【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:ア行 ( 52 ) タグの人気記事
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」
ファーストガンダム世代で、アメトークのエヴァンゲリオン芸人しか観た事がない人の感想です。ファンの方は軽く読み流してください。

劇場版はTV版から変更があるといっても基本的な知識なしに観るには、少々厳しいですね。後でWikipediaで調べてなるほどと思うことも多かったです。
そういったものを差し引いて考えても、物語の先は気になるものの、正直面白さが判りません(^^;
a0031718_2115830.jpg

年齢もほぼ同年代の開発者の息子がパイロットとして敵と戦うところや、戦うことの意義を見出せないところなど、ガンダムと似ている部分がありますよね。ただ親子仲も良くないようなのにわざわざ呼び寄せて初号機のパイロットにする必然性が感じられない。この辺りはアニメをちゃんと見れば解決するんだろうなと思いながらも、もどかしかったです。

シンジが最初に初号機に乗り歩いただけで、本部がざわめいたけど、勝てると思って乗せてるはずなのに、歩くだけで凄い的な雰囲気も乗り切れませんでした。

逆にガンダムと決定的に違うところは、敵にも感情移入できるかどうかという点です。ランバ・ラルの生き様やシャアの復讐への執念とかジオンの方に共感できる人も多いんじゃないかな。それに比べると使徒には強さはあっても、思い入れる余地はないですからね。それならウルトラマンの怪獣の方がよっぽど魅力があります。

もう1つ物足りないのは、戦いに戦略的な面白さがないところ。使徒がリリスを奪い返しに?第3新東京市に攻めてくるのを撃退することの繰り返しなんですよ。戦術としてヤシマ作戦は見応えはあったけれども、基本フォーマットが同じなんで飽きてきます。

第6の使徒がジオフロントにドリル状になって攻撃してくるシーンは、ウォシャウスキー兄弟が参考にしたんじゃないかって思うぐらい「マトリックス・レボリューションズ」で人類の都市ザイオンへセンチネルの大群が押し寄せるシーンと似ていましたね。

良くも悪くもアニメを観ていない人には敷居が高い作品だと思います。

2009年7月5日(日) TV録画
ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-07-25 21:03 | 映画レビュー
「L change the WorLd 」
「デス・ノート」のスピンオフ作品。「デトロイト・メタル・シティ」を観て、松山ケンイチの成り切り演技が見たいと思い録画していたのを鑑賞。

「デス・ノート」は過剰演技の藤原竜也=夜神月と人を食ったような松山ケンイチ=Lのデスノートを巡る頭脳戦。TVで観ただけなので思い入れがある訳でもないのですが、お互いの裏のかきあいは興味深く、クライマックスに向けての盛り上がりは楽しめました。
a0031718_005629.jpg

自分の死を賭けて夜神月を倒したLの最期の23日間、今までと全く違ったアクティブな姿が見れます。ただ、この方向性は成功だったんでしょうか?外に出ることでイメージのギャップが面白い部分でもあるんだけど、個人的には無理やり外に出て戦うより、頭での戦いを突き詰めて欲しかったかな。

映画館で観る時は監督が誰かぐらいは知った上で観ていますが、TVだとダメですね。スピンオフだから監督も一緒なんだろうと勝手に思い込んでました。なんだかホラー演出が凝っているなぁと思ってたら「リング」の中田秀夫監督作品だったとは(^^;

監督としては決められた設定の中で自分の得意分野を出せたんじゃないかと思いますが、ワクチンに侵されるシーンにあんなに力入れなくてもって思いました。ストーリーは凡庸だから、余計に違和感があったんですけどね。

飛行機の乗客・乗務員はみんな助かったんでしょうか?少なくとも5-10人ぐらいは亡くなったと思ってたんだけど、的場(高嶋政伸)が歩いてタラップから降りてきてましたよね・・・ ウィルスで死の直前まで行ってたのに、そんなにワクチン効果は劇的やったんですかね(^^;

FBI捜査官に見えないナンチャン(南原清隆)、Lと並んだ姿はコントやってるんですか?って感じでした。

2009年5月24日(日) TV録画
L change the WorLd@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-06-22 00:01 | 映画レビュー
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」
インディ・ジョーンズシリーズ4作目。
持ってるDVDの6割がユーズドで、DVD化を待ちわびて買うということがほとんどないのですが、コンプリートBOXが出たときに予約して買ったぐらい、前3作品はどれも好き。そして今作は、3作品の良いとこ取りしながら、オカルト的要素がふんだんに詰まった作品になりました。そこが好き嫌いがはっきりでそうですね(^^;

