【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
「ホリデイ」
安心して観れるラブコメです。
「恋愛適齢期」のナンシー・マイヤーズ監督の作品。前作でダイアン・キートンとジャック・ニコルソン2人の会話が最高に楽しかったんで、期待してました。ホームエクスチェンジという大胆な舞台設定ながらも、ラブストーリー自体はシンプルで、4人の魅力が前面に出ていたと思います。

ハリウッドの映画予告編製作会社の社長アマンダ(キャメロン・ディアス)と、ロンドン郊外に住む新聞記者のアイリス(ケイト・ウィンスレット)。クリスマス直前になってそれぞれ恋に破れた2人は、『ホーム・エクスチェンジ』をすることに。アマンダはロンドン、アイリスはビバリーヒルズに旅立つが・・・ (シネマトゥデイ)

【ネタバレです】
a0031718_1334737.jpg

ケイト・ウィンスレットはガタイがいいので、「エターナル・サンシャイン」のような風変わりな役なら別ですが、普通の女性のラブストーリーには似合わないんじゃないかと不安もありました。観始めは、やっぱりと思ってたけど、アメリカへ行ってからのはしゃぎっぷりは、キュートでそんな違和感も吹き飛びましたよ。特にダイノジのおおちがエアギター選手権で優勝した曲「Are You Gonna Be My Girl」に合わせて、エアギター弾くとこ最高(^^)

恋人にふられたマイルズ(ジャック・ブラック)にアイリスが、自分の何が悪かったのかと考えてしまうという話はそうそうって共感できました。ヨメさんには、そんなの次行かないとって一蹴されましたが(^^;

ジャック・ブラックは、レンタル店で彼の十八番が出ましたね~ 
どこかでやってくれるんじゃないかと期待してたんですが、監督も彼の使い方を判ってるな(^^; おまけに「卒業」(でしたよね?)のパッケージを取った後、ダスティン・ホフマンが、「あっ、見つかった。」という顔で出ていたのはお茶目でした。ハリウッドやから、いてもおかしくないんですよね。

最初、グラハム(ジュード・ロウ)がアイリスの兄というのは嘘なんじゃないかと疑ってました。ジュード・ロウって意外とクセのある役が多いし、出会いも唐突過ぎた気がしたんで。それが2児のパパでシャイな一面もある役だったのが、かえって新鮮でしたよ。

キャメロン・ディアスは彼女らしさが出ていて、涙を流したくても出ないというシーンが良かった。アマンダが最初にアイリスの部屋に行ったときは、車が通れないからと、だいぶ手前で降ろされたのに、帰るときは、家の前まで迎えの車が来てたのは、なんで?

2007年3月24日(土) 伊丹TOHOプレックス
ホリデイ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-31 13:03 | 映画レビュー
U-22「日本vsシリア」 2007.3.28.
U22日本、シリアに快勝し3連勝 五輪予選

スタメンを見たときには、てっきり3トップかと思いました。家長をトップ下にした3-5-2には、日本のサポーターもですが、シリアが一番驚いたのではないでしょうか。3トップ時のぎこちなさが消えて、スムーズなボール運びと効果的なドリブルをまじえた攻撃は、見てて楽しかったですよ。オリンピック2次予選の山場となる試合で快勝したのは気持ちいいもんですね(^^)

家長はガンバの試合でもそうですが、今年は特にシュートが決まらなかったんです。だからゴールのリプレイを見ながら解説の小倉が『左利きなのにうちに切れ込んでどうするつもり。』という話はマジで笑えました。私も右で打ってもどうせ入らないって思い込んでましたから・・・
あれはガンバサポだから言わせてもらうとマグレです、たぶん(^^; でも思い切って打つことの大切さを改めて感じましたね。

家長のシュートシーンはその前に、水野からのサイドチェンジがあって、家長のさらに外にいた本田圭がライン際を縦に走ったんですよ。それを囮にして内に切れ込んだから、相手のDFが本田が気になって、前に詰めれなかった。だから余裕を持ってシュートを打てたと思います。A代表に呼ばれた3人の連動で1点目が入ったのがまた嬉しいですね。呼ばれたのがオシムの気まぐれじゃないことも証明できたし。

