【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「ウランバーナの森」 奥田英朗 文庫本
風変わりなというのがぴったりな作品です。
私が手にしたのは、奥田英朗のデビュー作という理由でした。買ってからもなかなか読む気が起きなくて、1年ぐらい寝かせていたけど、ヨメさんが面白いと言っていたので、読み始めました。

「イン・ザ・プール」をはじめとする伊良部シリーズのコミカルさでもなく、「最悪」、「邪魔」といった不幸のどん底に落ちていくクライムサスペンスでもない。ジョン・レノンが凶弾に倒れる前年に日本の軽井沢でバカンスを過ごしていたということをモチーフにした、架空の作品です。他の作品とあまりにも毛色が違ってるという思いが、読むのを躊躇させていました。

主人公は世紀のポップスター、ジョン。今は奥さんの故郷である日本で隠遁生活を送っている。ジョンは便秘になってしまう。それも並大抵のものではなく、何週間もずっと出ない。便をきばる音が凄い、例えば「ふがばばばばっ。ふんむ。うりゃりゃりゃりゃっ。」(原文まま)とか、音の表現が多彩です(^^; ほんとに中盤までずっとこんな調子なんですよ!

彼はジョン・レノンではなく、あくまでもジョンなんだけど、頭の中ではこの音を読むたびに、ジョン・レノンが便秘で苦しんでる姿を想像して、苦笑いが出てしまいます。読んでいて不安になる頃から、ファンタジーな展開になっていくのですが、その中ではジョンの過去のトラウマや気になっていたことが見えてくるんですよ。

読み終わって、もう少しジョン・レノンがどういう人か知っていたら、もっと面白く読めたんだろうなという気はしました。ファンタジーなところは好き嫌いが出ると思いますが、便秘の理由も最後には明かされるので上手くまとまってると思います。

デビュー作でこういうのが書けるのは、奥田英朗の懐の深さを感じましたね。
人に積極的に勧める作品ではないけど、冒険してみたい方は読んでも損はないと思いますよ(^^;
[PR]
by borderline-kanu | 2009-03-28 15:04 | 本&コミック
「ナイチンゲールの沈黙」 海堂尊 文庫
シリーズ2作目なのにこの作品を飛ばして「ジェネラル・ルージュの凱旋」が映画化された訳が読んでみて判りました。「チーム・バチスタの栄光」のイメージで読み始めると肩透かしを食らってしまいます。

前作が手術室内での殺人という狭い空間での出来事で、実際には医療に詳しくないのでわからないけど、十分にリアリティを感じさせてくれます。そういった硬質な中に田口と白鳥コンビの会話が良いアクセントになっていて、エンターテーメントとして上質な作品でした。

それに比べると、小児科医療や緊急救命という医療問題にスポットをあてているものの肝心の事件は、病院外で起こるし、犯人探しというより、どうやって自白させるかという面に重点が置かれている。それ自体は悪くないけど、解決方法がファンタジー色が強くて、田口も白鳥の出番も少なくて物足りなさが残りました。

それでも登場人物が増えて、白鳥みたいな尖がったキャラは1人で十分と思っていたら、デジタル・ハウンドドッグの加納警視、救命救急の速水部長や小児科の猫田師長など一癖も二癖もある人たちの描き方は相変わらず上手いなぁと思いました。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」の粗筋だけ読んだんですが、この話と同時進行で起こった出来事らしい。その粗筋読んだ時が、ちょっと衝撃でした。そう来たかと(^^; この本の位置づけも重要になってくるんでしょうね。「ジェネラル・ルージュの凱旋」も早く読みたいと思います。
[PR]
by borderline-kanu | 2009-03-23 00:10 | 本&コミック
「チーム・バチスタの栄光」
原作→ドラマと来て、やっと映画に辿り着きました。
後の祭りですが、できれば映画→原作→ドラマで観たかったかな。ドラマは視聴率アップのため、毎回盛り上げないといけないというのがあるというのは理解できるけど、チームから3人も犯罪者出したら、さすがにまずいでしょ(^^;

少なくともドラマよりは先に映画を観たほうが楽しめると思います。
「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督であっただけに、期待してたんだけどね。

【犯人以外のネタバレです】
a0031718_2355215.jpg

これは原作を読んだ時にも思ったのですが、この世界観は漫画やアニメにするのが一番だと思う。登場人物のキャラが立ちすぎていて、リアルな映像ではイメージしずらいんですよね。それでも白鳥役をするなら、古田新太。芝居での演技はオーバーアクションなんで、白鳥のハチャメチャさは舞台俳優の方がしっくりくると思う。それに阿部寛やドラマの仲村トオルのようにスマート過ぎないほうが良いです。