【ネタバレです】
a0031718_2285861.jpg

19年ぶりの新作ということで、映画の中でも同じぐらいの時が過ぎてるという設定というのは、ハリソン・フォードのために正解だったと思うけど、インディの世界観に戦後は似合わないですね。核実験という当時の技術の粋を集めたものとインディの姿は違和感を感じました。それに冷蔵庫に入って脱出するぐらいなら、あのシーンを削除した方がすんなりしたのかなぁとも思います。

核実験シーン以降、相手はナチスからKGBに代わったものの、追いつ追われつクリスタル・スカル争奪戦は、スピード感満点。息子が現れるのは、「最後の聖戦」の裏返しだし、アマゾンの原住民たちは、「魔宮の伝説」を彷彿させます。懐かしのマリオンとの再会、お約束の大量動物シリーズなど、昔のインディが戻ってきた気になりますね。

こうやって一つずつ見ていくと、ファンには絶対に楽しめる内容がてんこ盛りなんだけど、なんだか話の繋がりは良くない。それもこれも宇宙人のせい?! ラストのラフさはシリーズ一番じゃないでしょうか(^^;

それでも結婚式は良かったと思います。これでさすがにハリソン・フォードでは続編作らないでしょう。

2009年5月3日(月) DVD
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-05-11 22:10 | 映画レビュー
「X-MEN ファイナルディシジョン」
アメコミの映画化って本当に多いですね。
このシリーズは1作目、2作目とハル・ベリー目当てで観てきたので、ここまできたら最後もと思って鑑賞しました。シリーズものが回を重ねると、どんどん規模が大きくなっていくことが多いけど、この作品もそういった典型的なパターンです。ブライイアン・シンガーが監督しなかったというのも大きいかもしれません。

1作目観た時にウルヴァリンの毛むくじゃらで、髪の毛が半端に逆立ってる姿が生理的に受け付けなかったんですよね(^^; 3作目になると慣れたからかもしれないけど、逆毛もおとなしくなってない?

【ネタバレぎみです】
a0031718_21451810.jpg

ミュータントの能力を消して、普通の人間になれるキュアという薬を巡っての人類対ミュータンとの争いにX-MENが絡んでくるのですが、ミュータントもさらに増えて、頭数だけでも揃えてもねぇという感じかな。当然1人1人の出番は極端に少なかった。能力見本市みたいで、キン肉マンの超人をみているようでした(^^; 本当に登場人物が多いので、多くが雑魚キャラ扱いになってます。サイクロプスなんて、あれだけで死ぬとは誰も思わなかったでしょうね。

ミュータントのコラボ技はもっと見たかった。マグニートーが車を飛ばして、パイロが炎上させたり、ウルヴァリンを投げ飛ばして爪で攻撃したりとなかなか楽しめました。

ウルヴァリンのスピンオフぐらいで終わらせるのが、無難だと思うけど、まだまだ続編できるらしいですね(^^;

2009年3月29日(日) TV録画
X-MEN ファイナル ディシジョン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-04-05 21:56 | 映画レビュー
「アフタースクール」
「運命じゃない人」に続く内田けんじ監督第2作です。

母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。(シネマトゥデイ)

【ネタバレです】
a0031718_22564398.jpg

冒頭のぎこちなさは、後半でしっかり判るようになっているので前半から見逃せません。

もうすぐ子供が生まれるはずなのに何か晴れない顔をしている木村(堺雅人)。ベビーベットの設置を木村の友人で高校教師・神野(大泉洋)と一緒にするおっさん。神野が久々にあった同級生の探偵・北沢(佐々木蔵之介)に文句も言わず木村探しの手伝いをするのは?子供が生まれる時に車で病院へ送ってくれた人がなんで出産後もずっと立ち会ってるのか?あんなに探してた木村が自分の部屋でくつろいでるのを見ても、なんだか的外れな会話になっていたりと、挙げだしたらなんぼでも出てきそうなぐらい、小さななぜ?がたくさんあるんですよね。

そう思いながら、見続けると一瞬で置いてけぼりにされてしまいます。
えっ、えっ、えっ、今まで見てたの何だったの?って感じ。柔道で組んだ瞬間に投げ飛ばされて、自分がなぜ畳に倒れてるか分からなくなることに似てる気がします(^^;
ここで一旦リセットされてから、解決編へ突入!