平山は色々言われてる中、3試合連続ゴール。あと2本バーに阻まれた惜しいのがあったけど、シュートを打つことを最優先してる姿勢は評価したいです。それと2トップなら、カレンと組ませた方が、役割がはっきりして良いんじゃないかな。

本田圭は代表では今回が一番良かった。普段見てるわけじゃないので、判らないのですが、あんなにサイドをアップダウンするタイプには思えなかったから、新鮮でした。家長が比較的、左サイドを使ったこともあって、クロスやチャンスに絡む機会が多かったと思います。

水野は2点目のアシストとなったFKはドンピシャでしたが、右サイドの彼らしい突破は見られなかった。これも家長のポジションやパスの選択によって変わってくるんでしょうね。個人的には平山と家長の2トップ、トップ下に枝村というのも見てみたいです。それとボランチの谷口も。

水本がボールを持って前線に上がる姿がちょくちょくありました。直接得点に絡むことはなかったですが、もっと中盤がプレッシャーをかけられた時には、彼の動きは絶対に生きてくると思うので、これからも無駄になってもいって欲しいです。

1ヶ月前の香港戦とはチーム、個人ともに見違えましたね。あの時の記事にも書いたのですが、Jリーグが始まって、コンスタントに試合をしてることで体の切れや試合勘が戻ってきたのも大きいと思います。また選手が慣れてるシステムにしたのもありますが、中盤で相手のプレスが厳しくなかったから、日本人選手の良さが出ましたね。

まぁ、次のアウェーはそんなに簡単にやらせてもらえないだろうから、本当の力が見えてくるんじゃないでしょうか。逆に言えば、アウェーのシリア戦も快勝できるようなら、相当自信がつくのは間違いないので、結果と内容ともに出してもらいたいです。
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-28 23:40 | サッカー
「日本vsペルー」 2007.03.24.
日本2―0でペルー降す 国際親善試合

高原と中村俊輔が選ばれたことで、チケットもほぼ完売だったようですね。オシム監督の海外組、厳選召集に期待感が膨らんだの思います。その期待通りに2人の活躍で2-0の勝利!

ペルーは中盤からのプレスはしっかりしてきたけど、ヨーロッパで活躍する選手たちが来なかったこともあって、攻撃には迫力がなかった。ホームでの対戦ということもあり、正直言って勝って当たり前の相手でした。日本が大きなミスをしない限り点を取られる雰囲気はなかったからね。初めて海外組を合流させるにはちょうど良かったとは思いますが・・・

1点目のFKは、その前に同じぐらいの位置で遠藤が2回蹴っていたので、3回目もと思えば、俊輔が蹴り、あっさりアシスト。今回は4バックで遠藤も右と左の違いはあってもガンバと同じポジションなので、もっと良さがでるかと思ったけど、前方へのパスや、FWを追い越す動きが少なく、攻撃的なポジションとしては物足りなかった。今日の試合を見る限り、俊輔との併用なら羽生のように前へいけるタイプの方が合ってるような気がする。

高原のあのトラップは絶品でしたね。俊輔からのFKを吸い付くように足元に落とした時点で勝負あり。ドイツでの好調が自信を持たせてるようでした。練習不足もあるけど、巻との連携で崩したりとかいう場面は、ほとんどなかったように思う。タイプが似てるので、佐藤とか松橋のように俊足な選手とのコンビも見てみたかったです。

全体的には、シュート数が少ないし、セットプレー以外でペナルティエリアに侵入することがあまりできなかった。得点力不足という課題が解消されたわけではないので、2-0という結果だけでは満足できない試合でした。
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-25 01:05 | サッカー
「さくらん」
予告編でヴィヴィットな色使いと元気な主人公を観ると、監督が女性という共通点もあって「マリー・アントワネット」を思い出してしまいました。写真家として有名な蜷川実花監督、映像に関しては、面目躍如の出来栄えですね。
 
先に「SAYURI」を観ているので、江戸時代と昭和初期、また花魁と芸者の違いはあるものの、住む世界は非常に似通ってるので、描き方でこうも違うのかとも思いました。女の情念が伝わってくるウエットな「SAYURI」が外国人監督。エロティックさも薄く、土屋アンナのキャラクターも手伝ってか、明るくドライな印象(あくまでも「SAYURI」と比べて)のこの作品が日本人監督というのも面白いです。

