【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
「紀元前1万年」
ローランド・エメリッヒの最新作。
「インデペンデンス・デイ」で大統領に戦闘機を操縦させ、「デイ・アフター・トゥモロー」では、息子のために極寒の中を父親にNYまで歩かせたりと、かなり無茶なことをさせてきました。今作では「はじめ人間 ギャートルズ」の世界をどう映像化するのか?はたまた何が起こるのか?

【久々の怒りモードです】
a0031718_1672097.jpg

ローランド・エメリッヒ、遂に「伝説」作っちゃいました!
「青い目の少女伝説」って何なん。麻宮サキの少女鉄仮面伝説なら知ってるけど(^^; 瀕死の重傷だったけど助かったじゃダメなんでしょうか。無理やりファンタジーにする必要を感じませんでした。使い古されたストーリーに何のサプライズも無かったんやから、最後は死んだ方が自然な気もする。

冒頭で、巫女が四本足の悪魔が現れ、マンモスを倒した英雄がエバレット(カミーラ・ベル)と結ばれると予言。悪魔は予言だけど、後半はほとんど指示ですからね。
二度目のサーベルタイガーの出現も唐突でしたが、これも「牙(虎のこと)と話す男の伝説」のためにわざわざ出てきてくれたりと、誰も知らないことを良い事に、予言と伝説だけで話を作り上げてます。

ストーリーが大雑把なのは予想できたけど、それにしても酷すぎた。じゃあ、映像が良かったかというと、これも意外と見せ場が少なかったんですよ。

人食いダチョウの旺盛な生命力と、くちばしで木登るというのは面白かったです。それと大きな鳥と言っていた船の造形は良かったかな。ピラミッドは出た瞬間おっと思ったけど、慣れると大したこと無い。マンモスって耳が小さいって初めて気づきました。

監督の作品で映像も見せ場ないとなると映画館で観る価値ないです。

2008年4月27日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
紀元前1万年@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-29 16:07 | 映画レビュー
「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」を代表するような、多くの人間が入り乱れるクライム・アクションは好きなんですよね。

暗殺者たちは、これでもかと曲者を集めました。
風貌にしろ、武器にしろ、死に方にしろ、たとえ雑魚キャラであっても、しっかりと出番を作っていているのは、監督の手腕なのかと思います。ただ、前半は特に、展開の切り替わりが早いんで、次に出てきた時、誰やったけ?と思い出すのが一苦労でした。

【ネタバレです】
a0031718_12134793.jpg

狙われてるエース(ジェレミー・ピヴェン)が一番魅力ないんだよなぁ。
マジシャンがギャングの真似事して尻尾掴まれるんやから、どうしようもないね。せっかくマジシャンなら、もう少しマジックを生かした出番があっても良かったんじゃないかな。

ラストシーンでベットに横たわってるエースとスパラッザを殺すのはいいんだけど、あれは都合良過ぎない?完全に上司のボーンヘッドでしょう。普通はあそこで伴って部屋の外に送り出すもんじゃないの。帰れとか言って、そのまま放置する意味が解らん。

もう一度観ると人物関係もすっきりして違う面白さも感じるかも。

2008年4月11日(金)DVD
スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-26 12:14 | 映画レビュー
「アイ・アム・レジェンド」
今頃、感想書いてますが、劇場で観ました(^^;

【ネタバレです】
a0031718_18451430.jpg

NYが廃墟になり、アフリカの草原のように鹿が群れ、ライオンが狩りをする光景は圧巻。アスファルトの隙間から草が生えてきて、大都市が自然に戻ろうとしている姿は、想像することすら無かったことなんで、衝撃でしたね。つかみはOKなんだけど、最初にインパクトがあった分、尻すぼみ感がより大きいんです(^^;

ロバート・ネビル(ウィル・スミス)がウイルスに感染したゾンビ?を捕まえる時のトラップを、真似するぐらいゾンビ達は賢いのに、その辺の伏線が置いてけぼりになったまま、最後は力攻めというのも、納得いかないんですよね。

ラストシーンでロバートが自爆して母子を助けましたが、隣に座っていたカップルが「最後は生き延びれば良かったのに。」と話していました。どこまで、ハッピーエンド希望やねんって心の中でつっこんでしまいました(^^;

あの状態で生き延びるのはさすがに不可能でしょう。あの母子だって隠れるところ見られている可能性高いから、生きてるのは十分奇跡じゃないですか。ただでさえ、「アイ・アム・レジェンド」なんていう題名で、ウィル・スミスの俺様映画臭がプンプンしてるんだから、少しはバランス取らないと。

全く先入観なしでみたのですが、気になって原作の内容を調べたら、ラストシーンはだいぶ変更されてました。最初に原作を映画化された「地球最後の男」はほぼ原作どおりらしいですが、この方がシニカルで面白いと思いました。気になる方は、こちらで→『ウィキペディア』

