【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」
三池崇史監督作品は「DEAD OR ALIVE 犯罪者」ぐらいしか観たことがないんだけど、ラストのあまりにも衝撃に、他の作品を観る気を失くしてました。それにオマージュされてるというマカロニ・ウエスタンも観たことがない。ということで、特に観たい訳ではなかったんだけども、それ以上に切実やったのが、「トランスフォーマー」以降観たい映画が全然なかったこと。大阪と比べて高松の映画環境は厳しいっす(^^;

今回は初めてホール・ソレイユという2スクリーンあるミニシアターに行ってきました。かなり古さを感じさせますが、座席は座りやすいし、真ん中より後ろはちゃんと階段状になってるから、観やすかったです。家からチャリで10分ぐらいのとこなんで、これからもお世話になりそう。今後の上映では『図鑑に載ってない虫』、『シッコ』あたりが楽しみ。
これで高松の映画館制覇。と言っても2軒だけしかないんだけど(^^;

映画の方は、思ったよりずっと楽しめました。ただ、登場人物多いから、仕方ない部分もあるんだけど、この内容で2時間越えは、ちょっとシンドイかな。

【ネタバレです】
a0031718_23134328.jpg

源平合戦、壇ノ浦の戦いから数百年後の話。壇ノ浦とか屋島は家から車で30分ほどで行けるんですよ。オープニングの壇ノ浦という言葉にに反応してしまって、急に親近感湧いちゃいました(^^)

タランティーノ万歳!
この人、本当に映画に出るの好きですね。もちろん三池監督との仲で出てるんだろうけど、一番美味しいトコもって行ったんじゃないですか。最初だけかと思ったら、後半も老けメイクばっちりして出てくるし、マカロニ・ウエスタンネタは全然判らなかったけど、ここでアキラ(小栗旬)の名前の由来が判るとは思ってもみませんでした(^^; その子供の平八も意味あるんですかね~

ヨメさんが与一役の安藤政信のこと好きなんでけど、歯茎丸出しサイコ野郎にショック受けてました~ でも今回一番気合が入っていたのが彼と木村佳乃でしたね。こういう役を難なくこなせると幅が広がるし、私もこれから注目したいなと思います。

保安官(香川照之)が狂いだした時、最初は小芝居やと思ったんですが、ゴラム状態やったんですね。そんな人が保安官やってる村って怖いわ。この映画、独特の雰囲気の中、出演者みんなが、一生懸命ふざけているところにエネルギーを感じるんです。その中で弁慶(石橋貴明)だけは、偏見あるかもしれないけどコントにしか見えなかったのは残念だ。

ラストで雪が降ってくるのは、「LOVERS」を思い出しました。拳銃と刀の戦いは次元対五右衛門を観てる様で、新鮮だけど懐かしい感じがしましたよ(^^;

弁慶がマシンガンを取りに行くとこは、与一に言われて出て行ったんやけど、どいういう会話やったんでしょうね。物語が動き出すきっかけだっただけに、出て行った理由がボヤケてるのが、気になりました。

小さいとこを突付きましたが、深く考えずに豪華キャストを楽しむのには、最適な作品です。

2007年9月15日(土) ホール・ソレイユ
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-09-23 23:18 | 映画レビュー
「キサラギ」
芝居向けだなと思って観ていたら、実際に48BLUESという渋谷系小劇団で2003年に上演されていたそうです。

芝居を元にした作品と言うと「サマータイムマシン・ブルース」が思い出せます。また、ずっと同じ部屋にいて、謎が解けていくと言えば、「12人の優しい日本人」と同じ。この3作品、共通するのは、映画より映像的制約が多い芝居がベースになっているのも大きいと思うのですが、脚本がしっかりしているのと、個性的すぎる登場人物が多数出ているところ。個人的に非常に好きな作品たちなので、贔屓目もありますが、ハリウッドのようにお金をかけなくても、良い映画を作れるという見本やと思います。

アイドル・如月ミキの一周忌追悼会に集まった5人の男たち。家元(小栗旬)、オダユージ(ユースケ・サンタマリア )、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、イチゴ娘(香川照之)。家元が運営するファンサイトの常連である彼たちは、最初は彼女の思い出話に花を咲かせていたが、いつしか彼女の死の真相を推理しだしていた・・・

【ネタバレです】
a0031718_23525797.jpg

死の真相(あくまでも彼らの推理ですが)に近づくにつれて、それぞれが如月ミキと関わりがあるということが、少しづつ判明していくタイミングが絶妙で、ジクソーパズルが出来上がっていくかのような気持ち良さがありました。狂言回しかと思っていた家元がミキちゃん大切な人(推測)だったというのも、爽快でたね。5人のコンビネーションの良さが伝わってきました。