【ネタバレです】
a0031718_129212.jpg

きよ葉(土屋アンナ)たちの着物だけでなく、部屋にある小物、カラフルな障子、生け花と、次はどう変えるのだろうと目を惹く美しさは、最後まで飽きさせません。吉原の門にある水槽の中に泳ぐ金魚と重なる遊女たち。「この中でしか生きられないんだよ。」と金魚に話しかける言葉はせつないですよね。

きよ葉が粧ひ(菅野美穂)から受け継いだカンザシを、お付の娘に渡したり、客との最中に覗き見る娘に笑いかけるシーンは、人が変わっても時代が変わっても、吉原は何も変わらないということを暗示してるようです。

良いようにとれば、ラストはそういった予定調和から抜け出したいという、きよ葉の気持ちの現れと思うこともできなくはない。しかし、個人的には納得できない終わり方でした。清次(安藤政信)との間には、お互いに恋心があったとはかもしれないけど、先を考えない能天気さにはがっかりでしたよ。

ヨメさんに言われて気づいたのですが、小泉今日子と永瀬正敏ニアミスでしたね(^^;

2007年3月11日(日) 梅田ガーデンシネマ
さくらん@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-18 01:29 | 映画レビュー
「鹿島アントラーズvsガンバ大阪」 2007.03.11.
薄氷を踏む思いの勝利で開幕2連勝。

安田のDFとして経験の少なさが悪い方に出た。
2枚目のイエローのシーンは多少引っ張っていたが、体を入れた時に運悪く足がかかってしまった。後ろから追いかける形だったのが致命的。1枚もらってることを考えれば、軽率だったのは間違いないが、良い経験になったと思う。ここ2戦の抜擢を無駄にしないで、這い上がってきて欲しい。

こんなこと言えるのも、勝てたからだな(^^; 試合中は、たった12分でかよ!とムカついてた。しかも、アントラーズが人数を合わせてくれたにもかかわらず、後半途中までは、押されまくって、ストレス溜まる試合でした。

前半、播戸が右MFに下がって、守備にも、前への飛び出しにも奮闘してる姿を見て、代表合宿でMFやった経験が生きてるって思った。前半交代は仕方ないけど、1トップにしないといけない中で存在感を示しましたね。

後半、家長が入って、苦しい時間帯は続くものの、徐々に右サイドを支配していく。何度かあったシュートチャンスを枠にも飛ばせないというのは、現状3トップの右では厳しいな。ただ彼が入ったことでマグノが孤立しなくなってきた。マグノはシュート技術はもちろん、ゴール前の落ち着きは凄いですね。家長には、それを見習ってもらいたいもんです。

7年間勝ったことがない、カシマスタジアムでこの勝利は選手も自信につながるでしょう。しかも2試合連続完封とは、宮本抜けても、まったく穴を感じないのも皮肉やなぁ。

心配なのは、交代枠を2つ残したこと。状況的に仕方ないのは判るけど、スタメンと控えのレベル差が大きい(と監督は思ってる)ということなんでしょうね。

次の試合、安田が出場停止。代わりに橋本がサイドバックに入り、右MFの遠藤がボランチに下がって、普通に考えれば、そこに家長となる。しかし、家長はU-22の試合でアウェイのマレーシア戦から、中2日だとスタメンは、正直厳しいだろう。コンディションだけでなく、チームの練習に参加できないことも。
そうすると、そこに寺田か前田を入れるのかもしれないけど、ここはいっそ、バレーを入れて3トップにするか、個人的には、山口を左SBにまわして、中澤をセンターで使ってもらいたいなと思う。可能性は低いかもしれないけど、MFはここ2戦の4人がベストやと思うので、なんとかそれを維持したいところなんですよね。

来週のスタメン楽しみです。
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-12 23:18 | サッカー
「ボビー」
この映画のチラシを初めて見たときは、てっきり故ケネディ大統領の話と思い込んでました。家にある「JFK」のDVD観て予習しなきゃと意気込んでいたのですが、弟のロバート・F・ケネディ(ボビー)と知って、結局観ず終い。アメリカ人ならこんな馬鹿な勘違いはないんだろうなぁ。でも、あまり思い入れもなく、リアルタイムで知らないアメリカ人以外には、どれぐらい興味を持てるんだろうかと思ってました。

