【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
「ゆれる」
久しぶりにシネ・リーブル梅田に行ってきました。ポイントが1700にもなってたので、タダで観るつもりが、ポイント倍増の日ということで、また貯めてしまった。いつになったらタダで観れるのか、これで2本無料だ(^^;

それにしても大人気でした。(7/23の日曜)
次々回まで満席で、仕方なく立ち見で観ることに。立ち見は初めてだったんだけど、ここは両サイドの通路が広くて、そこなら座れるので大丈夫だろうという計算でした。しかし、チケット見たら、128番。劇場のお姉さんに聞くと、座席が93席しかない、ということは35人目じゃないですか!本当の立ち見を覚悟したんだけど、ギリギリ通路に座れたので助かりました。

兄弟なのに、いや、兄弟だからこそ、心の底にあった本音がぶつかり合った時の、憎しみの感情が溢れ出していく様が、観てる私に突き刺さってくるような気がした。「ゆれる」どころか「揺さぶられ」てしまいました。

ハリウッド大作とアニメばかりの夏休み映画に飽きてきたら、観てもらいたい作品です。

【ネタバレです】
a0031718_0304329.jpg

家を継いだ兄・稔(香川照之)と、家を飛び出しカメラマンになった猛(オダギリ・ジョー)。父と叔父の関係も全く一緒で、弁護士になった叔父(蟹江敬三)のことを昔から好きではなかったという稔には、心の中で猛のことをどう思っていたかというのが現れていたシーンでしたね。

「人を信じたりしないのが俺の知ってるお前だよ。」by稔。
この言葉と、猛と智恵子との関係を気づいていながら、稔の法廷での「彼氏に申し訳ない。」と頭を下げる卑屈なまでの態度によって、猛の気持ちも暴走を始める。

証人で立った猛が、兄へ不利な証言をしていく。この時の猛の気持ちは、稔と観客にしか分からない。裁判官や傍聴してる人は、稔が保身のために偽証してると思ってるけど、本当は、兄の本心を知ってしまった腹いせでしかない。兄との関係を元に戻すというのも詭弁なのは、観ていた誰もが思ったことだろう。劇中でも7年後にガソリンスタンドの店員(新井浩文)から、指摘されて、出所する稔を出迎えることを拒否することからも、兄への複雑な思いが伝わってきました。

ラストの稔の笑顔は何を意味したんだろう?普通なら修復不可能な兄弟の絆は繋がるのだろうか?私には、復讐を心に誓った笑顔に思えたんですが、あの後は誰も分からない。一筋の希望も残したところは良かったと思います。

香川照之は、「嫌われ松子の一生」の兄役と通じるものがありましたね。あれが本音出したら、稔になったような気がします。なにか全て諦めて、無理して笑ってる姿、自分が悪いのを認めながら、なんとか裁判を切り抜けようとする狡猾な一面、猛に対して本心をぶちまける壊れた姿と喜怒哀楽すべてを出し切った演技は素晴らしかったですね。

私も弟がいて、今は年に1回会うかどうかなんだけど、どう思われてるんだろう・・・

レギュラーのガソリン価格が125円って安いやん(^^;

2006年7月23日(日) シネ・リーブル梅田
ゆれる@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-31 00:29 | 映画レビュー
ブログ・ライフワーク宣言
いいタイトルが思いつかなくて、大げさになってしまったんだけど、私がブログを書き始めて2年が過ぎました。(Wカップ熱にうなされていて、すっかり忘れてました。6月27日です。)

RSSに登録してる巡回ブログは300を越えましたが、リンクは誰ともしていないし、ランキングにも登録してないんですよね。アクセス増やしたい人には魅力はないんだけど(^^; 好き勝手書いてるブログに、毎日多くの方に訪問いただき、ありがとうございます♪

この2年で分かったことが1つ。私は意外と書くことが好きだということ。そしてストレス解消にもなってることです。と言っても大概は、映画やサッカーの試合にツッコミ、文句、思い込み発言をしてるだけなんですけどね~

これから、人生色々あるとは思いますが、中田ヒデのように太く短くじゃなく、細く長くブログは続けていきたいと思います。映画レビュー1000(現在248)を目標にしていきますので、これからもよろしくお願いします。