DVDにはアナザーエンディングがあるらしいのですが、それはロバートが生き延びる方か、原作に近い方なのか、興味あります。観た方がいたら教えてください。

2008年1月26(土) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
アイ・アム・レジェンド@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-23 18:46 | 映画レビュー
「アヒルと鴨のコインロッカー」
原作を読んだのがもう1年以上前なんで、細かい部分は憶えてないんですが、最初に映画化になると聞いた時、絶対に映像化無理やろうって思ったんですよね。だって、アレですから(^^;

【ネタバレです】
a0031718_1419310.jpg

正直言って今回は本を読まずに観たかったと思いました。それぐらい映画も大満足です。なんと言っても、椎名(濱田岳)はドルジ(瑛太)のことを河崎(松田龍平)と思い込んでるところをどう映像化するのかというのが、興味の的でした。

小説だからこそ出来ることだと思ってたんですが、逆に映像化向きの小説なんじゃないかと思ったぐらい上手かったです。
具体的に言うと、椎名はドルジに「ドルジは隣の部屋の男で、自分(ドルジ)は河崎」と思い込まされています。この設定で普通に映像にすると、話が成り立たなくなるんだけど、ドルジから聞く話は全て椎名の頭の中の想像ということにすることですっきり解決してます。画面の色もカラーじゃなくて、河崎はドルジ役の瑛太が演じ、ドルジは隣の部屋の男が演じるという、椎名視点だから、観てる方もうまく騙されちゃうんですよね。

伊坂作品は、「陽気なギャングが地球を回す」「Sweet Rain 死神の精度」を鑑賞しましたが、仏作って魂入れずじゃないけど、独特のテイストは画面から伝わってこなかったんです。しかし、この作品は話の構成は変えているものの、(逆にそれが映画としては正解!)台詞がそのまま使ってるところが多いのもあって、原作の良さを生かしてるなと思います。

引越した後、ダンボールをまとめながら椎名がボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさんでるのが聞こえたドルジが「ディラン!」と声をかける2度目のシーンは、それまでの塞ぎこんでいた気持ちが晴れたという感じがとてもよく出ていてて良かったなぁ。

一つ気になったのは河崎の死に方。いくらなんでも襲撃の途中の車の中というのは、HIVとは言え、いきなりでしたね。

2008年4月5日(土) DVD
アヒルと鴨のコインロッカー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-20 14:19 | 映画レビュー
2007年マイベストブックス
何を今さらなんですが、ただ忘れていただけです(^^;
まぁ、忘備録なのでお許しを。

何冊読もうという目標もなかったけど、2006年とほぼ同数の46冊。
通勤と昼休み中心に読んだにしては、なかなかのもんじゃないかと思います。
2006年マイベストブックス

この中からマイベスト3を選出!(順不同)

「三国志」1~13 北方謙三
北方謙三、食わず嫌いでした(^^;
吉川英治とはまた違う味わいがあります。張飛見直した!格好よかった。
三国志は別記事でも書きたいと思うんだけど・・・

「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎
昨年に続き伊坂幸太郎ランクイン!
初期の作品だけどインパクトは強烈です。リョコウバト見たい!

「ローマ人の物語 ハンニバル戦記」上・中・下 塩野七生
会社の人に勧められて読み始めたけど、すっごい面白いです。特にハンニバル戦記は、禁を破って土日も読んじゃいました。「ローマ人の物語」はまだ3分の1ぐらいなんで、2009年夏あたりに読み終わればいいかな(^^;

【2007年読んだ本 46冊】
読んだ順番に並べました。
特に勧めの本は後ろに★つけてます。

「アヒルと鴨のコインロッカー」★ 伊坂幸太郎
「ジョッキー」 松樹剛史
「破線のマリス」 野沢尚
「母恋旅烏」 荻原浩
「僕たちの戦争」★ 荻原浩
「なかよし小鳩組」 荻原浩
「ビフォア・ラン」 重松清
「墨攻」★ 酒見賢一
「メリーゴーランド」★ 荻原浩
「博士の愛した数式」 小川洋子
「真夜中のマーチ」 奥田英朗
「パイナップルの彼方」 山本文緒
「飛びすぎる教室」 清水義範&西原理恵子
「繋がれた明日」 真保裕一 
「三国志」1~13★ 北方謙三
「オロロ畑でつかまえて」★荻原浩 
「愛妻日記」 重松清
「邪魔」上・下 奥田英朗
「チルドレン」★ 伊坂幸太郎
「ローマ人の物語 ローマは一日にして成らず」上・下 塩野七生
「最悪」 奥田英朗
「誘拐ラプソディ」 荻原浩
「グラスホッパー」 伊坂幸太郎
「オーデュボンの祈り」 ★伊坂幸太郎
「ローマ人の物語 ハンニバル戦記」上・中・下★ 塩野七生
「サウスバウンド」上・下 奥田英朗
「インド旅行記1~北インド編~」中谷美紀
「楊家将」上・下 北方謙三
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-18 21:21 | 本&コミック
「アンフェア the movie」
ドラマはヨメさんに色々と解説してもらいながら最終回とスペシャル版だけ鑑賞。初回から観ようと再放送を全部録画したけど面倒くさくなって結局見れませんでした(^^; 映画は劇場で見なくて正解でしたね。

