【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「あるスキャンダルの覚え書き」
久しぶりに背筋が寒くなる映画に出会いました。これは本当に面白い!
【ネタバレです】
a0031718_2229632.jpg

事件が起きると近所の人の証言で、「あの人がこんな事件を起こすなんて信じられない。」というようなコメントが出ることが良くありますが、この映画のベテラン教師・バーバラ(ジュディ・デンチ)もまさに、そう言われるタイプの人です。

「バスの運転手に触れられただけで、電気が走った。」というような話があったように、バーバラは相手が女だろうが男だろうが関係ないんだと思います。恋愛の相手というより自分のことを理解してくれる人が欲しい、それが歪んだ愛情に変わっていくんだと思いました。

同性愛的なところがよりスキャンダラスなイメージを湧かせますが、本質は孤独をテーマにした作品です。

シーバ(ケイト・ブランシェット)のことを勝手に自分の待ち望んだ女性だと思い込み、盗み見しては日記に書いていく。これってストーカーそのものなんでしょうが、本人にはその意識が全くない。でも、それが長年、周囲から疎まれてきたことで、孤独な中、妄想することと現実の区別がつかなくなってきたのであれば、あまりにも切ない。本人の元々の性格もあるだろうけど、長年の置かれた環境で変わってくるものも大きいのだと思う。

一方、シーバは家族がありながら、ダウン症の息子のことで不安感を常に持ている。学校の生徒に言い寄られ、関係を持つことで、その時だけは不安が解消したような気になっているんだと思う。彼女も本心を夫に素直に言えず、孤独な気持ちをどこにぶつけたらいいか判らなくなってしまっていた。

自業自得なのはもちろんなんですが、2人の「なんで私のことを判ってくれない!」という気持ちが多少は解る気がするんですよね。

これを映画だからと言うのは簡単だ。
しかし、日本だって今後ますます高齢化が進んでいき、孤独な生活をしいられる人だって増えてくる。また、家庭があっても会話がないとやはり孤独なことには変わりない。そう思うと自分の人生をどう生きるかってことまで考えさせられてしまう作品だと思います。

バーバラの唯一の友達である猫が死んで、葬式に一緒に行くことを強要するあたりからの畳掛ける怒涛の展開は見応えあります。
シーバを追いかけてきたレポーターが、家から出てきたバーバラを「婆さんだ!」というシーンはあまりにも失礼なんだけど、イギリスではあんなもんなんですかね(^^;
ラストで新しい獲物を見つけたバーバラが会話をするシーンは、得体の知れない怖さを感じました。レクター教授のように見えましたもん。

無駄なシーンが一切なく、バーバラの孤独を焙り出すような物語に目が離せませんでした。

2008年5月6日(火) DVD
あるスキャンダルの覚え書き@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-08-17 22:29 | 映画レビュー
昼夜逆転
2ヶ月を過ぎた頃から、少しづつ昼間起きている時間が長くなり、夜は2回は起きるけど、グズルことは少なくなってきました。

基本的に夜は、22時~2時ぐらいが私が見ていて、その間にヨメさんが仮眠、マット君がミルク飲んだ後に交代というのがうちのパターンでした。最近、0時前後にミルクを飲むと次は4時に飲んで、8時ぐらいまで寝るという流れになってきていたので、油断していたんですよね。

それは8月12日から始まりました。
恐怖の昼夜逆転(^^;

0時頃、「今日は私が見るよ。ミルク飲んだら寝るだろうから。」とヨメさんが言ったのに甘えて、寝ていたらマット君の泣き声で目が覚めた。時計を見ると3時、見に行ったらずっと寝てないらしい。たまにはこういうこともあるだろうと思って、そこで交代したら5時半までずっと起きてました。しかも抱いてないと泣き出す最悪モードやったんですよね。

