【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
<   2005年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
2005年2月の馬券収支
1月調子良いと思ったら、2月はしっかりツケがまわってきました。京都は開催が進むにつれ、芝は外が伸びると思ってたのが、悪くなりすぎて外回すにはロスが多くなりすぎました。このへんが読みきれず、上手く馬券と結びつかなかった。阪神は土曜日しか見てないですが、ダートは逃げ馬残れませんでしたね。京都よりは差しが決まると思ってましたが、予想以上でした。芝も開幕週の割には差しが決まってた印象です。

元々買うつもりがない時、適当に買って当たったためしがないのに、毎度同じ失敗やってしまう。いいかげん学習せんとなぁ。アーリントンCはそれで失敗。パドックでインプレッションが良く見えてしまったんだよね・・・

【2月結果】
18戦2勝 的中率 11.1% 回収率 28.8%
G1 1戦0勝 
フェブラリーS 本命馬:ピットファイター6着
載せるのも恥ずかしい成績ですね。

1月結果

【累計】
53戦14勝 的中率 26.4% 回収率 94.5%
1月のプラスをすっかり溶かして、マイナス生活・・・

来週はもう、弥生賞。3月は高松宮杯もあるし、気分変えて頑張るぞ。
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-28 23:52 | 競馬
ゼロックス・スーパーカップ「横浜Fマリノスvs東京ヴェルディ」
FW陣の久保・安・坂田に加えて、DFの要、松田まで離脱の満身相違のマリノス。今年はA3を戦ってきおり、チームとしての完成度は高いはずなので、総合力でどこまで補えるか。

一方、ヴェルディの方は良く判らない(^^; だけど点取り屋のワシントン、清水から戸田が加入して、安定感がアップするのか興味あります。昨年天皇杯準決勝でのガンバ戦を観戦した印象からすると、気持ちよくパスが回るサッカーは面白いし、派手さはないけどテクニックある選手が多いので、大崩れがなさそう。

さて試合は、前半0-0でしたがお互い中盤でボールを奪って両サイドからの攻撃、同じようなチーム編成なのでガチンコ対決。J開幕前なのでセーブしてくるかと思ったけど、見応えある試合になった。

ヴェルディのワシントンはもっとエゴイストな選手と思っていたら、日本人かと思うほど、ゴール前で味方にパスするんですよ。それがまた後半には2得点だから、周りが良く見えてるんでしょうね。決定力ありながら、自分で行く時とパスが使い分けられたら相手にとっては嫌な選手です。ヴェルディは良い選手を補強しました。1点目のゴールなんか、日本人でゴール前、あの身体の使い方できる選手いないだろうなぁと思う。

マリノスのFWは大島と清水。小粒な印象は否めないが、大島のポストプレーは安定感があった。後半清水に代わって入った大橋はよく知らない選手だったけど、入ってすぐ、真ん中でドリブルでDFを交わしてのシュート。あんなに落ち着いてゴールを決めれるなんて、マリノスも層が厚いですね。

結果は土壇場で追いついたヴェルディがPK戦全員決めて勝利。
今年のヴェルディは手強そうです。マリノスもあれだけ主力が抜けてもパフォーマンスが大きく落ちないチームでした。いよいよ来週開幕楽しみです。
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-26 16:21 | サッカー
「マシニスト」
機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベイル)は、不眠症で365日寝ていない。そのせいで、昔の面影がないほど身体がドンドン痩せていき、同僚との付き合いも少なくなり、煙たがられていた。ある日、彼の不注意から仲間の腕が機械に巻き込まれ、腕を切断する大事故を起こしてしまう。彼はアイバンという男に気を取られていたというが、その工場にはアイバンという男は存在しなかった。これは彼の不眠症と関係があるのか?また何故不眠症になったのか?
a0031718_11261717.jpg

クリスチャン・ベイルを見たのが初めてだったので、あのガリガリな身体には驚いたけど、30㌔痩せたと聞いても、元が判らなくてピンと来なかった。終盤トレヴァー(クリスチャン・ベイル)の痩せる前の姿が出てくるんだけどそれも、「えっこれ本人?」と思いながら、半分違う人じゃないかと思っていました。


【ネタバレです】
a0031718_11263449.jpg
            写真を探したら納得、これは確かに凄い。
最初は365日不眠症なんてありえないから、これきっと夢オチなんじゃないかと思っていたんだけど、ラストには納得。遊園地でいつも行くコーヒーショップの女性の子供とルート666というアトラクションに乗った場面がそのまま伏線になっていたんですね。ただそんなに眠れなくなって、罪の意識から幻想(アイバン)見るぐらいなら、もっと早く自首しろよと思ってしまった。結局一人芝居、一人相撲だったのね。