基本的にドラマの映画化でドラマ以上のものは生まれないと思ってます。
アンフェアも最終回しか観てないのに言うのはおこがましいけど、映画を作るために派手にせにゃならんというのが大前提で作ってるから、雪平夏見(篠原涼子)1人がどうこうできるレベルを超えちゃってるんですよね。それでもダイ・ハードのように1人で突入していきましたが・・・

それに、警察の裏切り者を出し尽くしちゃったから、新しく登場人物出してこないとならないのも、限界に来てるってことですよね。それでもエンドロール後を観たら続編作るつもりなんでしょうか?!

ドラマで登場人物の性格が掴めてる分(もちろん私はあんまり判ってませんけど。)いきなり車が爆発して、娘が病人に入院して、その病院がテロリストに占拠されるなんていうご都合主義であっても、話に乗っていけるのは悪くないことだと思う。でも、やっぱり2時間ドラマ以上のものではないと思いました。

映画化になる「SP」で全く同じストーリーにしても違和感ないんじゃないって思います。そう言えばテロリストに乗っ取られる病院の話、もう既にありましたね(^^;

2008年4月12日(土) TV
アンフェア the movie@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-15 22:47 | 映画レビュー
「ルパン」
小学生の頃、図書館には子供向きの本で、ルパンとホームズと少年探偵団(明智小五郎)の全集があって、最終的には全部読んだんですが、一番好きやったんがルパンでした。まぁ、多分にルパン3世の影響もあったんでしょうけど、怪盗なのに紳士なんですよ!人を殺さず、鮮やかに盗むのが格好いいんだな。それが映画になるとどうなるか楽しみでした。

何が良かったかって、ロケ地!
a0031718_22361120.jpg

2年前にフランスへ行った時に観たエトルタの岩壁が奇巌城だったとは!
本を読んで色々と想像していたものを何気に観ていたなんてびっくりでしたよ。ただ、あそこに盗んだ宝物を貯蔵するには塩で錆びるんじゃないかなと、少し無理がありそう(^^; それに、中盤では、ルーアン大聖堂やルーブルが登場し、ラストも骨の迷路カタコンブなんですよ。

フランスへはモネの足跡を辿るパリ~ノルマンディ地方~モンサンミッシェルの旅でしたが、映画「ルパン」のロケ地巡りでもあったとは、後付ながら嬉しい。
フランス旅日記も見てね。

【ネタバレです】 カタコンブの壁面 ↓
a0031718_22372068.jpg

ルパン、カリオストロ伯爵夫人、ボーマニャンの三つ巴の戦いをメインにルパンの子供時代からジジイになるまでの物語を描いている。
奇巌城でのボーマニャンとの戦いは、一昔前のCGぽくて迫力なく、フランス映画でアクション活劇ものというのは限界を感じましたが、ハリウッド映画になってしまうと独特の情感は出ないだろうし、難しいところですね。

カリオストロ伯爵夫人(クリスティン・スコット・トーマス)は魔女のような女だと思ってたんですが、設定的には本当に魔女なんですかね(^^;
いつまで経っても若く見える程度なら構わないんですが、ボーマニャンを誘う若い女がカリオストロ伯爵婦人だったシーンはあれどうなってんのって感じでした。ボーマニャンがもうろくしてる訳じゃないだろうし、まさかルパンのようにマスクしてた?!

ボーマニャンがルパンを本気で殺そうとするのが納得できない。
仮にも自分の息子だし、せめて思想や崇高な目的があって仕方なくというのなら、判らなくもない。だけども単に自分の過去を知る人間だからというのは、ルパン自身が決して人を殺さないというのに、親がそれかいという感じなんですよね。実際の物語ではルパンの父親は獄死のはずで、ボーマニャン=父親というのは映画的にはアリだと思いますが、もう少し設定がなんとかならんかなと思いました。

