【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧
「キングダム・オブ・ヘブン」
元々史劇というのは好きではない分野なんだけど、「グラディエイター」は面白かったので同じリドリー・スコット監督の作品ということで見てきました。当時の衣装やエルサレムの街並み、戦闘シーンなどそつなくできていて、映像の魅力はありますが、十字軍を扱った話題に疎いのと(これは個人的問題)、いかんせん主人公に魅力がない!

12世紀のフランスの寒村。鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)の所に十字軍の騎士・ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)が訪れ、自分が父親だと告げる。妻子をなくしたばかりのバリアンは父と一緒に聖地エルサレムへと向かう。
【ネタバレです】  オーリーファンは読まないほうが・・・
a0031718_22505775.jpg

妻子が死んで一人身になったとはいえ、急に現われた男に父だと告白されて、いとも簡単についていっていいものか。この話は長いから、その辺りは省略したいのは判るけど、最初が肝心でしょ。それにバリアンには華がない。オーランド・ブルームつかまえて華がないとは、お前何様やと言われるかもしれないが、めっちゃ野暮ったいでしょう(^^;⇒言いたい放題。

一介の鍛冶屋のくせして、剣の腕前もそこそこ、砂漠の町を水の豊かな町に変えたり、サラセンの大軍から城を守りきったりと地味なキャラの割にはスーパーマンだし、だいいち船が難破して1人だけ?たいした傷もなく助かること自体、あまりにも不自然で仕方なかった。

それでもこの作品の見どころのエルサレム攻城戦は本当に面白かった。
迫力だけなら「ロード・オブ・ザ・リング 2つの塔」の方が上だと思いますが、少ない人数でどうやって城を守るかというところをしっかり描いていて、非常に見応えがありました。これって私の大好きな三国志のイメージそのままだったんです。 城を守るのはバリアンじゃなく諸葛孔明、攻めるは曹操軍みたいなのが浮かんできます。リドリー・スコット監督、次は是非、「三国志」を撮ってくれい!

エドワード・ノートンだったんですね、ボードワン4世。ただモンじゃないなと思ってたけど、さすがにあれだけじゃ誰か判らんね(^^;

2005年5月28日(土) OS阪急会館
キングダム・オブ・ヘブン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-30 22:58 | 映画レビュー
無敗の2冠馬誕生
仕事から帰ってきて、ダービーの映像見ました。
余裕綽々でぶっちぎる姿見て、何も言うことありません。

単勝110円というG1ではありえない人気を背負って、あの完勝。
並みのプレッシャーではなかったと想像できますが、陣営の努力に拍手です。

昨日のとおり馬券は買いませんでした、だから今日は損得勘定なしに感動しました。これで引退まで1番人気確定馬になったと思います、無敗のまま引退はないでしょうから、ディープが負けるときに勝ち馬券は持っときたいと思いましたね。

自分の競馬をして勝ちにいったインティライミ。
秋にはライスシャワーになってくれないものか?!
距離が伸びることであの5馬身を逆転してほしいなぁ(^^;
⇒かなり希望的観測
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-29 23:07 | 競馬
「ベルンの奇蹟」
最初はサッカーを題材にしてるから、見たいなぁと思ってたのですが、家族のきずな、父と子の和解といったテーマを戦争とサッカーを通して描いています。戦後の傷が癒えない厳しい時代の物語だけどユーモアがあって、暖かい気持ちにさせてくれる作品です。もちろんサッカーのシーンもGOOD!結果は判ってても点取るたびにガッツポーズで席を立ちたい衝動にかられました(^^) 同じドイツ映画の「グッバイ・レーニン!」が好きな人はきっと楽しめるんじゃないかな。

ドイツがまだサッカー強豪になる前、1954年のスイス大会で当時無敵のハンガリーを決勝で逆転勝利したことを「ベルンの奇蹟」と呼んでいる。
マチアスの父はソ連の捕虜となっていたが11年ぶりに家に戻ってきた。それまで親子4人でうまくやっていたのに、捕虜生活で心が荒んでしまった父は家族の気持ちを理解できないでいた。マチアスは自分はサッカーは下手だけど、街のクラブのサッカー選手ラーンの荷物持ちをしていて、彼がワールドカップの代表に選ばれたので、一緒に行きたいと思うが父は許さなかった。