これはあくまでも、ボビーが暗殺された、アンバサダーホテルに居合わせた人々の物語。確かにボビーは主役のようで主役じゃないのだけれども、最後の演説は、この映画の最大の見せ場であり、こんな世の中だからこそ、新鮮でしたよ。そして、ああいう高い志しを持った人物が簡単に殺されてしまう、やり切れなさも伝わってきました。

【ネタバレです】
a0031718_0431818.jpg

ただ、これがドキメンタリーなら、全く文句はないのですが、肝心の群像劇は、事件でうやむやになってしまい物足りなかった。最後にテロップで、この事件でボビー以外の死者はいないとあったけど、イライジャ・ウッド、あれは死んでるでしょ~ それに本人映像に映画の登場人物を合わせるのは、映像的に上手く処理していたものの、映画としてはどうなんでしょうか。個人的には違和感アリアリでしたよ。

それとボビーは、だれか俳優がやるもんだと最後まで思っていたので、本人映像が出て来たときに、ハードル高くしてるなぁ、この監督チャレンジャーやと妙な感心をしてました(^^; 
(本人の映像出てるんだから。考えれば俳優使うことないぐらい分かだろ!) 一応、巧みに顔が見えないように、ボビーを演じてる人はいたけどあれじゃ演じてるとは言えないよね。まぁ、ボビーを演じ切れれば、アカデミー男優賞にノミネートされてるわな(^^;

2007年2月25日(日) 伊丹TOHOプレックス
ボビー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-10 00:44 | 映画レビュー
「パフューム ~ある人殺しの物語~」
レクター博士のような狂った主人公が活躍する、サスペンス色の強い作品と期待していましたが、思わぬところでトンデモ系の映画に出会えました。ウーロン茶と思って飲んだら、気の抜けたコーラだった感じですかね。変わった映画を観たい方は、必見だと思いますよ。ヨメさんと一緒に観たんですが、2時間は映画の話題で持ちきりでしたから(^^;

2年前にパリに行ったときに、18世紀のパリは土葬だったので、街に死臭が匂っていたという話を聞きました。そういうことも出てくるかと思っていたのですが、魚市場限定になっていたのは残念でした。⇒こんな話。

【ネタバレです】
a0031718_22364753.jpg

18世紀の街並みやベルリン・フィル演奏など、重厚感あるにも関わらず、主人公ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)はXメンにでもなれそうな超人なんですよ。

孤児院で近づいてきた子供の指を握って、匂いをかいだシーンを観て、ひょっとしてと思ったのですが、彼の存在だけがファンタジーになってた。特に後半シビアになってくるに従って、映画の雰囲気から浮いてる気がしました。街から逃れたローラ(レイチェル・ハード=ウッド)を匂いだけで、あんなに遠くにいる彼女を見つけるなんて、もう笑うしかないでしょう(^^; 

グルヌイユに体臭がないというのは、存在しない人間という意味であるのかなとも思えますよね。ローラの泊まる宿で寝てる犬の側を通っても気づかれないのも、体臭がないというのが伏線なんでしょうか。

ラストは予告編でやっちゃいけないですよね。いつあのシーンが出るんだろうと思っていて、全然来ないから、あれがラストなんやと分かってしまいますからね。それにしても、そんなに凄い香りなら嗅いでみたいって思いました(^^;

パリに戻ってきてからの本当のラストがイマイチ納得できなかったんです。香水を自分で振り掛けたグルヌイユに人が群がった後に、服だけ残るシーンがあまりにも爽やかすぎて。上にも書いたようにグルヌイユ存在しないのか、もしくは、すべて夢か寓話のようだったんだろうかと。
帰りに本屋で原作立ち読みしましたら、群がった人に30等分されて食べられたという話でした!これは映画では無理やな。でもこれが映像化されたら、2重のサプライズだったのに・・・