実は木村の勤める会社の不正を糸口に議員を逮捕するために、警察の手伝いをしていた!私は善良な国民なんで判りませんが、一般人が半年もそんなことさせられるもんなんですかね(^^;
そのあたりのリアリティは微妙な気もします。

それでも心地良いドンデン返しにラストのエレベーター内での木村と神野の妹(田畑智子)の会話が恋人同士じゃなく、失恋を慰めてるとこだったのも、思わず笑ってしまいました。

今回は鑑賞後、すぐ2回目を観てしまいました!
そうすると俳優たちの微妙な表情や行動が手に取るように判って、本当に楽しかった。あゆみ(常盤貴子)のことを実は好きだった木村、子供のお腹にさわる仕草なんて、理由を知ってるとせつなくなってきます。

そしてあゆみのお父さんかと思っていたら、実は警察であったり、ベビーベットの設置を手伝った人や病院に連れて行ってくれた人もみんな警官だったり。神野が木村と妹が一緒に写ってる写真を見た時に、北沢が怪しいと感じた目線など、1回目よりも違う楽しみがたくさんありました(^^)

2009年1月4日(土)DVD
アフタースクール@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-01-11 23:05 | 映画レビュー
「あるスキャンダルの覚え書き」
久しぶりに背筋が寒くなる映画に出会いました。これは本当に面白い!
【ネタバレです】
a0031718_2229632.jpg

事件が起きると近所の人の証言で、「あの人がこんな事件を起こすなんて信じられない。」というようなコメントが出ることが良くありますが、この映画のベテラン教師・バーバラ(ジュディ・デンチ)もまさに、そう言われるタイプの人です。

「バスの運転手に触れられただけで、電気が走った。」というような話があったように、バーバラは相手が女だろうが男だろうが関係ないんだと思います。恋愛の相手というより自分のことを理解してくれる人が欲しい、それが歪んだ愛情に変わっていくんだと思いました。

同性愛的なところがよりスキャンダラスなイメージを湧かせますが、本質は孤独をテーマにした作品です。

シーバ(ケイト・ブランシェット)のことを勝手に自分の待ち望んだ女性だと思い込み、盗み見しては日記に書いていく。これってストーカーそのものなんでしょうが、本人にはその意識が全くない。でも、それが長年、周囲から疎まれてきたことで、孤独な中、妄想することと現実の区別がつかなくなってきたのであれば、あまりにも切ない。本人の元々の性格もあるだろうけど、長年の置かれた環境で変わってくるものも大きいのだと思う。

一方、シーバは家族がありながら、ダウン症の息子のことで不安感を常に持ている。学校の生徒に言い寄られ、関係を持つことで、その時だけは不安が解消したような気になっているんだと思う。彼女も本心を夫に素直に言えず、孤独な気持ちをどこにぶつけたらいいか判らなくなってしまっていた。

自業自得なのはもちろんなんですが、2人の「なんで私のことを判ってくれない!」という気持ちが多少は解る気がするんですよね。

これを映画だからと言うのは簡単だ。
しかし、日本だって今後ますます高齢化が進んでいき、孤独な生活をしいられる人だって増えてくる。また、家庭があっても会話がないとやはり孤独なことには変わりない。そう思うと自分の人生をどう生きるかってことまで考えさせられてしまう作品だと思います。

バーバラの唯一の友達である猫が死んで、葬式に一緒に行くことを強要するあたりからの畳掛ける怒涛の展開は見応えあります。
シーバを追いかけてきたレポーターが、家から出てきたバーバラを「婆さんだ!」というシーンはあまりにも失礼なんだけど、イギリスではあんなもんなんですかね(^^;
ラストで新しい獲物を見つけたバーバラが会話をするシーンは、得体の知れない怖さを感じました。レクター教授のように見えましたもん。