見てるだけで痛ましくなる肉体を娼婦に見せびらかすとこなんかは、自虐的で、物語への興味をそそられる。警察から逃げるために走る場面は、本当に大丈夫かと心配になるぐらい、リアルにふらふらでした。クリスチャン・ベイルは撮影の期間中、食べることができない、体力が無いので瞑想に耽っていて、禅マスターと呼ばれていたらしいです。この撮影現場暗そう~

2005年2月23日(水) シネ・リーブル梅田
マシニスト@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-26 12:20 | 映画レビュー
「キッチン・ストーリー」
久しぶりに三ノ宮から神戸まで歩いた。
子供の頃、ばあちゃんに連れられて、元町の商店街を歩きながら神戸駅方面へ歩いたんですよね。震災の後は、来る機会がなかったんだけど、ブラブラしながら、歩いてたら見つけた老祥記!南京街では凄い有名な豚まんのお店。その2号店だと思うのですが、昔から元町商店街の中にあるんです。こちらは観光客が来る所にないのでいつも空いていて、結構穴場やと思いますよ。

なぜわざわざ、神戸まで歩いたかというと、「舞台よりもすてきな生活」を三ノ宮の映画館で見た後、本当は昼ごはん食べて「オペラ座の怪人」を見るつもりだったけど、あるちらしを見つけてしまったのです。2月4日、5日(この日は5日です。)のみ神戸ハーバーランドの産業振興センターにて「キッチン・ストーリー」を上映していると。迷ったのですが、不思議なシチュエーションの映画で興味があったのですが劇場で見れずで、惜しいなぁと思っていたので、行ってきました。

その不思議なシチュエーションとは、「ノルウェーとフィンランドにおける独身男性の台所での行動パターン」をスウェーデンの家庭研究所なるところが調査しようという物。この家庭研究所というのは実在したらしいのですが、このお話はフィクションです。調査される人とする人の間には、「会話をしてはいけない」「交流を持ってはいけない」というルールがあった。もうこんな話良く考えるなぁと、感心してしまいました。
       ↓フィフティーン-ラブ 審判さん寝ないで下さい。
a0031718_0343268.jpg

くすくす笑えるシーンが随所にあるんだけど、寝不足と小一時間歩いた程よい疲れで、前半はうとうとしてしまいました(^^;この時の体調にはのんびりしすぎやったなぁ。かといってホノボノ系コメディかと思っていたら、かなりキツイ場面もあったりして、ラストもあっけない幕切れでちょっと寂しかった。

お互いを全く知らない外国人同士でも、友情が芽生えるということを、覗き見感覚で楽しめる。個人的にはホノボノだけの方が良かったんじゃないかとは思いましたが、印象に残る作品でした。

スウェーデンが左側通行で、ノルウェーが右側通行って初めて知ったよ♪

2005年2月5日(土) 神戸産業振興センター
キッチン・ストーリー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-25 23:06 | 映画レビュー
「舞台よりすてきな生活」
子供が嫌いな劇作家ピーター(ケネス・ブラナー)は、妻メラニー(ロビン・ライト・ペン)からは赤ちゃんが欲しいとせがまれ、仕事では新しい芝居の子供のことが上手く書けない。おまけに近所の犬が吠えて、ストレスが溜まっていく。ある日、足の不自由な少女エイミーが隣に引っ越してくるのだが・・・

エンドロールの後にもお楽しみがありますよ。

【ネタバレです】
a0031718_23451539.jpg

ピーターを見ていると、「アダプテーション」でニコラス・ケイジ演じる脚本家チャーリーを思い出した。こういう仕事してる人は表現力豊かだからこそ皮肉屋みたいになってしまう人多いのかなと思う。それは置いても、2人の夫婦漫才的なウィットに富んだ会話は楽しい。

劇中劇の中に、「現実の会話はつまらないから、映画のような会話をしてみたい。」といったセリフがあるんだけど、2人の会話はまさに映画のような会話でしたよ。

ピーターがエイミーを通じて子供が好きになっていくところも微笑ましい。ままごとなのに、普通のリアクションしてエイミーに怒られたりしながら、 仲良くなるんだけど、このあたりもう少しじっくり描いて欲しかった。一番心温まるシーンだし、あれだけ子供嫌いといってた割には、あっさりしてましたからね。

