【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2008年マイベストブック
例年より、多少少なくなったものの40冊。月平均3冊以上なので悪くないペースだったと思う。

昨年はとにかく長編が多かった。年初に読んだ「沈まぬ太陽」はとても面白いけど、読んでいて何度も心が折れそうになった。実話をベースにした話なので会社の中で主人公と同じ立場にたったらと思うと、気が滅入って仕方ありませんでした。映画化されるようなので、どうなるかは楽しみです。
東野圭吾は、私はあまり合わないみたいです。チョイスが悪いのかもしれないけど、登場人物があまり魅力的に感じないんですよ。何かお勧めがあったら教えてください。
今年はローマ人の続きと北方謙三の「水滸伝」を読もうと思ってるので、相変わらず長編ばかりになりそうかな。

2006年マイベストブックス
2007年マイベストブックス

この中からベスト3を選出!(順不同)

「半島から出でよ」 村上龍
以前借りていたハードブックを上巻途中で新幹線の中に忘れてしまったことがあったんですよね(^^; だから、続きが早く読みたかったんですが、やっと読了。登場人物がやたらと多くて、(特に北朝鮮の人は名前が難しい!)何度も人物紹介を確認しながらでしたが、手に汗握る展開にドキドキしました。本の中の日本にどんどん近づいているようで、ほんとに怖いっす。

「チーム・バチスタの栄光」 海道尊
これは面白い!登場人物のキャラクターは漫画みたいだけど、一気に読ませる魅力に溢れています。ロジカル・モンスター白鳥は反則でしょ(^^;

「ローマ人の物語」昨年読んだの全部 塩野七生
昨年読んだのが、カエサルの出現からローマ帝国誕生までの部分でした。英雄としてのカエサルの魅力がふんだんに描かれています。これは作者の塩野七生さんの思い入れもたっぷりと入ってるようですが、この長大な物語のハイライトであるのは確かだと思います。

個人的には、カエサルの後継者であるアウグストゥスの皇帝としてよりも一流の政治家としてのしたたかさが印象に残った。共和制を取り戻すと宣言しながら、徐々に帝政へ移行準備をする抜かりなさに怖さを憶えました。

【2008年読んだ本 40冊】
読んだ順番に並べました。
特に勧めの本は後ろに★つけてます。

「沈まぬ太陽」アフリカ編上・下 山崎豊子
「ローマ人の物語 勝者の混迷」上・下 塩野七生
「空中ブランコ」★ 奥田英朗
「死神の精度」 伊坂幸太郎
「ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以前」上・中・下 ★ 塩野七生
「Q&A」 恩田陸
「沈まぬ太陽」おすたか山編 山崎豊子
「沈まぬ太陽」会長室編上・下 山崎豊子
「半島から出でよ」上・下 ★ 村上龍
「チーム・バチスタの栄光」上・下 ★ 海道尊
「ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以後」上・中・下 ★ 塩野七生
「時効警察」★ 三木聡ほか
「ウェブ時代をゆく」★ 梅田望夫
「犯人に告ぐ」上・下 雫井脩介 
「ゲームの名は誘拐」 東野圭吾
「延長戦に入りました」 奥田英朗 
「インド旅行記2 南インド編」 中谷美紀
「明日の記憶」★ 荻原浩
「神様のパズル」 機本伸司
「食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字〈上〉」★  山田真哉
「食い逃げされてもバイトは雇うな なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉」★  山田真哉
「魔王」★ 伊坂幸太郎
「ローマ人の物語 パクス・ロマーナ」上・中・下 ★ 塩野七生
「ウランバーナの森」奥田英朗
「銀河英雄伝説外伝1」 田中芳樹(再)
「銀河英雄伝説外伝2」 田中芳樹(再)
「信長の棺」上・下 加藤廣
[PR]
by borderline-kanu | 2009-01-27 23:00 | 本&コミック
モス とびきりハンバーグサンド
携帯で撮ったマット君の写真を見ていると、これが出てきました。
a0031718_2252423.jpg

食べたのは年末の話なんですが、写真見るとまた食べたくなってきた(^^;
マクドの噂のクォーターパウンダーは四国ではいつ発売かも判らないので、モスの新製品とびきりハンバーグサンドを食べてみました。