映画のインデックス作りました。
CINEMA INDEX (ア行~タ行)
CINEMA INDEX (ナ行~ワ行、数字行)
自分でもどこにあるか分からなくなってきたからが1番なのですが、検索用で活用いただければ幸いです。1ヶ月ごとのまとめ更新です。サイドバーからも行けます。

自己紹介リンク作りました。
自己紹介 (過去記事まとめ)
バトンや趣味のことを書いた記事をまとめてみました。
少しづつ私の正体がバレていく?! サイドバーからも行けます。
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-23 09:14 | 雑記
自己紹介 (過去記事まとめ)
いまさら、自己紹介もないんだけど、ブログを書いてる中で、自分の趣味や考えを書いてる記事があるんですよね。それにバトンも色々とまわしてもらってるので、それをまとめると自己紹介のようなものになるなということで、自己紹介リンクを作ってみました。
左サイドの<プロフィール>にリンク張っておきます。


★ハンドルネーム=カヌの由来は?
ヌワンコ・カヌの復活を期待して 

★ブログ名=「the borderland」の意味は?
記念すべき1回目の記事で紹介してます♪
ブログ始めました! 

★映画を観るようになったきっかけ&好きな作品
私と映画
my favorite
見たい映画をつなぐタスキ
CINEMA INDEX (ア行~サ行)
CINEMA INDEX (タ行~ワ行、数字行)

★サッカーについて
FOOTBALL BATON!
念願、宿願、悲願の優勝!
2006 ドイツWカップ 観戦記

★競馬をするようになったきっかけは?
私と競馬
松永幹夫ジョッキーおめでとう!

★旅 
海外はオーストラリア、イギリス、ギリシャ、イタリア、フランス、スイス、シンガポール、北京へ。国内は転勤もあって、沖縄、鹿児島、長崎、高知、徳島以外はわずかでも行きました。
フランス旅日記
旅の写真を中心にしたブログです。
「the pictureland」

★料理作るのも好きです。
お世話になった調味料たち
手打ちうどんを作ってみた!

★ガンダム世代ですから
あぁぁ~、買ってしまった

★読書もします、通勤途中ばかりですが
最近、読書熱が戻ってきました。
カヌの本棚

★ブログ始めてから結婚しました
突然ですが、結婚します!
感謝 !
結婚祝い

★バトン
MUSIC BATON
ラブ・バトン
お酒バトン
「欲」バトン
性格バトン
イメージバトン
昔バトン
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-21 00:05 | 雑記
「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」
海賊ものは失敗するという定説?を打ち破って、大ヒットした前作から、待ちに待った第2弾の登場です。完結すると思っていたのに、3へ続くパターンとは気づきませんでした。これ以上ない場面で続きなので気になって仕方ありません(^^; 撮影は終わってるはずなんだけど次作は来年5月末ということで、1年近く待つのは辛い。でもDVD売ったりとか考えると、これぐらいが妥当なんですかね。

3の予告編があるに違いないと思って、長が~いエンドロールを待っていました。予告編はなかったけど、必見の笑えるシーンです。その後の運命はいかに!最後まで観てくださいね。

【ネタバレです】
a0031718_21341426.jpg

海に流された棺桶から、ジャック・スパロウ(ジョニー・ディップ)が出てきた!またもインパクト大な登場シーンです。
今回は彼が話すシーンって、あんまり無かったような。どうしてもジャック・スパロウが主導権を握れず、ほぼ逃げ回ってるだけなので、余裕のある会話ができなかったのもあるのかもしれません。会話シーンの面白さというのも前作の魅力だったので、ちょっと残念でした。それを補うだけの表情の豊かさは相変わらず良かったですけどね。

最初の島は「キングコング」のスカル・アイランドを彷彿させますね。原住民に囚われて脱出するまでは、計算しつくされた「8時だよ全員集合!」のようなコントです(^^; 

火あぶりから脱出したジャック・スパロウの背中に通された棒に、原住民が投げたココナッツがこれでもかと突き刺さっていくとこなんて、ジャック・スパロウだから許されるんですよ。これ以外にも、ありえないんだけど、この映画の雰囲気でOKみたいなのが多かった。