2005年2月19日(土) OS・シネフェニックス
舞台よりすてきな生活@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-23 23:54 | 映画レビュー
気になるCM
私はCMあまり見ません。TVはBGMになってるか、見ててもすぐチャンネル変えるので、たまに実家に帰ると忙しないと嫌がられます(^^;

だからこのCMもしばらくは、歌しか知らなかったんですよ。
見直そう♪見直そう♪自動車保険を見直そう♪そんぽ24で見直そう♪
字で書くとたいしたこと無いんだけど、リズム良く歌声が聞こえきます。

たまたま顔をあげたら、可愛いコアラたち(3匹)が踊ってるじゃないですか。
しかも1匹踊り合ってないし(^^; 
a0031718_0463347.jpg

  そしたら急に鼻取れるんです。
  しかもそれが電話なんです。
  よく見るとコアラじゃないんです。

1人でTVの前で大爆笑してました。

このCMは京都テレビ(KBS)の競馬中継の時にしか見たことないので、全国でやってるのかどうかも判らないのですが、HPから鑑賞できるので是非一度、見てください、やみつきになりますよ。今日も営業車に乗りながら歌ってました♪
そんぽ24:ハナコアラのホームページ
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-22 00:41 | 雑記
フェブラリーS 回顧
1着:メイショウボーラー ○
抜群のスタートで芝部分で完全に逃げの体勢に持ち込んだ。ハイペースながら粘りきる。外枠、不良馬場と恵まれたのも確かですが、見事な勝ちっぷりでした。4コーナーで誰も鈴を付けにいけないほどのハイペースで飛ばすんだからどうしようもありません。この後、高松宮杯に行く予定もあるらしいですが、悩ましいですね。

2着:シーキングザダイヤ △
最後はヒシアトラスに差されると思ったのですが、しぶとく首差先着。この馬、実績ほど強いとは思わないのですが、そつなく回って来ました。前を潰しに行くでもなく自分の競馬をした結果でしょう。

3着:ヒシアトラス △
終始いい位置で競馬してました。前走が見事な差しきりだったので、もう少し後ろからかと思ったけど、もまれずスムーズ。馬場状態考えれば良い騎乗だったと思う。

4着:アドマイヤドン ☆
印はつけていたけど、3連複の軸からは外していたので、あの出遅れはラッキーと思った。それでも4着まで押し上げるんだからまともなら2着争いに絡んできてたでしょうね。これから芝路線なんでしょうか?この負けでは納得いかないとか言ってダート路線行くんじゃないかと思うんですがね。

6着:ピットファイター ◎
同じ6枠のヒシの位置で競馬して欲しいなぁと思い見ていました。最後までジリジリ伸びてるんだけど、最後はドンに交わされてしまいました。これで平安Sに続いて◎で撃沈でしたが、今年はもっとやれると思うので、次戦に期待。

15着:ユートピア ▲
どうしたの?特に出遅れたわけではなかったのに。あんな後ろからじゃ話になりません。

今月は負けがこんでますわ・・・
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-21 00:51 | 競馬
フェブラリーS 展望
勢いのあるメイショウボーラーと実績のアドマイヤドンどちらも3着内を外すことは考えにくいが、この2頭で決まるとも思えない。

メイショウは芝では2000mで好走してるといっても、ガーネットS、根岸Sのレースを見る限り、東京1600mはぎりぎり。逃げるにせよ2~3番手にしろ標的にされることは間違いなく、前2走のような楽な競馬はできなさそう。

ドンは、JCDのずぶさはやはり気になる。体調は良いらしいが、内でもまれたことがほとんどないなかの③枠。早めにメイショウを捕まえに行って、最後は差される可能性も十分。

上記2頭の間隙を突ける可能性のある馬、ピットファイター◎
前日で単勝33.5倍の8番人気ですよ!!この馬がこれほど人気ないのは今後考えられません!平安Sも本命にしましたが、11着惨敗。ただし体調は7~8分のできと前日に調教師も言っていたし、外枠不利なのも重なって仕方なし。1年近くの休み明け、重馬場、同じ舞台の武蔵野Sを鮮やかに差し切った、しかもヨシトミで!相手は弱かったかもしれませんが、ここは絶好の狙い目。

1着まで突き抜けるかというと?ですが、馬連、3連複の軸としては面白い。メイショウとの馬連も30倍以上つくので手広く流す。

もう1頭注目は距離、重馬場歓迎のユートピア。横山典騎乗も2着を期待できる(^^)