写真でも分かるように、肉がパンからはみ出るぐらいボリューム感満点で、食べ応え十分!それ以上に気に入ったのはソース。デミグラスソースにトマトを入れたものなんだけど、トマトの酸味が中和されて上品な味になっています。ソースに入ってる玉ねぎの甘みがハンバーグとうまくマッチして美味かったです。

同じくモスの匠味バーガーも食べたことがありますが、それと比べてもソースの分上だと思います。値段も匠味が確か600円ぐらいだったので、それと比べても390円というのは頑張ってるんじゃないでしょうか。最近マクドも値上げしてるしね(^^;

もう一つ嬉しかったのは、電話代のこと。
自宅からマクドとモスがチャリで5分以内で行けるので、特にマット君が生まれてからは度々お世話になっています。

モスは出来上がるまで少し時間がかかるので電話で予約してから、行くのですが、「THANK YOU」と書かれている小袋に10円を入れて、電話代として頂けるんです。これは金額じゃなく、気持ちがすごく嬉しいんですよね。他のテイクアウトの店もやってるのかもしれないんだけど、貰えると思ってなかったから余計に嬉しさ倍増です。

元々モスは好きだったのですが、また好感度アップ(^^)

ちなみに好きなバーガー、サンドイッチ類ベスト3
1、サブウェイ えびアボガドサンドにバジルマヨネーズソース
2、モスバーガー とびきりハンバーグサンド
3、モスバーガー ロースかつバーガー

マクドのダブルチーズバーガー、ロッテリアのリブサンド(絶品バーガーは食べたこと無いので)はベスト3には入らないけど、私の中の定番メニューです。
販売終了したものであれば、フレッシュネスバーガーのスパムサンドはベスト3に割り込んで来ますね。今はスパムバーガーがあるそうですが、近くに店がないからなぁ・・・
[PR]
by borderline-kanu | 2009-01-15 23:08 | 雑記
「アフタースクール」
「運命じゃない人」に続く内田けんじ監督第2作です。

母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。(シネマトゥデイ)

【ネタバレです】
a0031718_22564398.jpg

冒頭のぎこちなさは、後半でしっかり判るようになっているので前半から見逃せません。

もうすぐ子供が生まれるはずなのに何か晴れない顔をしている木村(堺雅人)。ベビーベットの設置を木村の友人で高校教師・神野(大泉洋)と一緒にするおっさん。神野が久々にあった同級生の探偵・北沢(佐々木蔵之介)に文句も言わず木村探しの手伝いをするのは?子供が生まれる時に車で病院へ送ってくれた人がなんで出産後もずっと立ち会ってるのか?あんなに探してた木村が自分の部屋でくつろいでるのを見ても、なんだか的外れな会話になっていたりと、挙げだしたらなんぼでも出てきそうなぐらい、小さななぜ?がたくさんあるんですよね。

そう思いながら、見続けると一瞬で置いてけぼりにされてしまいます。
えっ、えっ、えっ、今まで見てたの何だったの?って感じ。柔道で組んだ瞬間に投げ飛ばされて、自分がなぜ畳に倒れてるか分からなくなることに似てる気がします(^^;
ここで一旦リセットされてから、解決編へ突入!

実は木村の勤める会社の不正を糸口に議員を逮捕するために、警察の手伝いをしていた!私は善良な国民なんで判りませんが、一般人が半年もそんなことさせられるもんなんですかね(^^;
そのあたりのリアリティは微妙な気もします。

それでも心地良いドンデン返しにラストのエレベーター内での木村と神野の妹(田畑智子)の会話が恋人同士じゃなく、失恋を慰めてるとこだったのも、思わず笑ってしまいました。

今回は鑑賞後、すぐ2回目を観てしまいました!
そうすると俳優たちの微妙な表情や行動が手に取るように判って、本当に楽しかった。あゆみ(常盤貴子)のことを実は好きだった木村、子供のお腹にさわる仕草なんて、理由を知ってるとせつなくなってきます。

そしてあゆみのお父さんかと思っていたら、実は警察であったり、ベビーベットの設置を手伝った人や病院に連れて行ってくれた人もみんな警官だったり。神野が木村と妹が一緒に写ってる写真を見た時に、北沢が怪しいと感じた目線など、1回目よりも違う楽しみがたくさんありました(^^)

2009年1月4日(土)DVD
アフタースクール@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-01-11 23:05 | 映画レビュー
「HERO」
地上波で観ました。
キムタクは何をやってもキムタクなので、ドラマはあんまり観ないのですが、当時初回だけと思って観たら面白くて、結局全話も観てしまいました。そして正月の2日、3日にドラマの一気再放送とスペシャルドラマまで再放送という強力な番宣にも乗せられて、予習のうえ鑑賞(^^;