【ネタバレたっぷり】
a0031718_2042282.jpg

アメリカの映画でもベトナム帰りの兵士がちょっとおかしくなるというのはよく見ますが、父リヒャルトも炭鉱での採掘機の音が機関銃に聞こえて倒れるシーンは痛々しかった。捕虜時代を語る時も、感情を殺さないと先の見えない生活に耐えられない辛さを感じた。戦争に行くことが、死ぬ恐怖だけじゃなく、トラウマになるぐらい酷い経験をしないと生き延びれないという現実をみせている。

そういった心の傷を1人で抱え込んで家族とすれ違いが続くが、野原で落ちていたサッカーボールを使ってリフティングからバイシクルシュートした時の笑顔が忘れられない。これで吹っ切れたという顔だった。その後、家族の前で素直になれたシーンは涙が止まらなかったです。

この作品ラストでは、それまでの伏線が完結させてるのも見事でした。
①ラーンがマチアスがいれば試合に勝てると言ったこと。
 ⇒終了間際に会場についたマチアス、その姿を見たラーンが決勝ゴール。
②試合が終わったら冷えたビール持って待ってろよ。(雑談の中の言葉)
 ⇒選手専用列車にうまく乗り込んで渡す。
③父が「ドイツ男は泣くな。」とマチアスを叱る。
 ⇒家出した長男の手紙を読んで、顔をくしゃくしゃにして子供のように泣く父。
どれも些細な会話なんですが、③などは父の感情の変化がよく現れてますね。

サッカー記者の夫婦が生まれてくる子供の名前を賭けてるエピソードも二人のやり取りが素敵でした。

2005年5月22日(日) ナビオTOHOプレックス
ベルンの奇蹟@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-29 20:42 | 映画レビュー
ダービーに向けて
現時点のディープインパクトは同年代には負けそうにないし、2着探しもこれと言った馬見つからないので、馬券買わないでおこうと思います。先週、シーザリオ◎にして、人気薄との3連複で勝負したら惨敗だったのもあって、今週も同じようなパターンじゃないかと。

馬券を買わないのに予想だけ書くのも、当たったとき悔しいし、外れたら余計に情けないので、止めておきます。馬券買ってないほうが、ディープインパクトの勝利を素直に喜べますから。馬券的には人気で勝つ馬は好きじゃないものでね(^^;

菊花賞は距離の問題もあるので、まだ判らないけど、明日はディープの完勝を観賞したいと思います。といっても仕事なので、ライブじゃないんだけど。
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-28 22:13 | 競馬
「髑髏城の七人」アオドクロ
昨年のアカドクロに続いて、今年は市川染五郎主演のアオドクロがゲキ×シネにて公開。ゲキ×シネとは簡単に言うと演劇の映像を映画館で見れるということ。詳しくは公式サイトをご覧下さい。
a0031718_11132272.jpg


劇団☆新感線の舞台を見に行ったことがない初心者ですが、舞台が見たくて仕方がなくなるほど迫力満点なんです!決められた視点で芝居を見ると言うのは、本当の面白さは判らないという人もいるでしょうし、私もそう思います。スポーツもライブが一番ですしね。でも映像の良さは劇場で気付きにくい、役者一人一人の表情をアップで映してくれること。本来なら芝居⇒映像で見れれば完璧なんでしょうが、芝居のチケットは簡単に取れないし、興味ある人はゲキ×シネは入門編としてぴったりだと思います。2000円で見れるなら絶対お得ですよ。

髑髏城の7人という元のお話は一緒でも、古田新太主演のアカドクロと比べて、歌やダンスが盛りだくさん。見たことないのではっきり言えないが、多分アオドクロの方が新感線らしいのだと思う。歌やダンスが多い分、映像として見た時の迫力は、こっちの方が上なんじゃないかな。でも出演者が違い、演出の仕方も全然違うので、どちらが好きかと言われても答えがでないほど、どちらも完成度高いです。