ディヴィ・ジョーンズはビル・ナイやったんですね。あれじゃ誰かわからんなぁ。
クラーケンは半端じゃない強さですね。それにしても、どうやて操ってるのだか気になります。普段は船の下にクラーケン小屋があるんですかね(^^;

完結してないのは、がっかりでしたが、2作で1本と考えて、生気のあるバルボッサに期待したいと思います。

2006年7月17日 伊丹TOHOプレックス
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-18 21:34 | 映画レビュー
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」
過去の鑑賞作を掲載してます。(ネタバレあり)

ディズニーランドの「カリブの海賊」をベースに映画化したということで、子供向けで当たり障りないんじゃないかと、はあんまり期待していなかったんです。しかも2時間半は長すぎると思ったけど、最後まで飽きることなく面白かったです。

ジョニー・ディップがこんなにコミカルな役をやるとは思ってもいませんでした。どんな動きするかずっと画面に釘付け。頭良くて、腕も立つけど、海賊にしては人が良すぎるジャック・スパロウが、内容はホラー的な映画を誰でも楽しめる娯楽作にしてると思う。何回捕まれば気が済むねんって感じだったけどね(^^;

月光に当たって骸骨になるシーンも人間と骸骨の入れ替わりが自然な感じでしたよね。ラストも不死身同士の戦いをどう終わらすのかと思ったら、銃を撃った瞬間、呪いを解くってのも、なるほど!と、すっきりして好感もてます。

中古の安っすいDVD買っちゃいました(^^)

2003年9月22日(月) 札幌シネマフロンティア
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-18 21:33 | 映画レビュー
「M:i:III」
息つく暇もないとは、この作品のことを言うんでしょう。
アクションシーンの連続に観終わって、思わず息を長く吐き出し、肩に力が入っていたことに気づきました。こんなに力が入ったアクション作品は、「マトリックス・リローデット」以来でしょうか。エンターテイメント大作としては文句なしに楽しめると思います。

薄々感じていましたが、これで間違いなくイーサン・ハントもランボー、インディ・ジョーンズ、リチャード・キンブル(逃亡者)らと並んで不死身人間の仲間入りですね(^^)

【しっかり、きちんとネタバレです】
a0031718_13213791.jpg

いきなり涙流しますか(^^;
よく言えば人間らしさなのかもしれないけど、スパイに涙は似合わないと思い込んでた私には、大丈夫かと思うオープニング。仕事だけでなく夫として妻を愛するイーサン・ハントのイメージは、まんま私生活でのケイティ・ホームズへのアピールじゃねえかと疑ってはいけません。スパイにも家庭があるのです。ジュリアが撃たれた瞬間、テーマソングがかかって、題名より先にトム・クルーズのクレジットが出てきたのには笑えました。

デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)とIMF指揮官(ローレンス・フィッシュバーン)が繋がってるはずなのに、捕まえるのはおかしいなと思ってたら、黒幕は補佐官のマスグレイブ(ビリー・クラダップ)の方でした。それにしてもマスグレイブは小物すぎ。指揮官に全部見破られてるじゃないですか。

上海での「ラビット・フット」強奪シーンの省略の仕方は、こっちが涙出てきそうになりました(^^; ここはスパイとしての腕の見せ所じゃないの!上映時間のためか、予算の関係なのか、めんどくさかったのか、それ以上にスピード感を大事にしたんだろうけど、強奪シーン観たかった。

電気を流して頭の爆弾をショートさせるところは、絶対に死ぬはずないと思ってるので、緊迫感は感じなかったけど、ジュリア(ミシェル・モナハン )が看護婦だったのが生きたところでしたね。銃の取り扱いも一度聞いただけで二人も殺ってしまうし、訓練すれば、「Mr.&Mrs.ハント」になれそう。

巻き込んでしまったジュリアに自分の秘密を話すのは仕方ないとしても、本部に一緒に連れて行って、みんなに紹介するのはやりすぎでしょう。これはやはり、彼女もスパイにしようとするミッションなのかもしれない。

ツッコミばかりでしたが、見応えのある2時間6分でしたよ。ここまで派手で、アクションに工夫を凝らしてる大作は、年間そう数は多くないと思うので、劇場で観るべき作品だと思います。

