【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:アニメ ( 14 ) タグの人気記事
「ゲド戦記」
第1回監督作品にしては、ハードルが高い原作だったんじゃないでしょうか?

宮崎駿監督は、今は大衆受けより自分のやりたいようにやってるので、初期の子供も大人も楽しめる作品を吾郎監督が担うんじゃないかと、勝手に思っていました。でも今までの劣勢コピーでしかないです。

観てないのですが「ナルニア国物語」の公開時、「指輪物語」と並ぶファンタジー大作という話を聞いた気がしたので、今回「ゲド戦記」を含めて、世界三大ファンタジーと聞いて、「あっ、増えた。」と思ってしまった。今後も4大、5大ファンタジーになりそうな気がしてるんですが(^^;

【ネタバレです】

今までの宮崎駿監督作品に、多大な影響を与えてきた作品らしいので、似通ってる部分はあるのは仕方ない。ただ長編の3作目を中心にしたことによって、原作を知らない人(私)が見ると登場人物が薄っぺらくて、彼らの気持ちの動きが分からない。しかも過去のいきさつも断片的なので、ゲドの偉大さや、テナーやクモとの関係も漠然としかつかめないのは不満です。

ウキペディアで粗筋読んだだけですが、原作では、アレンは父王を殺してはいないようなんですよね。あえて、そのように代えたのは何故なんだろう。インパクトだけなのか?影に怯えることと=父王を殺すことにはならないように思うのですが。

テルーはドラゴンの化身というのも、唐突すぎて。それなら、親に焼かれる前にドラゴンになれよって思ってしまう。

映像は、王宮の床がよく磨かれていて、人の姿が反射されて写ってるのは、目新しいなと思ったし、ポートタウンの街並みも好きなほうだ。それに比べて、人物の造形が、TVアニメ「未来少年コナン」や「アルプスの少女ハイジ」のようで、のっぺりした顔では緊張感が伝わってこない。

この作品、ヒットしても、監督の評価は厳しいだろう。第2回監督作品が作れるようなら、駿監督が扱わない分野の作品を作った方がいいんじゃないかと思いました。

2006年7月30日(日) 伊丹TOHOプレックス
ゲド戦記@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-08-02 22:14 | 映画レビュー
「カーズ」
恒例になってる本編前の短編「ワンマンバンド」。
ヒートアップする2人のバトルは見モノ、そして何があっても生き延びそうな少女(少年と思ってた。)が素敵でした。

ピクサー作品は、「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」しか観ていませんので、エンドロールでの旧作品の車コメディはそれほど楽しめた訳ではないけど、遊び心ありますね。また、映像にはいつも驚かされます。車の質感やドライブ中の風景の美しいことと言ったら、ため息出そうですよ。

字幕版で観たかったのに、ほとんどやってなくて、仕方なく吹替版で鑑賞しました。上映されてるスクリーンの94%は吹替版だそうですよ。家族連れがメインターゲットなのは分かるけど、もう少し字幕版増やしてもいいんじゃないかなぁ。

【ネタバレです】
a0031718_1011396.jpg

人生は勝つだけ(金だけ)が全てではないというテーマ。自分勝手で親友と呼べる仲間がいない主人公のマックイーンが、地図からも消し去られた街ラジエーター・スプリングでの出来事を通じて、人(車)を思いやる気持ちや一人で何でもできるわけではない事を学んでいく。車が特別好きではない私にとって、話す車たちに最後まで魅力を感じなかった。

ラストは意外でした。
クラッシュしたキングにドック・ハドソンを被らせたマックイーンは、ゴール寸前で止まり、キングに駆け寄るというのは、少々やりすぎじゃないか。試合に負けても人生で勝つといった所ですが、1人でやっていたマックイーンとキングの関係がはっきり見えないので違和感があった。それよりも新しいスポンサーの申し出を断るところは、彼の成長の証だと思う。

勝利至上主義のようなアメリカでこのような映画が作られたことは、興味深いと思いました。

2006年7月9日(日) 伊丹TOHOプレックス
カーズ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-15 10:13 | 映画レビュー
「機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛 」
ノルマ達成(^^;
やっと終わりました、前2作観たら観ないわけ行かないと思い鑑賞。
3部作の中では一番ましだった。それもゼダンの門(ア・バオア・クー)とグリプス2を巡る戦闘で、時間の経過が一番少ないからにほかならないだけなんだけどね。