全員芸達者だなと感じましたが、その中でも香川照之は別格でした。
どんな役でも出来るけど、風変わりなキャラを違和感なく演じていて、芸の幅の広さにはいつも感心させられます。好んで変な役に出てる気がするぐらい(^^; でも、この映画でひっかっかたのは、彼の役柄なんです。

5人は少なからず、ミキちゃんの死に関係していて、しかもイチゴ娘は実父だというのに、ラストでプラネタリウム見て、すっきりしてる場合じゃないだろうって思いませんか?コメディであることは間違いないので、あまりつっこむべきところでもないんだけど、せめてイチゴ娘だけでも、違ったリアクションをしても良かったんじゃないかな。

ラスト、ビデオのミキちゃんの歌に合せて応援する5人の踊りがバラバラなのと、振り付けラッキィ池田だったのには笑えました(^^;

2007年6月23日(土) シネリーブル神戸
キサラギ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-09-18 23:50 | 映画レビュー
「300 <スリーハンドレッド>」
史劇は苦手というのを、こういう映画のたびに書いています。
高校の時、世界史はどちらかと言うと得意だったのに、大学入ったらすっかり忘れてしまいました。英単語と並んで暗記モノなんで覚えるのも早いけど、忘れるのも早かった(^^; それと世界史って幅が広すぎるのと、なんと言っても名前が覚えられないから、なかなか興味が湧かないんですよね。

でも、最近読み始めた本がキッカケで、史劇が好きになりそう!
その本は「ローマ人の物語」。 題名のとおり、ローマが生まれた紀元前753年から1千年に渡るローマ建国の歴史が綴られています。読んでるのは文庫版ですが最近31巻が出たそうで、まだ6巻にたどり着いたばかりの私の旅は、なかなか終わりそうにありません(^^;
教科書で数行で終わることを2~3冊費やして書かれてるんです。結果よりプロセスをじっくり楽しめるのでじわじわとハマリはじめてますよ~ 

で、ローマよりも先に文明が栄えていたのがギリシャの都市国家。ちょうどこの本の1巻では、隣国ギリシャのことが書かれていて、ペルシアとの戦争に関しても詳しく載っていたので、ちょうど予習した感じで映画を観れたのも良かったです。
a0031718_23424086.jpg

映画ではまるでスパルタ(+同盟国)とペルシアの戦いのように描かれてますが、実際にはペルシアの侵攻に対してアテネをはじめとするギリシャ全体との戦いです。でもスパルタに焦点をグッと絞ってる分、細かいストーリーを気にせず、映画にのめり込めるのは大正解。映像の面白さと相まって、年齢層を選ばず、特に男性が好きな作品になってますね。

人生で一度もマッチョになったことがなく、憧れもないけど、あれだけのマッチョ軍団見ると壮観ですね。かなり修正してそうだけど(^^; 
先日観た「トランスフォーマー」はせっかくの迫力シーンでも一切スローモーションを使ってなくて、観客の気持ちが読めないなぁと思ったりもしましたが、こちらは、これでもかとスローモーション!しかもスピードが途中で変わったりして、痒いところに手が届く感じで、本当に見せ方を判ってらっしゃる(^^)

剣さばきや、戦いのパターンも豊富で、目を楽しませてくれる作品でした。でもこれ観て、史劇好きになったとは言えないか(^^;

2007年6月23日(土) OSシネマズ ミント神戸
300 <スリーハンドレッド>@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-09-12 23:41 | 映画レビュー
「造形集団海洋堂の軌跡」
実は先週の日曜日で終わっちゃったのですがすべりこみで観てきました。引越して来る時から、岡山から高松まで走ってるマリンライナーの吊り広告に案内が載っていて、これは行かないとと思ってたんです。
公式サイトはこちら→「造形集団海洋堂の軌跡」

海洋堂といえば、「食玩」で有名ですが、海洋堂の歩みを作品を見ながら振り返れる、フィギュアマニアでなくとも楽しめる展覧会でした。

公式サイトより、
『海洋堂が世に送り出した、80~90年代のガレージキットから90年代中ごろに登場した塗装済み完成品のアクションフィギュアや現在に至るまで爆発的な進化を続ける食玩、そして海洋堂主催の大フィギュアイベント「ワンダーフェスティバル」の資料や海洋堂の造形師の仕事までの多彩な作品・資料約4,000点を一堂に公開し、海洋堂のあゆみを振り返ります。』

入口では等身大のケンシロウ(北斗の拳)と人間サイズ?の大魔神がお出迎え。いきなりテンション上がる(^^) ↓携帯で撮ったのでいまいちですが・・・
a0031718_2334916.jpg