法廷モノは好きなのですが、そういう目で観ると物足りない。でも連ドラの延長と思えば、それなりに楽しめると思います。

【ちょっとネタバレです】
a0031718_85771.jpg

ドラマの映画化でお金も掛けられるのは判るけど、イ・ビョンホンを出すためだけに韓国に行ったりするのは止めて欲しいです。あんなのただの客寄せパンダじゃないですか。韓国編を全て削って、骨太な法廷劇に仕立て上げたら映画化の意味もあったと思うんですけどね。

携帯で撮った写真が証拠になるのは面白いけど、あんな悪そうな顔で見事に映ってる写真、あの放火犯(古田新太)がなんで撮ってたんでしょうね(^^;

スペシャルドラマともかなり関連があるようになっているのは、どうなんでしょう。
久利生公平(木村拓哉)が中井貴一(役名忘れた)に会いに行くシーンが2度ありますが、あれはドラマを観ている人には嬉しいかもしれないけど、そうでなければ、なぜ会いに行くか伝わらない。ドラマ観てるのが前提みたいなのをいれるんであれば、映画じゃなくて十分じゃないでしょうか。映画だけ観ても理解できるものを作って欲しいと思います。

色々書きましたが、正月に家でのんびり観るにはちょうど良い作品かも(^^;

2009年1月3日(土) TV
HERO@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-01-06 08:05 | 映画レビュー
天皇杯決勝「ガンバ大阪vs柏レイソル」
あけましておめでとうございます。
今年もマイペースですが更新していきます(^^;

決勝も120分間、戦い抜きました。
天皇杯優勝&ACL出場、おめでとうございます!
厳しいスケジュールの中で掴み取った勝利を誇らしく思います。リーグ開幕まで短い期間ですがしっかり休んで2009年も素晴らしいゲームを魅せてください。

この試合、2列目からFWを追い越す動きがあまりなかったところをみても疲労困憊でやりたいことができなかったんだろうなと思います。ただガンバの方が体力的には厳しいはずなのに、延長後半まで交代をしないのは、どうなのかと思いました。

負傷を抱えながら戦ってる選手が多いこともあり、簡単にカードを切れないのも確か。またNHKの解説で山本さんが、スタメンで使わず播戸を温存することで交代の切り札を持っているというような趣旨で話していましたが、それにしてもスタメンを引っ張りすぎな気がします。

前半最初はレイソルのハイプレッシャーにボールが繋げない状況だったのが、20分過ぎからはガンバがポゼッションを上げて行き、後半はレイソルがフランサ、李を交代で出しても点が取られる雰囲気は無いぐらいボールキープが出来ていました。しかし、ガンバが得点できそうな気にもなりませんでした。

播戸を切り札と考えているなら、延長があることを考慮しても後半30分前後で投入するはず。いつも監督が言うように攻撃的な選手を入れることで勝ちきると言うメッセージがあるからです。それでも山崎をあそこまで引っ張ったのは、監督の中での播戸に対する信頼度がかなり低かったのかなと思います。(あれだけ点が取れないと仕方ないけど) 

監督の評価なんて紙一重で、勝てたから良かったものの、負けていれば、采配に疑問と言われても仕方なかったんじゃないだろうか。

ガンバは他のクラブと比べても控え選手の能力は低くないと思います。
その能力を発揮するには試合で経験を積むしかないし、移籍で来た実力がある選手でも、コンビネーションは実戦の中で熟成されるもんです。西野監督のおかげで、ガンバは強豪と呼ばれるようになりました。しかし、スタメンを固定する傾向が強いため、良い面もあるけど、控え選手のモチベーションを下げたり、本当に使わないと行けないときに力を出し切れなかったりと試合数が多くなればなるほど弊害もあります。

今年もACLに参戦できることになったので、昨年並みのハードスケジュールは必至でしょう。補強はFWで2人、CBで2人実力がある選手を獲得するようです。ターンオーバーとまでは行かなくても、ある程度ゲームに応じて選手の入替えをしていけるチーム作りを西野監督に期待したいです。水本の二の舞はごめんだ(^^;
[PR]
by borderline-kanu | 2009-01-03 23:23 | サッカー