ただ主役級なので興行的に考えると、誰にするかというのは限られてくるんでしょうね。それはもう一人の主役田口も一緒で、女性の竹内結子に変えることで映画が華やかになったけれども、田口の一見凡庸に見えても、冷静な観察力と意外と肝が据わってるあたりの懐の深さが見えてこなかったです。最後の謝罪会見は田口が一番輝くシーンだと思うのですが、田口は出ずにあっさり終わってましたしね。

2時間ほどで、収まりきる内容ではないのでピックアップしないといけないのは承知のうえですが、ことごとく原作の良さを消してしまって、普通の作品になってしまった気がします。

先ほど書いた謝罪会見もそうですが、解決に向けて犯人を絞っていく上で肝になる、田口と白鳥コンビによるバチスタチームの面談シーンも非常にあっさりしてました。

医療の問題としては、解剖ができないために本当の死因が解明できないという現実に対して、オートプシー・イメージング(死亡時画像診断)という方法を提示している。これが犯人を見つける決定打になるんですが、日本ではまだまだ認められてないとのこと。死体をCTスキャンするという一見乱暴な考えかもしれないけど、医療の質を高めていくという見地で考えると普及してもおかしくない。そういった想いが原作からは滲み出ているんですが、映画になると全てが薄味な気がしました。

どうしても原作を先に読むと厳しくなってしまうのですが、観終わった後にあーだこーだと話す分には楽しめたと思います(^^; 「ジェネラル・ルージュの凱旋」も原作が先になりそうなので、映画はDVDかTV待ちです。期待はしないけど楽しみにしておきます。

2009年3月11日(木) TV録画
チーム・バチスタの栄光@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-03-17 23:55 | 映画レビュー
悲喜こもごも
マット君が生まれて、お風呂に入れるようになってから、肌の乾燥がなくなったんですよ。それまで、社会人なってから15年以上、ほぼシャワーのみの生活だったから、30代に入ったら毎年手足が乾燥で痒くてしかたなかったんです。毎日ボディミルクを塗るのが日課になってました。

年を取るってこういうことなんだろうと思っていたんですが、ちゃんと毎日湯船につかるだけで、この冬はボディミルクほとんど使わずに済んだんですよ!20代の体が戻ってきた気分。もちろん、体の表面だけで、健康診断するたびに体の中は下がる一方ですが・・・

こうやって喜んでいたら、落とし穴。
2年ぐらい前から兆候はあったんです。今年爆発しました花粉症(T_T)

噂には聞いてましたが、昨日一気に症状が出たときには、どうでもしてくれって感じになりました(^^;
目、鼻、喉と粘膜全滅だと、こんなにも集中できないんですね。
あまり薬は飲みたくないけど、買いに行きます。
[PR]
by borderline-kanu | 2009-03-11 22:53 | 雑記
「ストリングス/愛と絆の旅路」
あやつり人形劇は今までほとんど観たことがなかったけど、この作品を観ようとした時に思い出したのが、「マルコビッチの穴」。劇中劇としてあるマリオネットの動きは、魂が入ったようで芸術の域に達してるなとほれぼれしました。

この作品は、物語全編をあやつり人形だけでクオリティを落とさずに表現できるのだろうかという点に非常に興味を持って鑑賞しました。

【ネタバレです】
a0031718_17231749.jpg

普遍的な内容で、物語の面白さという面では期待できませんが、あやつり人形という動きに制限があるものを逆手にとって、世界観を作っているのが面白かったです。いやでも目に入るあやつり糸が彼らが生きるための生命線なんです!そうすることで、糸の多さが見ていても全く気にならなくなって来るんですよね。

それどころか、糸を生かした演出が秀逸でした。
例えば、子供たちが遊びで、絡まっちゃったと自分たちで糸を絡ませて、親に解いてもらったり、牢屋では、格子状の屋根があるためにあやつり糸が自由に動かせなくて、それが移動を制限するためのものとして描かれている。
そして、牢屋からの脱出方法が格子の屋根を落とすことだったりとアイデアの豊富さに舌を巻きますね。

人形の口が動かないので、どうしても表情の乏しくなるのは残念だけど、大人が観ても十分楽しめる作品だと思います。

2009年1月23日(金) DVD
ストリングス/愛と絆の旅路@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-03-01 18:27 | 映画レビュー