劇団☆新感線、市川染五郎主演「阿修羅城の瞳」&「アテルイ」DVDセットが15%オフだったので、つい勢いで買ってしまった。1枚6800円なのでオフでも十分高いんだけど、映画版の「阿修羅城の瞳」が納得できなかったので、芝居を見てみたかったんですよね。それに今度はドクロBOXなるもの発売されるようなので、こちらも買ってしまいそうだ・・・ すっかり染様ファンだよ(^^; 
a0031718_1195745.jpg

昨年は土日は複数回上映してたように思うのですが、今年は1回だけのため、土日はチケットが取れなかった。結局火曜に行ったのですが、ほぼ満席。これだけ入るんだからせめて土日だけでも、2回ぐらいは上映して欲しかったなぁ。

2005年5月24日(火) 梅田ブルク7
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-28 11:14 | 映画レビュー
キリンカップ「日本vsUAE」
ペルー戦もチャンピオンズリーグ決勝も見逃したので、今日こそはと思って帰ってきたんですよ。しかも好調大黒が先発らしいというので、ここは代表定着のチャンスだと期待して。

UAEのしっかり守ってカウンターはまさにバーレーンとのシュミレーションにうってつけだった。小野が入ってボールを持ち過ぎないから、非常にテンポが良く、ボールだけじゃなくて人も前へ前へと攻めていけた。それが守備も前線からプレスをかけていくという好循環につながったんだと思う。前半20分頃のFK時に右サイドから三都主が中にほりこむように見せかけて、壁の前にいる小笠原へそして小野へスルーの場面は相手の裏を完全に取れて、ジーコ体制でもこんなことやるんだと感心してた。

怪我で出遅れてた加地も相手が引いて守ってるということはあるけど、右サイドを駆け上がり、大黒も積極的にシュートを打っていく。前半2~3点取れても良かったのになぁと思いながら、0-0。これってUAEの思うつぼ?!

後半も日本の波状攻撃が続くが、エアポケットのようにUAEのカウンターが見事に決まってしまう。その後、交代枠を次々使って、どんどん攻撃的に行くもののUAEの壁は厚かった。これって練習してるのかなと思う、4バックとかも試合途中で変えることあるけど、見てる方が不安になってくるし、攻撃的な選手をたくさん入れた分、逆にいきずまった感も強い。鈴木が交代する時てっきり大黒かと思ったけど、ジーコもバーレーン戦も大黒使う気になったのかなと思った。

それにしても肩凝るわ、この試合。

予想外の2連敗で、海外組が合流したらそっちを使いそうな気もするけど、今日の前半の攻撃は悪くはなかった、やはりカウンターで攻め込まれた時の守備は大きな課題ですね。
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-27 23:08 | サッカー
「さよなら、さよならハリウッド」
私が映画を頻繁に見るようになったのが、ここ3年ぐらいで、それまでは年に10本ほど後はレンタルでした。どうしても話題作中心に借りてくるので、ウディ・アレン作品は興味はあっても借りるほどじゃなかったんですよね。ですが、予告編見て面白そうだったので初ウディ・アレン体験してきました。過去作品と比べることできませんが、ウディ・アレンがずっと喋りぱなし、それが愚痴ばかりで話はあっちこっち行っちゃうんだけど、愛すべきおじいちゃんでした。あのテンポは関西人向けじゃないかなぁ。

オスカーも受賞したことのある映画監督ヴァル(ウディ・アレン)だが、個性的な性格のせいか、今ははCM仕事などしかなく落ちぶれていた。ハリウッドの映画会社の社長と付き合ってるヴァルの元妻・エリー(ティア・レオーニ)の推薦で、大作映画のオファーが来た。最初は気乗りしないヴァルだが、映画監督としての復権をめざすのと経済的事情もあって監督を引き受けることに。精神的ストレスからクランクイン直前に失明状態になってしまう。

【ラストのネタバレあり】
a0031718_0151077.jpg

ラストシーンで「さよなら、さよならハリウッド」の意味が判ってニヤリとしちゃいます。「パリがあって良かった。」というヴァルには爆笑でしたよ。

でもね、現実に独りよがりな巨匠が作った作品がアメリカで受け入れられなくて、フランスで評価されるということはあったとしても、目が見えてなくて撮影したのがパリで大絶賛というのは、フランス人馬鹿にしてんのかって感じでブラックだなと思いました。

