【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
DVD借りてから上映時間が3時間近くもあることに気づいて少し後悔。長い映画も劇場で観る分は仕方ないと思うのですが、家だと子供がいるとこれだけの時間集中することができないのが難点です。でもなぜか大人しくしてくれたので、助かりました(^^;

80歳で生まれ若返っていく男の話。不幸にしようと思えばいくらでもできると思うし、そういった映画かなと想像していたのですが、ベンジャミンがどちらかと言うと幸せな一生を過ごした(少なくともマイナスだけない)ところに、人生の味わい深さを感じました。

【ネタばれです】
a0031718_22461270.jpg

デイジー(ケイト・ブランシェット)が死ぬ間際の病院で娘にベンジャミン(ブラッド・ピット)の日記を読んでもらうところから始まります。
この日記を読むことで、ベンジャミンだけでなく娘の知らなかったデイジーの人生も明らかになってくる。とても丁寧に2人の人生を追っかけてますが、特に前半は現在に戻るのが頻繁で話の流れが切られがちな気がしました。

ベンジャミンは生まれた時から、いつ死んでもおかしくないと医者に言われていたので、体が丈夫になり若返っていくのが実感できるたびに、老人顔で嬉しそうに笑う姿がとても印象的だった。生まれた時から死が身近にある分、彼はチャレンジすることに積極的だったのかな。
最後もデイジーの腕に抱かれ息を引き取るなんて、羨ましい死に方ですよね。

デイジーはベンジャミンが普通の老人とは違うと見抜ぬく。子供の直観力って、大人には見えないものも感じてしまう所があると思うのだけど、まさにそういったシーンでした。

お互いに惹かれながらも、年齢と見た目のギャップに上手くいきませんが、2人がちょうど実年齢に相応しい年頃から一緒に過ごすようになったのは必然なんでしょうね。

それにしても2人のメイクは素晴らしかったです。10代から80代まで全く違和感なく観れました。デイジーが交通事故で入院し、ベンジャミンがパリまで見舞いに来た時、「本当にあなたなの完璧。」と言っていましたが、全編通して、2人とも完璧でしたよ!

オープニングで、ボタンを使ってワーナーブラザーズとパラマウントのロゴを表現してた意味が分からなかったけど、父親の会社がボタン会社と知って、ニヤッとしてしまいました。
雷に7回撃たれた男は、ルパン3世にありそうな感じでしたね(^^;

2009年10月11日(日)DVD
ベンジャミン・バトン 数奇な人生@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-10-25 22:51 | 映画レビュー
「空中庭園」 角田光代 文庫本
角田光代、名前だけ見ると浅香光代の顔が浮かんでくるのですが、写真で観るとチャーミングな方でした(^^; ヨメさんの好きな作家の1人。何冊か家にあった中で、映画化されたこの作品をチョイスしてみました。

シルバーウィークがあったこともあって、読了するのに2週間もかかってしまった。読みやすいし、悪いことばかり起こるという話でもないのだけど、毒気に当てられて、ページが進まなかったんですよね。

ホームドラマをみるような理想的な家族で、「家族同士で秘密を作らない。」という約束がある。長女が「ホテル野猿」というとこで仕込まれたということまで、開けっぴろげにしてるんだけど、実は家族それぞれが、お互いに絶対に言えない秘密を持ってるというお話。

家族4人+別居の祖母+父親の愛人の6人の視点で描かれています。6人それぞれが日常に対して「なぜ私だけが…」といったような不満を持っていて、心の底に溜まってる膿を吐き出すような独白はに結構やられますよ。

それにしても父親に対する女性3人の評価の低いこと。確かに能天気で馬鹿っぽく描かれてはいるんだけど、何も期待していないというのがよく分る女性の数々の発言には、同性として可哀想な気になってしまいます。

男の作家は女性のドロドロした気持ちってなかなか上手に書けないと思います。そういった意味では女流作家の作品と言うのは新鮮なのだけど、男性とは全く違う思考回路を持ってるというのをまざまざと見せつけられるようで怖くもありますね。