大人向けのルパンも読んでみたくなりました。

2008年3月30日(日) DVD
ルパン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-13 22:38 | 映画レビュー
「アメリカン・ギャングスター」
数年前までは、同じお金を払うなら、映画は長い方が良いと単純に思っていた時期もありました。でも実際は、2時間を越えると、詰め込みすぎて表面的な部分をなぞるだけだったり、逆に中だるみがあったりと、長ければ良いもんじゃないんですよね。だから、評判が良いのは知ってて鑑賞したものの、2時間半後越えは期待と不安が半々やったんですよ。

まぁ、そんなんは全くの杞憂でした(^^)

【ネタバレです】
a0031718_2191713.jpg

デンゼル・ワシントンやラッセル・クロウは、十分安定感のあるベテランなんだけど、ギャングものって、アル・パチーノやロバート・デ・ニーロという大御所が出てるイメージがあるから、この2人が主役というのは、意外と新鮮な気がしました。

ダブル主演ぽいけど、題名が現してるように、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)に肩入れしたくなるような物語になってるんですよね。やってることは悪でも、あのガツガツしてなさは紳士に見えるフランク。逆にリッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は女にはだらしないようだけど、あの時代ではまれにみる正義感という設定がコントラストになっていて面白い。

2人が出会うことがなかったのは、ボクシングの試合でのシーンを盛り上げるためだったんじゃないかと思うぐらい、リッチーがフランクを目に留めたシーンは興奮した。あれだけ目立つんじゃないと部下たちに言っていたフランクが、奥さんからプレゼントされた派手なコートを来て行った事が命取りになるというのも皮肉なもんでした。
そして、あの出会いから物語が加速していくところは、観客のツボを抑えてますね(^^)

フランクが捕まった後、司法取引で芋づる式に汚職警官が捕まっていくところは、さすがアメリカと思いましたよ。さらにリッチーが警官辞めて、最初に弁護したのがフランクというのも、やっぱりアメリカでしたね(^^; 2人がまだ存命だということが一番驚きでした。

2008年2月3日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
アメリカン・ギャングスター@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-10 21:10 | 映画レビュー
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
小学生の頃、立ち読みした雑誌に載っていたホラー漫画。
床屋のオヤジが頭がおかしくなって、ヒゲ剃る時にめった切りするってのが、あったんですけど、それ見てから、床屋でヒゲ剃ってもらう時は身構えるようになったんですよ。あの瞬間って、完全おまかせ状態でしょ、本当はリラックスしたのに、想像してしまうと変に肩に力入ってました。
そんな思い出が蘇ってくる映画だった・・・

【ネタバレです】
a0031718_22555861.jpg

ホラー映画は家で見るならいいんですけど、劇場では苦手、その中でもスプラッターは特にダメなんです。さらにミュージカルは好みのならいいけど、外れた時は眠くて仕方ない。そんな天敵が2つもあると・・・
これが意外にもにもミュージカルに助けられた(^^; 

元々ミュージカルなのは知っていましたが、いきなり歌いだすほどミュージカル色が強いとは思ってませんでした。大丈夫かなと思ったけど、これミュージカル無かったら、暗くて重くて、殺人シーンの描写は本当に残虐で見るのが辛くなっていたと思う。人肉をパイにしようと相談するトコなんて、あっけないぐらいでしたもんね。あれを暗~く話されたら、気が滅入りますわ。

無差別殺人鬼の単なる猟奇映画に成り下がらなかったのは、コスプレ好きジョニー・デップの迫真の演技と、ティム・バートン独特の映像美のおかげでしょうね。復讐の虜になった男が、いつの間にか殺すことを楽しんでいるところが、一番怖い。

ミセス・ラペット(へレナ・ボナム=カーター)の儚い恋心をカラーの映像で写してるシーンが、コミカルなんやけど切なかったですね。

2008年2月17日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-07 23:00 | 映画レビュー
2008 CINEMA
劇場で鑑賞した作品&2008年劇場公開作品のDVD鑑賞
合計13本。

基本的に【ネタバレ】ですので、これから見ようと思う方はご注意下さい。

CINEMA INDEX (ア行~タ行)
CINEMA INDEX (ナ行~ワ行、数字行)

★★★★★ ⇒大満足 ぜひ人に薦めたい!
「アメリカン・ギャングスター」
「ザ・マジックアワー」

★★★★ ⇒満足 劇場で見た甲斐がありました!
「題名のない子守唄」
「タロットカード殺人事件」
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
「潜水服は蝶の夢を見る」
「魔法にかけられて」
「ノーカントリー」

★★★ ⇒普通 映画の日なら
「アイ・アム・レジェンド」
「陰日向に咲く」
「Sweet Rain 死神の精度」

★★ ⇒不満 無理して観なくても(DVDで十分)
「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」

★ ⇒・・・ 好みでないことが解かって良かった
「紀元前1万年」

my favorite
2007 CINEMA
2006 CINEMA
2005 CINEMA
2004 CINEMA
2003 CINEMA
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-02 00:11 | 映画その他