昨日の敵は今日の友と言いますが、幹部は良くても末端兵士は混乱しまくりじゃないですか?
連邦軍のエリート集団「ティターンズ」と反地球連邦組織「エゥーゴ」の戦いにザビ家復興を掲げるジオン軍残党「アクシズ」が美味しいところ取りしようと参戦。それぞれの指導者クワトロ(シャア)、シロッコ、ハマーン・カーンの思惑が複雑に絡み合って、そりゃもう大変ですわ(^^;

そして、愛だの恋だのと取って付けたようなショボさは相変わらず。
すっかり忘れていたのでラストがどう違うかも分かりませんでした・・・

「北斗の拳」がOVAを含めて5部作だそうで、これも観たい気持ちはあるものの、またノルマになりそうな気がして悩んでいます(^^;
1作目と2作目はこちら↓
「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」「機動戦士ZガンダムII 恋人たち」

2006年3月10日(金) 伊丹TOHOプレックス
機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-03-15 21:08 | 映画レビュー
「機動戦士ZガンダムII 恋人たち」
男には負けると分っていても勝負をしないといけない時がある・・・

↑作品の内容とは一切関係ないんですが(^^; 1作目を観て、できの悪いダイジェスト、金儲けのやっつけ仕事と思いながら懐かしさにそれなりに満足してました。ただ、これが後2本あるのはきついなと。それを分っていながら、観ないと気がすまない自分の性が悲しい~
a0031718_23441923.jpg

「恋人たち」ですよ!予告見たときから不安でしたが、やたらキスシーンが多かった。それに恋人通しのキスなんてないんじゃないの。みんな刹那的なキスだったような気がするんだけど。

ただでさえ長いのに無理やり「恋人たち」というテーマを入れ込んだのは、A New Translationなのかもしれないけど、それなら戦闘シーンをもっとじっくり見せて欲しいと思ったのは私だけだろうか。

3作目の副題が「星の鼓動は愛」ですがな。これまた嫌な予感が、2度あることは3度あるっていいますから(^^; それでも観にいかずにはおれない私です。

この作品をやっつけ仕事って書いてるけど、
この感想も十分やっつけですね(^^;

2005年10月29日(土) 伊丹TOHOプレックス
機動戦士Zガンダム2/恋人たち@映画生活
なんだかんだ言って初日に観てます。他にも見ないといけないのたくさんあるのにね。
[PR]
by borderline-kanu | 2005-11-01 23:56 | 映画レビュー
「コープス・ブライド」
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と同じストップモーション・アニメで撮られた、ティム・バートン最新作。ストップモーション・アニメって相当手間かかるらしいですが、独特の質感がCGを見慣れた目にはとても新鮮で、ちょっと物悲しいラストのコープス・ブライドの美しさは見惚れますよ~
個人的には「チャーリーとチョコレート工場」よりも好きかな。

a0031718_23114492.jpg

生者の世界がダークな色調で、死者の世界がカラフルという一見反対なのかと思うんだけど、これがぴったり。生きてる時に背負っていた重荷をすべて置いてきたかのような、死者たちの弾けっぷりも、楽しい。特にガイコツが自分たちの骨を使うバンドの演奏なんて死者の世界も悪くないって思うぐらいです(^^)

特技があると身を助けますよね、気弱なビクターが2人の女性との距離を縮めるのが写真にもあるピアノ。ビクターが決して狙ってやったわけではなく、彼自身の不安を解消するために弾いたピアノが、ビクトリアの心を掴み、コープス・ブライドの心を解かしたんじゃないかと思います。

2005年10月22日(土) 伊丹TOHOプレックス
ティム・バートンのコープス ブライド@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-11-01 00:06 | 映画レビュー
「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」
小学生の時に映画、TVで機動戦士ガンダムにはどっぷりはまったファーストガンダム世代です。中学、高校となるにつれアニメ以外に興味を持つものも増えて、当時は所詮2番煎じみたいな印象もあってZガンダムは一切見たことがなかったんです。でも5年ほど前にレンタルでアニメ10本1000円とかいう日があって、「銀河英雄伝説」と「Zガンダム」を制覇。意外とファーストガンダムと登場人物が被ってることもあって、楽しめたのを憶えているのだけど、ストーリーはもうすっかり忘れてました。今回はダイジェスト版で次から次へと人が入れ替わって出てくるらしいと聞いていたので、多少の不安があったけど鑑賞してきました。