すっかりウディ・アレンのペースにはまってしまって、最後まで楽しめました。「メリンダとメリンダ」も見なくては。

2005年5月15日(日) シネ・リーブル梅田
さよなら、さよならハリウッド@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-26 00:17 | 映画レビュー
「バタフライ・エフェクト」
タイムスリップものなんだけど、SFという雰囲気は全くなくて、シリアスなサスペンスに仕上がってます。しかもタイムマシンを使わないから、機械が壊れたとか、燃料がないとかそんな悩みはありません(^^; ですから行ったり来たりが非常にテンポ良くて、じっくり見たらきっと矛盾点はあるんだろうけど、そんなこと気にならないほど、話に引き込まれました。

上映期間が2週間ぐらいしかないみたいですが、サスペンス好きならきっと楽しめると思います、ぜひ劇場で見てください!

幼い頃から度々肝心な場面の記憶を失っていたエヴァン(アシュトン・カッチャー)は、治療のため日記をつけることに。13歳の時、エヴァンは幼なじみのケイリー(エイミー・スマート)たちと悪戯をして大事故を起こすが、決定的な瞬間にエヴァンはまた記憶喪失になっていた。やがてエヴァンは引っ越し、大学生となったある日、昔の日記を読み返すことで、タイムスリップできることを発見する。

映画の冒頭に出てくるのですが「バタフライ・エフェクト」とは、”小さな蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる”という、わずかな違いが後に大きな結果の差を生む理論というカオス理論だそうです。

【ネタバレばれだ、見たくない人、見ないでね】 おそまつ    
a0031718_22224751.jpg

題名が映画を良く表していて、最初は昔の仲間を助けようとして過去をいじりると、他の人が不幸になってる、そのたびに過去に行くことで、収拾がつかなくなってしまう。誰でもすべて上手くいくことはない訳で、後悔するだけ成長できるとは思うのですが、あんな能力あったら、私だって過去に行っちゃうんだろうなぁ(^^;

エヴァンは引越す際に、ケイリーに「君を迎えに来る」というメッセージを残すのだけど、日記を見るまで彼女に会いに行くことはなかった。いつの間にか彼女のことは子供時代の思い出になっていたんだと思う。それがエヴァンの言葉が彼女を自殺に追いやったのをきっかけに、彼女への気持ちが蘇る。

この作品の上手いところは、初めて過去に行ったことの結果が、エヴァンとケイリーの2人の関係だけで言えば一番ハッピーなところ。それ以降はどんどん不幸になっていって、しまいには自分の手が義手になってしまう。エヴァンは一番幸せな状態を知ってるから、どうしてもそれ以下は許せなくなってしまう。だから歯止めが利かずに何度も過去にいってしまうのが自然に思える。

エヴァンはケイリーを幸せには出来ないことを悟る。
ケイリーがエヴァンが好きだったから、両親が離婚した時に本当は母親と一緒にいたかったのに父親の元にいたという話を聞いて、彼女がエヴァンを好きにならないようにするために、最後のタイムスリップを敢行する。この場面は冒頭のシーンと繋がっていて、逃げてきたエヴァンが「これが成功すれば、彼女は助かる、しかし失敗すれば僕は死んでしまう」というメッセージが、非常に心にずっしりきました。

ラストシーン、偶然の出会いがハッピーエンドにならず、これは良かったと思う。クァク・ジェヨン監督のラブコメならハッピーエンド大歓迎だけど、この作品はあのせつなさがぴったりじゃないでしょうか。出会っても彼はケイリーを幸せには出来ない運命なんだろうから。

2005年5月20日(金) 梅田ブルク7
バタフライ・エフェクト@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-23 23:27 | 映画レビュー
オークス 結果
先週は土日とも仕事で、土曜の夜に予想の通り購入し、レースはカーラジオ。アナウンサーはエイシンテンダーが勝つかのように実況してたのが、ゴール直前ではシーザリオを絶叫してました。今日やっとレースを見たのですが、アナウンサーの気持ちも判るなと(^^;