◎ピットファイター
○メイショウボーラー
▲ユートピア
☆アドマイヤドン
△ヘヴンリーロマンス、パーソナルラッシュ、シーキングダイヤ
  サイレンスボーイ、ヒシアトラス

◎から○▲☆への馬連。◎○、◎▲2頭軸から印へ3連複。
今年初G1はやはり当てたい。
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-20 00:05 | 競馬
「ボーン・スプレマシー」
見た目がCIAのエリートには見えない、全体的に地味すぎて、前作「ボーン・アイデンティティ」はあまり好きでなかったけど、紹介編の前作と比べ、テンポ良くて見応えもあったと思う。全くの続き物で登場人物もダブるので前作見たほうが楽しめます。

でもね、初めて映画館の中で車酔いしました(^^;手ぶれ映像って今までは人が言うほど気にならなかったのですが、これには参った。家に帰るまでずっと気分悪かったよ。それに私の目が悪いのか、頭が悪いのか、何が起こってるか理解できない・・・ もうちょっと上手く編集してくれないもんかなぁ。

【ネタバレです】
↓いくら真面目な顔してもバカっぽく見えるのは私だけ?!
a0031718_1845067.jpg

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)に女はいらない。開始早々、マリー(フランカ・ポテンテ)は殺されちゃうんだけど、一匹狼の方がアグレッシブに動けるので、精密機械のような彼の良さが出ていたと思う。

ただ喋らない、無表情なので気持ちが伝わりずらいんだよね。ボーンがプロの技術と体力を持ちながら、むやみに人を殺さなくなったことや、ネスキーの娘と話すシーンは感情が出ていたと思うのですが、この辺りは3作目に期待なのでしょうか?記憶喪失の諜報部員という特殊な役だからしかないのかもしれないですが、私が007のイメージが強すぎるのかも。人がやっているゲームを後ろで覗き込んでるような感覚で、面白いんだけど乗りきれずに見てましたね。

モスクワでのカーアクションは普通なら壊れて終わりのところ、何度ぶつかってもボロボロになりながらしぶとかったですね~ これは意表つかれてた、どうせならマンガのように枠とタイヤとハンドルだけになっても走ってるぐらいまでやって欲しかったなぁ(^^)

2005年2月18日(金) ナビオTOHOプレックス
ボーン・スプレマシー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-19 18:34 | 映画レビュー
手打ちうどんを作ってみた!
家に小麦粉が1袋ありました。あなたならどうする?!

①お好み焼きをひたすら作る。
②手打ちうどんを作る。
③お風呂に入れて温泉気分を満喫してみる。
④小麦粉プレー・・・何やねん(^^;


普通の家庭なら天ぷらでも作るんでしょうが、一人暮らしではちょっとキツイ。(当時独身。)お好み焼きもプレートないし、何枚焼けば使い切るか判らなかったので、手打ちうどんにチャレンジしてみようと。最初は食べれるようなもんじゃなかったら、どうしようと思ったんだけど、うどんにならなくても味噌仕立てでスイトンのようにしたらいいよとアドバイスもらい、気が楽になった。

作り方はここを参照。
意外と簡単なんですよ、小麦粉と塩水混ぜて練るだけ。ただ寝かせないといけないから時間がかかる。これ知らずに作り始めたので、途中で腹へってパンとか食べてしまったのは大誤算でした(^^;
a0031718_238043.jpg

大切なのは塩と水の量。そのためにキッチンスーケル100円で購入。
最初は手で練って、こなれてきたら、袋に入れて足踏み。
上の写真のあと2時間ほど寝かせました。
a0031718_23115064.jpg

延ばす棒もなかったので、これも100円で購入。
延ばすのも結構楽しい。昔2年ほど陶芸やってた時を思い出した。
a0031718_2315391.jpg

薄く延ばせたら、重ねて包丁で切る。
本当は中華料理に使うような刃が四角になってるのが、良いんだけど
万能包丁しかなくて、これできると両サイドが上手く切れなかった。
うどんというより、きしめん(^^;
a0031718_23193522.jpg

じゃん♪完成。ネギとショウガと麺ツユでいただきました。
塩をたくさん使っているけど、ゆでた時に塩気はなくなります。
こしもあって初めてにしては上出来だと思う⇒自画自賛
a0031718_23244532.jpg

次の日には、ネギとしめじと油揚げで味噌仕立て。
こっちのほうが、今回の手打ち麺には合ってましたね。

次作るかどうかは、怪しいとこだけど、
これで得意料理は手打ちうどんって言っていいよね(^^;
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-17 23:36 | 料理