13日、私は朝から阿波踊りの応援(裏方)で徳島に行くので、帰りは夜中。 
睡眠時間3時間半で、演舞場までの送迎や食事、飲み物の送り届けと家に戻るとフラフラで風呂に入ったら寝てしまったんです。
だからヨメさんがマット君見てくれたんだけど、0時から寝たんで、ホッとしてたら2時に起きて8時までずっとグズッてたらしい(>_<) 私はそんなこと気づかず夢の中、ヨメさんはグロッキー状態でした。

14日も、0~6時はほぼ起きっぱなし、15日にはなんとか元に戻りつつあるといった感じです。お盆休みにやってくれるとは、平日なら間違いなく仕事に差支えがあるレベルやったんで、助かったと思うことにしてます(^^;
[PR]
by borderline-kanu | 2008-08-16 18:25 | 子供
初めての親バカ
マット君は生まれた時、2808gと小さかったのもあってか、顔が小さくて顎のラインもシャープ、しかも目が大きいので、贔屓目に見ても、同じ頃に病院で生まれた赤ちゃんのなかで、一番可愛いと思ってました。

生まれる前は、五体満足で元気であれば、と言ってたのに現金なものです。

マット君は母乳は苦手なようで心配したけど、ミルクはしっかり飲んだので、1ヶ月健診の頃には、4168gまで増えていました。最初は体の大きさに比例してか、泣き声も弱々しかったから、先生に順調ですと言われて2人とも大喜びでした。

しかーし、体重の増加とともに、男前だと思ってた顔もみるみる大きく丸くなっていき、まず首がなくなりました!しかも顔が大きくなると、目自体の大きさは変わらないので、相対的に小さくなりますよね。そこには生まれた時とは別人のマット君がいたんです(^^;

子供は元気であれば、十分です!
[PR]
by borderline-kanu | 2008-08-13 19:31 | 子供
北京オリンピック開会式
オリンピックの開会式を初めてライブで観た気がする。

時差の関係で昼間だったり、夜中だったりのもあるけど、基本サッカー以外にそれほど興味がないからだと思う。どちらかと言うと、冬季オリンピックの方が観たい種目が多いんですよね。
それでも、今年は21時からなので、しっかり観ましたよ(^^)

もうカウントダウンから度肝を抜かれました。
残り10秒からの漢字と数字のダブルカウントダウンには、どっかで間違わないかなぁと変な期待もしながら、ワクワク感を増幅させていきますよね。

人的資源が豊富な中国ならではの人海戦術と、色彩鮮やかでワイヤー使いまくりな演出が見事に融合していて、チャン・イーモウらしかったなぁ。それにしても、総予算どれぐらいなんでしょうか?まさに中国の威信をかけたと言う言葉がぴったりですね。胡錦濤主席の自慢げな笑顔も納得の出来だったと思いました。それと花火が鳥の巣から噴き出した時はテロかと一瞬思うぐらい、強烈でしたね(^^;

難点はテレビで観るには長すぎます。
会場に居れば、また違うかもしれないけど、集中して観てたのは、ハトの演出ぐらいまでで、後はマット君がぐずったのもあるけど、流して観てました。

選手入場の時、中国の女性スタッフが並んで、拍手とステップを踏んでいたんです。最初は元気にやってたのが、時間が経つとともに頑張ってる人と流してる人がいて、バラバラ具合が面白かった。

2時間たって、ラストの中国の選手団が来た時には、彼女たちは今までにないぐらいの笑顔で応援してました。これは中国選手団というのもあるけど、やっと最後だと思って嬉しかったんじゃないでしょうか(^^; 開会式の個人的なツボでした~
[PR]
by borderline-kanu | 2008-08-09 13:08 | 雑記
坊主頭
先日、中学生以来の丸刈りにしてきました。

罰ゲームじゃないし、世界のナベアツの奥さんに触発された訳でもありません。ちなみに奥さんが坊主頭にした理由は「毛根をリセットしたかった。」らしいです・・・ 名言ですわ。

1年ぐらい前から、丸刈りしようかどうか迷っていて、こう書くとめちゃくちゃ優柔不断ですね(^^; 最近は坊主頭なんて珍しいこともないんだけど、いざ自分がするとなると、頭の形があんまり良くないのもあって、躊躇していました。でもそんなに悩んでいたのがアホらしかった!なんと言っても楽だし、気分までスッキリするもんですね。