2006年7月15日(土) 伊丹TOHOプレックス
M:i:III@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-17 13:18 | 映画レビュー
2006オールスターサッカー 2006.07.15.
今朝の新聞であること知りました(^^;
ジダンの件でニュースはまだWカップ中かのようですが、私たちの頭もJリーグに切り替えないといけないですね。そういった意味では、ちょうど良い時期のオールスター。毎年外国人選手(特にFW)が多いのだけど、今年は2人だけ。しかも怪我などの辞退者も多く、出場メンバーは地味やなぁ。逆に若手も多いので、普段見てない選手を見れるのは楽しみもあります。

中沢のFKは、お祭りに相応しいゴールでしたね。
センターサークル手前からオールスターらしく誰も止めようとしないから一気にゴール前までドリブル。仕方なく宮本が体で止めてFK。茂庭がスルーして中沢が駆け込んで見事に壁を抜けてゴール左隅に!普段の試合で中沢のあんな笑顔みたことないってほど、見ていた私も思わず笑顔になってしまいましたよ。

イーストは後半のFKではGKの土肥が上がってきたりと、いつもなら外国人選手が本気で勝負してくるんだけど、少なかったこともあって、今までにない本当のお祭り気分のオールスターでしたね。

後半、小野と代わった大宮の小林大悟は良かったですね。いつも良いポジションにいて、スルーを狙ってる感じでした。新潟の鈴木も左サイドで存在感ありました。

J-EAST 4-1 J-WEST

オールスターに引き続き、中田英寿氏の特集やってましたね。
全編インタビューで、Wカップ3試合を振り返るなんてのもあって、面白かったです。
DFラインを上げるか下げるかで、宮本と対立していたという話がありましたが、何故そこでジーコは何も言わないかが、一番不思議でした。
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-15 23:57 | サッカー
「カーズ」
恒例になってる本編前の短編「ワンマンバンド」。
ヒートアップする2人のバトルは見モノ、そして何があっても生き延びそうな少女(少年と思ってた。)が素敵でした。

ピクサー作品は、「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」しか観ていませんので、エンドロールでの旧作品の車コメディはそれほど楽しめた訳ではないけど、遊び心ありますね。また、映像にはいつも驚かされます。車の質感やドライブ中の風景の美しいことと言ったら、ため息出そうですよ。

字幕版で観たかったのに、ほとんどやってなくて、仕方なく吹替版で鑑賞しました。上映されてるスクリーンの94%は吹替版だそうですよ。家族連れがメインターゲットなのは分かるけど、もう少し字幕版増やしてもいいんじゃないかなぁ。

【ネタバレです】
a0031718_1011396.jpg

人生は勝つだけ(金だけ)が全てではないというテーマ。自分勝手で親友と呼べる仲間がいない主人公のマックイーンが、地図からも消し去られた街ラジエーター・スプリングでの出来事を通じて、人(車)を思いやる気持ちや一人で何でもできるわけではない事を学んでいく。車が特別好きではない私にとって、話す車たちに最後まで魅力を感じなかった。

ラストは意外でした。
クラッシュしたキングにドック・ハドソンを被らせたマックイーンは、ゴール寸前で止まり、キングに駆け寄るというのは、少々やりすぎじゃないか。試合に負けても人生で勝つといった所ですが、1人でやっていたマックイーンとキングの関係がはっきり見えないので違和感があった。それよりも新しいスポンサーの申し出を断るところは、彼の成長の証だと思う。

勝利至上主義のようなアメリカでこのような映画が作られたことは、興味深いと思いました。

2006年7月9日(日) 伊丹TOHOプレックス
カーズ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-15 10:13 | 映画レビュー
「ホワイト・プラネット」
Wカップ中に3本映画を観たうちの2本目。
映画の日なので2~3本観たいところだけど、慢性的寝不足だったので、1本が限界。なるべく短いやつと思って選択しましたが、良く考えると、ネイチャードキュメントは、面白いのは確かだけど眠さも半端じゃないんですよね(^^; それでも今回はしっかり最後まで挫折せずに観れました。

