【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「バベル」
ジクソーパズル欲しさに前売券買いました(^^;
「21グラム」は、登場人物みんな不幸な作品だったので、ある程度覚悟はしていたのですが、これも重い作品ですね。日本が舞台でアカデミーにもノミネートされたから大きな劇場で公開されてるけど、内容的にはミニシアター向けです。菊池凛子さん目当てで気軽な気持ちで観にいくと、痛い目合いますよ。 

【ネタバレです】 ↓ブラピの目の下のシワが気になった。
a0031718_235422.jpg

モロッコ、日本、アメリカ、メキシコとどうのように物語が繋がるのかと思えば、一丁のライフルだけで日本を入れるのは、かなり乱暴。入れない方が物語としてもすっきりするだろうし、もっと濃く描けていたんではないかとも思います。俳優の演技は上手いんだけど、登場時間が短い分、表面的な部分しか見えない人も多い。そんな中ではチエコ(菊地凛子)が一番内面をさらけ出していたんじゃないでしょうか。

海外の人はどう見るか判りませんが、菊地凛子が高校生というには無理があるだろう。ヨメさん曰く、『10代でなく、大人の体になってる。』というのも頷けます。ただ彼女だから、あれだけのインパクトを残せたのも、また事実。
母の自殺、自分のことを理解してくれない父、しゃべれないことで偏見の目で見られる、1人で抱えきれないぐらいの不安や怒りを、自分の体を晒すことでしか解消できない辛さを感じました。オールヌードやノーパンちらりは、ヤラシさよりも痛々しさの方が大きいなぁ。ただ、あそこまでやると完全に痴女だけど・・・

リチャード(ブラッド・ピット)の子供から、アメリア(アドリアナ・バラーザ)が、『悪い人なんでしょ。』と言われて、『悪くはない、ただ愚かだったんです。』という言葉が、この映画の全てを表してると思う。
映画の登場人物のように極端でなくても、正しいと思っても、裏目に出ることや、自分だけは大丈夫と思っても、他の人を巻き添えにすることは、誰にでも起こりうる。そんな時に、少しでも早く自分の非を認める勇気や、周りの人からのアドバイスを聞き入れる度量があれば、もう少し違った結果になるんだろうな。でも、こういうのって、客観的に見てるときは何とでも言えて、いざ自分が渦中にいれば、どんどん愚かな方へ進んでいくんだろうなというのも、自分自身のことを振りかえれば、納得してしまうんですよね。

どの物語も最悪の結末にはならないけれども、何も解決したわけではない。そんな中で唯一、モロッコで通訳の男性が、リチャードからお礼のお金を受け取ろうとしなかったシーンは、彼の人間性と意地を見せてくれたようで清々しかった。

メキシコのニワトリを絞めるシーンはリチャードの子供たちが目を見開き、ギョッとしてるのに対して、現地の子供たちの底抜けの笑顔が印象的。メキシコの子供たちの逞しさを感じます。

モロッコでの開放的な○○○○は、ある意味、男の憧れじゃないですか(^^; 想像力豊かな大人に育ちますよ。

2007年4月28日(土) 伊丹TOHOプレックス
バベル@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-05-10 00:01 | 映画レビュー
GWあれこれ
今更ながら、GWの報告を簡単に(^^:

①車で京都
29日には大阪の東の端にある枚方の実家へ。
朝早めに出て、ドライブがてら、すぐ隣の京都へ行ってきました。車で京都の中心部に行くのは初めてです。GWだし渋滞覚悟してたんですが、スムーズに走れてストレスなし。滞在5時間ぐらいで、東寺→金閣寺→銀閣寺→二条城という豪華ラインナップが実現しました。
ただ、気を付けないといけないのは、駐車場の確保。道は空いてるといっても、観光客は多くて、駐車場は探さないと行けないところもありました。それに駐車場代も意外と馬鹿にならないですよね(^^;
↓かなりボロボロな銀閣寺
a0031718_2349572.jpg

京都は電車で行くものという頭があったけど、車で行くのも、なかなか良いものでした。

②雨の白浜
GW後半は和歌山の白浜へ。
雨予報だったので、心配しながらアドベンチャーワールドへ行ってきました。双子のパンダの赤ちゃんを見たかったんだけど、2頭とも奥のほうでうずくまっていて、背中しか見えない!
ナイトサファリも楽しめるということでしたが、今にも雨が降りそうなんで、早めにホテルへチェックインしました。
次の日は、朝から本格的に降ってたから、三段壁の洞窟を見ただけで、自宅へ戻ってきました。でもこの洞窟、昔の海賊(熊野水軍)の拠点になっていて、天候が悪かったから波のうねりがすごくて迫力ありましたよ。
[PR]
by borderline-kanu | 2007-05-09 17:10
「ヴィッセル神戸vsガンバ大阪」 2007.05.03.
関西ダービーへ行ってきました。
前節で首位を奪取したガンバ。加地の離脱は痛いけど、ここで下位のチームを叩いて、首位固めができるか注目の戦いでした。また、昨年は大阪ダービーや京阪ダービーがあったのですが、今年のJ1で関西4チームのうち、この組み合わせしかないんですよね。そういった意味でも力の入る一戦です。
a0031718_10555243.jpg

試合開始2時間前には、ホームズスタジアム(元ウイングスタジアム)に到着。もうかなりの人が集まってました。ほぼ満席に埋まったスタジアム、真ん中から半々に分かれたサポ。屋根があることで試合開始前の応援合戦も声が反響して人数以上の迫力。播戸へのブーイングが一番大きいのも、ダービーという雰囲気を感じさせてくれます。
a0031718_10565275.jpg

試合の方は、8分にマグノが一発レッドで退場。
DFともつれるように倒れこんだので、逆にDFのファウルのように見えました。セレッソの抗議の後、レッドが出されたので、『なんでやねん。』という思いの方が強かったです。これでスタジアムの雰囲気はヒートアップしましたよ。この後も、ホーム寄りの判定にイライラさせられましたよ。

先制点はガンバ。今日は明神と二川の出来が良かった。その明神が中盤で、するどい出足でボールをカットし、最終的に2列目から飛び出した家長へスルーパスが通る。それをDFが堪らずファウルで止めたのが、ペナルティエリアのすぐ、手前。そこから遠藤のFKが見事に決まって先制!あの位置は遠藤ポジションだと思っていたので、本当に嬉しかった!

攻めるガンバにカウンターのヴィッセルという構図は、試合を通してほとんど変わらなかったのはガンバの底力かなと思います。ただ、中盤でまわしても、前に選手が1人足りない状況は、さすがに厳しかった。二川、家長がパスを出すよりもドリブルで抜こうとする場面が多かったのも、それが影響してるのかと思う。

そんな中、逆転された後半、二川からのスルーをバレーが豪快に決めて、2-2の同点。バレーは、単純なボールをミスすることも多いけど、ゴールへ向かったときの集中力は素晴らしい。

ヴィッセルは右サイドの朴が安田が内に絞った時にその外側でボールを受ける場面が多く、彼の運動量と駆け引きの上手さが光った。

上位陣が引き分けが多かったので、首位を守ったものの、まだまだ混戦が続きそう。ガンバは加地がどれだけ早く復帰できるかがポイントになりそうですね。できれば青木のスタメンも試してもらいたいです。
[PR]
by borderline-kanu | 2007-05-04 10:53 | サッカー