、中身は全く別物でした。
監督の伝えたいことを「キャシャーン」という判り易い題材に包んで表現してるのかなと思います。ただそれならそうとあらかじめ言っといてくれ(^^;

かなり説教くさいのと長すぎますわ。ブライ(唐沢寿明)や上条中佐(西島秀俊)が演説してるのがそのまま、この映画のテーマ。「人は何故戦うのか?」「正義とは?」長セリフが多いので、くどく感じる。

屋外の場面はほとんどCGなんで、実写というよりアニメに近い。
映像は慣れるまでチカチカしたけど面白いし、勢いとアイデアはあると思うので、今までの邦画とはまた違った方向性を示したと思います。決して誰にでも好かれるとは思いませんが(^^)

宮迫はあれで本当に良かったのかなぁ?

過去の鑑賞作品を掲載しています。
2004年4月25日(日) シネマ大門
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-23 00:15 | 映画レビュー
「ホーンテッド・マンション」
【ネタバレです】

ディズニーアトラクションシリーズ?第2弾。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」が予想外に面白かったので、
この作品も見逃せないと思い、ロードショー2日目に行ってきました。

完全にお子様向けでした。
エディ・マーフィーが主役という時点で嫌な予感はしてたんですけどねぇ。
かといって、エディ・マーフィーじゃなくても良かった気もします。

もちろん恐くはないです。オープニングの映像はすごくキレイだし、
CGもうまいこと使っているんですが、それだけでした。

ラストで悪霊を自分で呼び寄せた執事が地獄に連れて行かれたかがよく判りませんでした。

過去の鑑賞作品を掲載しています。
2004年4月25日(日) シネマ大門
[PR]
by borderline-kanu | 2004-08-22 23:29 | 映画レビュー