小泉今日子や板尾創路がどんな家族を演じているのか映画も観たくなりました。直木賞を取った「対岸の彼女」も、もう少し時期を置いて読みたいと思います(^^;
[PR]
by borderline-kanu | 2009-10-18 19:48 | 本&コミック
「ワールド・オブ・ライズ」
リドリー・スコット監督、2008年の作品。
ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)とエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)、CIA中東担当の諜報部員と現場にはほとんど行かない上司という「踊る大走査線」と同じ構図ながら、2人の間に友情なんてものは一切ない。

チームとして協力するどころか、独善的に指示を出し現場を掻き乱すホフマン。ラッセル・クロウが見た目にもかなり太っていてびっくりしたんだけど、この役にはぴったりでした。自分さえ良ければという自己中丸出しで、嫌な上司の典型みたいな人ですね。なんだか昔の上司を思い出しますよ。メガネをずり下げて、上目遣いで冷ややかに見るところなんてそっくりなんですもん(^^;

【ネタばれです】
a0031718_2330433.jpg

架空のテロ組織をでっち上げるのって、実際はあんなに上手くいくとは思えないけど、自分が知らないうちにテロの黒幕かのように仕立て上げられる様子は背筋がぞっとしますね。

その標的になったヨルダンの建築家サディキが殺される可能性なんて非常に高いにも関わらず、詰め段階まできて、保護しようと言い出すフェリスは良くわかりません。優秀な工作員として描かれてるので、非情な部分も持ち合わせてるはずだと思っていたから、あの場面で彼の優しさ、もしくはとまどいを描く必要性を感じないんですよね。

レオナルド・ディカプリオは自分が演じたい役にやっと年齢が追いついてきたかなと思います。いつも感じる未見の深いシワも、前作の「ブラッド・ダイアモンド」あたりから気にならなくなってきたしね(^^;

ヨルダン情報局のハニはスマートさが胡散臭く感じましたが、フェリスを助け出した後のホレ見たことかという顔は愛嬌ありました。

全体的には上手くいきすぎな感じも否めませんが、フェリスとホフマンのやり取りだけでも面白いし、アフリカは画になります。派手なアクションがあるわけでもないのに緊張感が持続する、良質のエンターテイメントでした。

街の郊外にある広大なゴミの山、雰囲気のあるロケ現場見つけたなと思ってましたが、全部作り物だと聞いて驚きました。元々は本当のゴミの山なんですが、そこにあるゴミを全部片付けて、きれいなゴミを一面に配置したそうです。予算があるとやることが違いますね。

2009年9月27日(日)DVD
ワールド・オブ・ライズ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-10-13 23:38 | 映画レビュー
「悪夢のエレベーター」 木下半太 文庫本
映画化されると聞いて、読んでみました。前は映画になると聞いたら、鑑賞してからと思っていたのですが、最近は劇場で観れてないので、先に読みたい派かな(^^;

エレベーターに閉じ込められるのが、空き巣、おかま、自殺する直前の女の子にバーテンダーという、個性的な4人。前半ちょっとありえない話になってきたなと思ったのですが、中盤以降にしっかり収束させています。狭い空間での出来事ということと、解りやすいキャラクターのおかげで、映像が頭に浮かぶようで非常に読みやすかったです。

内田けんじ監督の「運命じゃない人」のように同じシーンを複数の視点で描くことで、真実が少しづつ見えてくるといった展開でした。

映像化しやすい作品だなという印象でしたが、あとがき読んで、著者が劇作家をやってると知って納得。きっと芝居にすることを前提に書かれたんじゃないかなと思いました。で、調べてみたら既に芝居として上演されてました(^^;

どんでん返しのあるドタバタ劇で、過剰演技気味のほうがしっくりくるので、芝居も観てみたくなります。
[PR]
by borderline-kanu | 2009-10-04 15:29 | 本&コミック