1着:シーザリオ ◎
私も含めて誰があんなに後方からレースをすると思ったでしょうか。シーザリオから買ってた人には心臓に悪いレースです。ゲートはそれ程悪いわけじゃなかったけど、審議の対象にならない程度に前をカットする武豊、絶妙でしたね。前にいけず、後方2~3番手からの競馬になったけど、あそこで動かず、ギリギリまで待てたからこそ、最後の爆発的な伸びにつながった。直線も前の馬が広がった内をつけて馬場の真ん中を通ってこれた、これが大外なら3着までも厳しかったでしょうね。G1で1倍台の圧倒的人気を背負っても我慢できたのは福永の成長の証なんだと思う。かなり無理をした競馬になったので、アメリカ遠征は止めといた方が良いんじゃないかなぁ。

昨日の予想の段階でシーザリオから買うなら、人気馬を切って穴狙いでいくことにしたので、2~4着に消した馬が入ってしまったのは仕方ない。けど情けない。

2着:エアメサイア 消し
完璧なレース運びで2着なんだから、何もいうことありません。ただ距離的にはもう少し短い方が良いと思います。ということは秋華賞?でもシーザリオとラインクラフト相手では厳しいか。

3着:ディアデラノビア 消し
パドックで入れ込んでたのが嘘のように折り合いついてましたね。デザーモじゃなかったらここまで走れなかったとは思うけど、エアメサイアより破壊力はありそうなので、気性が成長すれば面白そう。

4着:エイシンテンダー 消し
超スローぺ-スで逃げた武幸四郎。悔しかっただろうなぁ、あとちょっとだったのに。上位3頭とはレベルの差はあるでしょう、秋には短距離路線に行って欲しい。

7着:レースパイロット ○
やはり成長途上なんでしょうか。前にも行けなかった。

横典9Rで降着でしたね、来週から乗れない分の鬱憤を晴らすような騎乗を期待したんだけど、後方ままでした・・・

終わってみればシーザリオが抜けて強いことを証明したレースになりました。ラインクラフトとの決着が秋の楽しみになりましたね。いよいよ来週はダービーですが、2冠達成でしょうね。馬券の購入意欲は低めです。
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-23 19:30 | 競馬
オークス 予想
桜花賞で◎にしたシーザリオは、オークスでこそと言われていた馬だし、桜花賞の1、3着馬がマイルカップでワンツーなんだから断然人気になっても仕方ないとは思うのだけど、スペシャルウィーク産駒が圧倒的1番人気でG1初勝利って出来すぎじゃないかなぁと思う。終わってみればサンデーBOXにしとけばという声が出てきそう、ちなみに8頭も出走しております。それに福永今年はG1勝ち過ぎだしなぁ。

それでも初志貫徹でシーザリオ ◎
ピューマカフェが逃げそうだけど、その直後につけて直線好きな所で抜け出れるんじゃないでしょうか。スローペースになりそうだし、展開を考えればこの馬しかいない。

シーザリオから買うなら、人気馬中心に相手を絞るか、穴狙いかどちらか。過去のレースを見てもすんなり収まらないのがオークスだと思うので、私は後者で。

エアメサイア、ディアデラノビア、エイシンテンダー、ライラプス 消し
エアメサイアは距離伸びて良いとは思えないのと武豊人気なので。
ディアデラノビアは小さい馬が春は押せ押せで来ているので嫌いたい。武豊が完璧に乗って勝った後なのでデザーモでもお釣りがないでしょ。
エイシンテンダーはエイシンサンディだから・・・
ライラプスはデザーモに逃げられたから・・・ 無理やりに近いかも(^^;

新馬の脚が忘れられないレースパイロット ○
まだ完成の域には達してないかもしれませんが、前目につけられる馬の中ではこれでしょう。

G1なら横典ジョウノビクトリア ▲
決め打ちしてくれば、2~3着はありそう。もちろん距離伸びてこそ。

桜花賞直行組と人気薄サンデー△

◎シーザリオ
○レースパイロット
▲ジョウノビクトリア
△エリモファイナル、アドマイヤメガミ、ショウナンパントル、ジェダイド

◎から○▲△へ馬連
追加
◎1頭軸で○▲△へ3連複
[PR]
by borderline-kanu | 2005-05-21 23:48 | 競馬