【ネタバレというか見どころ紹介】
a0031718_03325.jpg

ホワイトプラネットという題名どおり、北極の1年を通じての動物たちの生き様を魅せてくれました。そのなかでも主役級はシロクマの親子。どうやって撮ったのかと考えてしまう冬眠中のシロクマ親子の映像には驚きました。親のでかい体の下で、よく潰されないなぁと感心しましたよ。

ズキンアザラシは顔に浮き袋があって、ブフォって膨らますんですが、これが北斗の拳でやられる悪役みたいで、「アベシ」とか「ヒデブ」って聞こえてきそうなんです(^^; 一人北斗の拳ごっこできるズキンアザラシは凄い!

長い角(正確には牙)を持つイッカクが群れをなしてる姿は初めて見ました。次々と角を突き出し、海上に上がってくる姿は、神輿を担ぎ練り歩く祭りを想像させる。そして良く見ると角が白と黒のマーブルになってるところは、お茶目ですねぇ~

羽が生えたペンギンかと思ったのが、ウミガラス。体の色使いはペンギンそっくりなんだけど普通に空を飛べる。それだけでなく、水かきが付いていて、海中ではペンギン並みに早く泳げるんです!ペンギンって飛べるんだって思ったぐらいですよ。

「地球上のもうひとつの惑星、北極。この目で見る風景は数十年後見られなくなってしまうかもしれない。」温暖化のために、この景色も変わるし、動物たちもいなくなってしまうかと思うと目に焼き付けようと思いますよ(^^)

2006年7月1日(土) 伊丹TOHOプレックス
ホワイト・プラネット@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-13 23:41 | 映画レビュー
それでも戦いは続く
応援していた国が早々に敗退し(チェコ、コートジボワール、日本)、本命のアルゼンチンもドイツに敗れた。優勝したのはグループリーグ敗退予想していたイタリアとなんて見る目がないんでしょうか(^^; 

ジダンの件はこれで見納めということを考えれば残念だけども、それが無かったとしてもイタリアの勝ちは順当だと思います。ブッフォン、カンナバーロ、ガットゥーゾのセンターの3人の軸がしっかりしてるので、両サイドが攻撃参加しても堅固な守りはブレがないんです。そして相手に応じてシステムや選手を代えるリッピの采配に交代選手が期待に応えた、チームとしての完成度が高かったということでしょうね。

今大会はミドルシュートが乱れ飛びましたが、ボールがより飛びやすくなっただけではなく、1トップを採用する国が増え、中盤が厚くなったことも一因ではないかと思います。

ベスト4のうち、ドイツを除いた3カ国が1トップ、各リーグの得点王にもかかわらず、リーグほどの満足いく結果が出なかった。中盤との連携不足もあるだろうが、一流のFWでもしっかり守られたら、簡単に得点できないのが今のサッカーだと思う。そうなると、FWをおとりとしてMFがいかに点を取るかということになる。そして手っ取り早いのがミドルシュートということではなかったか。開幕戦でラーム、フリンクスが見事なシュートを決めたのも拍車をかけたと思う。

ミドルシュートはどれも素晴らしいものがあったけど、ちょっと多すぎ。スウェーデン戦のドイツの2トップで決めた2得点やカンビアッソのこれぞパスサッカーというゴールの方が印象的でした。

今後注目の国は、やはりドイツ。クリンスマンが監督を辞めたようですが、若手の伸びしろが、まだまだありそうなので、ユーロ、Wカップと4年間楽しめそう。同じ理由でオランダ、アルゼンチンも目が離せませんね。ただ、ペケルマンが辞めて、リケルメ中心のチームがどう変わるかは注目したい。

日本ですが、世界ランキングが計算方法が変わって、49位になったとか(^^; やっと実力に見合ってきたんじゃないですか。これでこそベスト10を狙う意味があるってもんです。

オシム監督も受諾してくれそうなのは喜ばしいことですが、1から出直しということを考えれば、ユースを含め北京オリンピック世代をどう育成するかが、この2年ほどは最重要になってくると思う。だから、反町監督の動向が一番気になります。今回はフル代表のコーチにもなるようだし、連携はうまくいくと思うので期待したいですね。
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-12 23:22 | 2006ドイツWカップ