食玩で買ったことがあるのはガンダムの10cmほどのフィギュアぐらいだけど、土産物で置物系買うの好きだし、この分野は結構好きなんですよ。サッカー選手のフィギュアとか見てたら欲しくなるけど、1つ買ったら、全部揃えないと気が済まなくなるタイプなんで、買わないようにしてるんですよね。

今までの食玩のシリーズが勢ぞろいしていて、新しくなるにつれて精巧になっていく様もわかります。色々あったなかで一番興味津々だったのが、人形劇・三国志の武将たち。→こちらを参考に
人形劇・三国志はDVD揃えたいなといつも思ってるぐらい好きなんだけど、このフィギュアも非常によく出来てました。売ってるの知ってたら、絶対大人買いしてたと思う(^^;
[PR]
by borderline-kanu | 2007-09-06 23:06 | 雑記
瀬戸大橋とこんぴらさん 2日目
【2日目 旅程】 8月15日(水)
琴平→こんぴらさん→観音寺→高松

宿を取ったのが、4日前というほど慌しく決めた旅行でした。
お盆ということもあって、高松近郊で泊まれればどこでもいいやという感じで、空いていたのが琴平だったんですよ。琴平と言えば「こんぴらさん」なんですが、とにかく暑いし、無理して長い階段登る気は全く無かったんです。でも、いざ旅館に着いて、明日どこ行こうか?と話してると、「やっぱり行かないともったいないよな。」ということになりました(^^;
a0031718_235428100.jpg

とにかく暑くなる前に登ろうと8時半頃には出発して、途中でウチワ買ったりしながら、のんびり登って、40分ほどで御本宮に到着。ここまでで700段弱。本当は一番上の奥社まで行くべきなんだろうけど、そこまでだと1368段というのを聞いて、ドクターストップ(^^; まだ午前中でも暑さは半端じゃなかったし、汗止まらなかったんで、悔いはありませんわ。
a0031718_23544535.jpg

観音寺ちかくにある琴弾公園。ここは、砂に描かれた巨大な寛永通宝が有名。写真で見た事あったけど、実際に見ると結構感動(^^)
a0031718_2355223.jpg

[PR]
by borderline-kanu | 2007-09-04 23:55 |
瀬戸大橋とこんぴらさん
【1日目 旅程】 8月14日(火)
高松→瀬戸大橋→丸亀城→善通寺→琴平泊

お盆休みなのに12日が仕事だったんで、遠出が出来なかったのですが、休みの最後の2日に近場で1泊してきました。

まずは瀬戸大橋へ。
仕事で車で渡ったこともあるし、転勤の際は、マリンライナーで何度か岡山と高松を行き来したこともあるんですが、純粋に観光で行くのは今回が初めて。橋の真ん中にある予島PAまで行って戻ってきました。このPAは駐車場が2つあって、たまたま近い方の駐車場が混んでいたので、仕方ないなぁと思いながら、車で1分ぐらい離れてるもう一つの方へ行ったんです。

そこは瀬戸大橋 フィッシャーマンズ・ワーフと言う大げさな名前がついてる割にはガラガラなPAでした(^^; 施設は温泉があったり、熱帯植物園があったりで、整ってるんだけど、メインの駐車場があるから、奥まで行く気にならないんでしょうね。でもそっちへ行ったのは当たりでした。

それは瀬戸大橋クルージングがあったこと!
江戸時代に勝海舟が乗って、初めて太平洋を渡った日本の船、咸臨丸って聞いたことありません?たしか日本史で勉強したような(^^; それとどういう関係があるかは不明なのですが、咸臨丸を模した帆船型の観光船で瀬戸大橋をくぐって回ってきます。

この日は快晴で気温は35度超えてましたが、海の上は清々しい風が吹いて、めっちゃ気持ちいい。しかも船上から瀬戸大橋の全貌が見渡せるんです。これが壮観!残念ながら車の中にデジカメ置いたままで写真取れなかったんだけど、その分じっくり目に焼き付けてきました。

遊覧船と言えば、海から見る街並や夜景を楽しむのが多いと思うけど、瀬戸内海のど真ん中で橋だけ見るのって珍しくないですか。一見判りづらいところに乗り場があるんですが、瀬戸大橋行った方は乗って損はないと思いますよ。

これは予島のメインPAからの瀬戸大橋↓
a0031718_21504412.jpg


ちなみに善通寺は「サマータイムマシン・ブルース」のロケ地でした。五重塔見て来たけど、銭湯は見つけれませんでした(^^;
a0031718_21551785.jpg

[PR]
by borderline-kanu | 2007-09-02 21:25 |