1年戦争から8年後。地球連邦軍のエリート部隊「ティターンズ」と、レジスタンス組織「エゥーゴ」の間で、連邦を二分する戦乱が始まろうとしていた。スペースコロニーに住む高校生カミーユ・ビダンは、軍人への反発心から、ティターンズの新型モビルスーツ“ガンダムMk-II”を奪取。偵察任務に就いていたエゥーゴのクワトロ・バジーナ大尉と運命的な出会いを果たし、見習いパイロットとしてエゥーゴに身を投じることになる…。
goo映画からA New Translation させてもらいました。ほぼそのままぱくりとも言う。
a0031718_2012681.jpg

内容をだいたい知っている人なら楽しめるんじゃないでしょうかね。50話(約1250分)あるものを3部作(約270分)約1/5にギュッとダイエットしなくちゃならないから、知らないと辛いもんはあります。ただ、せっかく20周年で新解釈なんていうぐらいなんだから、全部作り直して欲しかったと思うのは、思い入れある人ほど思うんじゃないかな。

私はブライト、カイ、ハヤト、シャアにアムロが続々集結する懐かしさとモビルスーツ同士の戦いに満足してました。ラストは新しい画だったんだけど、TV版とは再会の仕方違ってましたよね?判る人教えてください(^^;

見たのが金曜の夜。劇場は学生のグループが大半を占めていて、独特な雰囲気に包まれてました。これが土日になると韓流シネマフェスティバル目当てのおばさんの団体とガンダム目当ての学生の異様な取り合わせがもれなく見れますよ~

2005年6月17日(金) シネ・リーブル梅田
機動戦士Zガンダム A New Translation 星を継ぐ者@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-06-27 20:13 | 映画レビュー
「シャーク・テイル」
オスカー(ウィル・スミス)は、鯨の舌掃除をやってるが、上昇志向の強い小さな魚。サメのドン・リノ(ロバート・デ・ニーロ)の息子レニー(ジャック・ブラック)は、ベジタリアンで魚一匹殺せない。そんな2匹が、レニーの兄フランキーが錨に刺さって死んでしまったことをきっかけに出会い、奇妙な友情が生まれていく。

声優陣の豪華なことといったら、オーシャンズ12にも負けていない。このほかにもオスカーのことが好きなアンジー(レニー・ゼルウィガー)、オスカーを誘惑するローラ(アンジェリーナ・ジョリー)、オスカーの働いてる会社の社長サイクス(マーティン・スコセッシ)と実写では集められない面々です。それぞれのキャラも声優に擬人化してるので非常に判りやすい。ジャック・ブラックはちと印象とは違うかな。

a0031718_2123237.jpg

ドン・リノなんてゴッドファーザーまんま(^^)そういったこともあって、大人向けの雰囲気ですが、ストーリーは単純お子様向け。大人が見ても子供が見てもソコソコ楽しめるかもしれないけど、平均点の映画じゃないかな。私の場合はウィル・スミスがあまり好きじゃないので、彼そのままのオスカーも「いちびり」(これは方言?)なだけで好きになれなかった。

ピクサーの「ファインディング・ニモ」に対抗して作られたらしいですが、圧倒的に「ファインディング・ニモ」の勝ちですね。海中のシーンも良くできてるけど2度目だと驚きも少なかったし、声優陣に頼りすぎた感じがしました。

2005年3月9日(水) 梅田ブルク7
シャーク・テイル@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-03-12 21:49 | 映画レビュー
「ハウルの動く城」
12月30日に見たのですが、1ヶ月たてば空いてると思ったのが大間違い。この作品と「Mr.インクレディブル」は満席続きで大盛況でした。いくら冬休みといえども、もうちょっと実写映画もガンバレよ。 

一番最初に思ったのが、色使いがくすんでるような気がしたこと。
「千と千尋の神隠し」見た時に、なんて色使いが鮮やかなんだというのが印象に残っていたものだから、余計そう感じたのかも。作品のカラーが違うので一概には言えないとは思うのですが、カラフルな色を使ってる割には全体が暗い気がしました。ひょっとして劇場のせい?