刈り上げた頭を擦るとサワサワして気持ち良いから、無意識に触っちゃうんですよ。歩きながら、会社でコピーしてる時、ブログ書いてる時も。この気持ち良さも短い間だけと思うと、余計に触ってしまいます。

それと髪切った初日、シャンプーが目に入りました。
普段使ってる量だと、多すぎて、泡立つ前にツーと伝って、目に入っちゃったんですよ。これからはシャンプー3分の1の量で十分。香川では、東京や大阪と違い、全く雨が降らなくて、今第2次取水制限中なんです。節水するにはちょうど良いかも(^^;

心配だったのは、マット君に違う人と間違われて泣かれるたらどうしようと思ったけど、大丈夫でした(^^)
[PR]
by borderline-kanu | 2008-08-06 00:35 | 雑記
「あなたになら言える秘密のこと」
映画を劇場で観ることはしばらく無理だと思ってましたが、DVDさえ観る時間がないとは思ってませんでした。この前も録画していた「千と千尋の神隠し」を夜中にミルクあげながら、4日かけて観終わったぐらいですから(^^: こんな調子なんで、初めて観る映画は、今は控えています。これは、子供が生まれる前に観ていた作品のレビューです。

イサベル・コイシェ監督の「死ぬまでにしたい10のこと」は死をテーマにしながらも、女の子受けする作品だったと思います。同じ調子で気軽に観たら、痛い目に会うのは間違いありません。

【ネタバレです】
a0031718_20504448.jpg

ハンナ(サラ・ポーリー)は謎だらけです。
何故、独りぼっちなのか、補聴器をしないといけないか、自分から電話しても話さないのか、チキンとライスとリンゴだけの食事なのか、唯一判るのは、人を避けているということぐらい。

そんな彼女の変化を表しているのが食事なんですよね。
最初は食事することさえ、面倒とでも言うようなものだったのが、海上油田採掘所でジョゼフ(ティム・ロビンス)の食べ残しを隠れて食べるところは、少し前向きに生きようとしてるのかと思える。また、採掘所から帰ってきてからは、自分で調理したものを弁当にしていたりと、気持ちの変化が見えずらい分、食事という生きていくには不可欠なものに対する彼女の接し方で表現していましたね。

ハンナの告白シーンは、聞けば聞くほど、辛くなりました。
あえて映像がなく彼女の語りだけ、これがかなりシビアなんですよ。映像がある方が、えげつないとは思うんですが、聞いたことを頭の中でイメージする方が、精神的にキツイかったです。
秘密って、色々あるけど恋愛とか家族とかの話だと勝手に想像してたこともあって、ヘビー級でしたね。

根本的なところで納得できないことがありました。
ジョゼフは、友人を自殺に追いやり、助けようとして自身も肉体的にも、精神的も大きな怪我を負った。だからと言って、ハンナの告白を聞き、彼女を助けられる、お互いに必要な存在だと本当に思えるんでしょうか。

ジョセフは自分自身の過ちが起こした結果だけども、ハンナは自分でどうすることもできずに、生き残ってしまったことさえ後悔してるような状態です。私は2人はどちらも精神的な傷を負ってるけど、その度合いは全く違うと思ったんです。

ジョゼフのような経験をしてるわけじゃないから、偉そうなことは言えないけど、私ならとても彼女の人生を背負うようなことはできないと思ってしまう。もしかしたら自分より大変な目にあってる人がいて安心してしまうかもしれない。自分の心の狭さを発表するのは情けない限りですが、この作品を観て素直に共感出来ない自分がいます。

ただ、映画としては、人はどう過去を背負い、未来に希望を見出して行くのかということがテーマだと思うので、それは上手く描かれていたと思います。特にラストシーンはホッとしました。

2008年5月8日(木) DVD
あなたになら言える秘密のこと@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-08-03 21:09 | 映画レビュー