それにしても全世界で1500万部売れた本とは思えないんだけどなぁ。

2007年3月3日(土) OSシネマズミント神戸
パフューム ~ある人殺しの物語~@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-04 22:36 | 映画レビュー
U-22「日本vs香港」 2007.2.28.
反町監督や選手からは反省の弁しか出てこないようですが、こんなもんじゃないですか。もちろん目指すところはずっと上ですが、これからはJリーグも始まってコンディションもどんどん上がってくるので、そんなに心配はしてません。2次予選で3トップやオプションが熟成されれば十分やと思ってます。

3トップに挑戦した公式戦2試合目、アメリカ戦と比べても先発3人はあまり変化がなかったように思う。3トップというとサイドはウインガーというイメージなんだけど、日本の場合、ただサイドに張ってる感じで、ポジショニングの入れ替えもしないし、3人いるメリットを生かしきれてなかった。

後半家長、増田が入って動きが出てきましたね。家長はサイドにもいたけど、途中からはトップ下で、中盤とのつなぎをするようになって、ボールが収まるようになってきたと思います。アメリカ戦では守備に回る機会も多かったけど、やっぱり攻撃的な選手だということを実感しました。ガンバでもサイドバックでは使ってほしくないです。

ただ3点目は・・・ あのシーンは平山とのパス交換でうまく抜け出したんだから、やっぱり自分で決めんとな(^^; あそこにいた増田もさすがだけど。今のところ、3トップにするなら、家長か増田が1人入るほうが機能しそうですね。

本田圭佑は代表でしか見てないから何とも言えないけど、馴染んでない気がする。せっかくFKはいいもん持ってるから、頑張ってもらいたいですね。水野晃樹はサイドではドリブル、内に切れ込んだらワンタッチパスとうまく使い分けてたと思います。

3トップが次どうなるか楽しみ!
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-03 01:15 | サッカー
「善き人のためのソナタ」
ベルリンの壁崩壊前の東ドイツというと「グッバイ・レーニン!」があります。壁が崩壊してからの変化に戸惑う普通の人たちを、せつなさとユーモアで包み、主人公の親を想う気持ちに熱いものがこみ上げてくる作品でした。

今作は、同じ時代の物語でありながら、また違った東ドイツの一面を見せてくれた。徹底した監視態勢で東ドイツ国民をまさに管理していたシュタージ(国家保安省)の仕事っぷりにスポットを当てている。また優秀な職員ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)が劇作家ドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)を監視することで、彼の心に変化が起こってくる・・・

【ネタバレです】


教官として監視者の心得を教える姿や、初めてドライマンを見た時のヴィースラーは、観てる側も嫌な奴だなと思うには十分なほど、どっぷりシュタージに染まっていましたよね。
だけど国や仕事に対して、忠誠を尽くしてきた彼が、家族もいなく娼婦に安らぎを求めるのは、せつなかった。社会主義の世界じゃなければ、勤勉な彼はもっと贅沢な暮らしをしていても不思議じゃないと思えるから。

だから、ドライマンたちの演劇者としての才能や、自由な恋愛に触れることで、何かが違うと気づき始め、ドライマンとクリスタへの憧れのようなものが生まれるのも自然だと思う。
そして、ドライマンが自殺した友人の演出家からもらった「善き人のためのソナタ」を、悲しみとともにピアノで奏でるのを聴いて(もちろん盗聴)、ヴィースラーは涙を流した。良いシーンなんだけど、そこに至るまでの内面の葛藤が見えてこないので、なぜ泣くのかが伝わってこなかった。
ある意味、このシーンが象徴のような感じになってると考えればいいのだろうけど。

実際にこの時代に東ドイツで暮らした人でなければ分からない部分はあるのかもしれないが、ヴィースラーが変わっていく様が、この映画のキモだと思うので、もう少し丁寧に描いて欲しかったなぁ。

全体的にはサスペンス的な面白さもあって、見応えあると思います。
ラストはヴィースラーの行いが、時を経て報われたのは、ホッとしましたね。

全く違う話なんですが、監視する者とされる者と言えば「キッチン・ストーリー」を思い出してしまいました(^^;

2007年2月18日(日) シネ・リーブル梅田
善き人のためのソナタ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-02 00:23 | 映画レビュー