【ネタバレです】
a0031718_1355628.jpg

荒地の魔女との対決が中心になるのかと思えばそうでもなく、サリマンと直接戦うこともなく、隣国との戦争にも危機感がない(ハウル以外)。「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」の流れからすれば、勧善懲悪や子供向けファンタジー路線ではないだろうというのは判っていたが、盛り上げるシーンがないまま終わってしまった。それに後半は終わらせるために駆け足すぎ。

決して面白くない訳じゃないんだけど、主人公の心の中を表現する描写が少ない分、ソフィーの行動が唐突に思えるシーンが多い。伏線を見逃さずに頭の中でストーリーをつないでいかねば、面白みは半減するのではないか。実際私も、見終わった後に色々な人の感想を読んで納得した部分も多いです。そういった意味では、誰でもが単純に楽しめる作品ではないし、宮崎作品というブランドがなければここまでヒットしないだろう。

宮崎作品のファンではないので、イメージでしかありませんが、今までの主人公は両親・家族に恵まれてないことが多い。(トトロはそうでもないか。)今作も母親からの愛情は薄そう。そうしたなかで、ハウルが寄せ集めの仲間に対して「家族」という言葉を使ったのが印象に残ってる。ハウルは家と家族を守るために自分を犠牲にして戦った。ソフィーに対する気持ちが一番大きいとは思うが、荒地の魔女に対して、心がないハウルとは思えないやさしさだと思う。何が家族の形なのか?現在の家族の繋がりが薄くなってきてる世の中へのアンチテーゼのような気もしました。

大泉洋(北海道のスター)、ゆるやかだけど、着実に全国進出し始めてますね(^^)

2004年12月30日(木) ナビオTOHOプレックス
(2005年鑑賞作とします。)
[PR]
by borderline-kanu | 2005-01-04 14:55 | 映画レビュー
「ファインディング・ニモ」
この映画の予告編は非常にボリュームあるし、パターンも多いのでこれで全部ちゃうの?というぐらい見たから、映画を見たときがっかりするんじゃないかと不安がありました。

結論としては、非常に良くできたダイジェスト映像で90%ぐらいはカバーしてるとは思う。だからといって、見ないでも良いかといえば素直に見て良かったなと思える映画でした。

【ネタバレです】

珍しかったのは、一切の映画の予告編がなくて、「ファインディング・ニモ」の製作に当たって多分、ヒントになった、昔ピクサーが作った短編アニメが上映されました。これが音楽のみなんやけど、面白い。水槽からの脱出劇だけど結局脱出できない、さてニモは?という感じで本編が始まります。

映像が素晴らしい、海の中が本物以上にキレイやし、どんな小さなキャラもリアルに再現されてると思う。「ファイナル・フライト・オブ・ザ・オシリス」を見た時にはアニメもここまで来たかと思ったけど、この作品もその時と同じ気持ちになりました。

ストーリーはディズニー映画ということもあって、見てない人でもわかります(^^;それでも、マリーンがニモと再会できるまでのエピソードが面白いし個々のキャラクターがしっかりしてるんで飽きさせません。

ポイントはニモの右尾びれが小さくて泳ぎに不安があること、ドリーも「メメント」みたいにものを憶えていられないということこれってアニメだから深刻になってないけど、障害者だよね。唯一残った子供のニモに障害があって、どうしても過保護に育てているマリーンの成長物語でもあるから、単なる子供向けじゃなくて親が見ても十分楽しめる作品に仕上がってると思います。

マリーンがニモを探していると口コミで伝わる場面は泣けますよ。

過去の鑑賞作を掲載しています。
2003年12月20日(日) シネマ大門
[PR]
by borderline-kanu | 2004-12-24 00:24 | 映画レビュー
「Mr.インクレディブル」
ディズニー&ピクサー作品だけあって、安心して見れる。でもそれが予定調和になりがちなんだけど、途中で全くだれないのは、さすがとしか言いようがない。本当にハズレがないですね。

【ネタバレです】
a0031718_23305663.jpg

この映画見て、真っ先に思い出したのがスパイダーマン。
日の当たる場面だけじゃなく、普段の苦悩をコミカルに描くことで、身近な存在に感じることができて、より一層応援したくなる。この作品でもヒーローを辞めさせられたインクレディブルが力を持て余しながら、悶々と過ごしているシーンが私は一番好きです。

前作「ファインディング・ニモ」は、「父親の成長」物語だったのが、今回は「家族愛」。
あるあると思うような普通の家庭でも起こりそうなことがスーパーヒーローの家庭でもおこる。子供が見ても大人が見ても共感できるようになってるんだよね。

裏主人公はインクレディブル夫人か。彼女のおかげで家庭も世界も守られたといって良いほど、影でMr.インクレディブルを支えながら、八面六臂の活躍が見どころです。

ただ、個人的にはもう少し毒がある方が好みだったりするので、ドリームワークスの「シャーク・テール」には期待してます。

2004年12月14日(火) 梅田ブルク7
Mr.インクレディブル@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2004-12-23 23:57 | 映画レビュー