無駄なシーンが一切なく、バーバラの孤独を焙り出すような物語に目が離せませんでした。

2008年5月6日(火) DVD
あるスキャンダルの覚え書き@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-08-17 22:29 | 映画レビュー
「あなたになら言える秘密のこと」
映画を劇場で観ることはしばらく無理だと思ってましたが、DVDさえ観る時間がないとは思ってませんでした。この前も録画していた「千と千尋の神隠し」を夜中にミルクあげながら、4日かけて観終わったぐらいですから(^^: こんな調子なんで、初めて観る映画は、今は控えています。これは、子供が生まれる前に観ていた作品のレビューです。

イサベル・コイシェ監督の「死ぬまでにしたい10のこと」は死をテーマにしながらも、女の子受けする作品だったと思います。同じ調子で気軽に観たら、痛い目に会うのは間違いありません。

【ネタバレです】
a0031718_20504448.jpg

ハンナ(サラ・ポーリー)は謎だらけです。
何故、独りぼっちなのか、補聴器をしないといけないか、自分から電話しても話さないのか、チキンとライスとリンゴだけの食事なのか、唯一判るのは、人を避けているということぐらい。

そんな彼女の変化を表しているのが食事なんですよね。
最初は食事することさえ、面倒とでも言うようなものだったのが、海上油田採掘所でジョゼフ(ティム・ロビンス)の食べ残しを隠れて食べるところは、少し前向きに生きようとしてるのかと思える。また、採掘所から帰ってきてからは、自分で調理したものを弁当にしていたりと、気持ちの変化が見えずらい分、食事という生きていくには不可欠なものに対する彼女の接し方で表現していましたね。

ハンナの告白シーンは、聞けば聞くほど、辛くなりました。
あえて映像がなく彼女の語りだけ、これがかなりシビアなんですよ。映像がある方が、えげつないとは思うんですが、聞いたことを頭の中でイメージする方が、精神的にキツイかったです。
秘密って、色々あるけど恋愛とか家族とかの話だと勝手に想像してたこともあって、ヘビー級でしたね。

根本的なところで納得できないことがありました。
ジョゼフは、友人を自殺に追いやり、助けようとして自身も肉体的にも、精神的も大きな怪我を負った。だからと言って、ハンナの告白を聞き、彼女を助けられる、お互いに必要な存在だと本当に思えるんでしょうか。

ジョセフは自分自身の過ちが起こした結果だけども、ハンナは自分でどうすることもできずに、生き残ってしまったことさえ後悔してるような状態です。私は2人はどちらも精神的な傷を負ってるけど、その度合いは全く違うと思ったんです。

ジョゼフのような経験をしてるわけじゃないから、偉そうなことは言えないけど、私ならとても彼女の人生を背負うようなことはできないと思ってしまう。もしかしたら自分より大変な目にあってる人がいて安心してしまうかもしれない。自分の心の狭さを発表するのは情けない限りですが、この作品を観て素直に共感出来ない自分がいます。

ただ、映画としては、人はどう過去を背負い、未来に希望を見出して行くのかということがテーマだと思うので、それは上手く描かれていたと思います。特にラストシーンはホッとしました。

2008年5月8日(木) DVD
あなたになら言える秘密のこと@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-08-03 21:09 | 映画レビュー
「アイ・アム・レジェンド」
今頃、感想書いてますが、劇場で観ました(^^;

【ネタバレです】
a0031718_18451430.jpg

NYが廃墟になり、アフリカの草原のように鹿が群れ、ライオンが狩りをする光景は圧巻。アスファルトの隙間から草が生えてきて、大都市が自然に戻ろうとしている姿は、想像することすら無かったことなんで、衝撃でしたね。つかみはOKなんだけど、最初にインパクトがあった分、尻すぼみ感がより大きいんです(^^;

ロバート・ネビル(ウィル・スミス)がウイルスに感染したゾンビ?を捕まえる時のトラップを、真似するぐらいゾンビ達は賢いのに、その辺の伏線が置いてけぼりになったまま、最後は力攻めというのも、納得いかないんですよね。

ラストシーンでロバートが自爆して母子を助けましたが、隣に座っていたカップルが「最後は生き延びれば良かったのに。」と話していました。どこまで、ハッピーエンド希望やねんって心の中でつっこんでしまいました(^^;

あの状態で生き延びるのはさすがに不可能でしょう。あの母子だって隠れるところ見られている可能性高いから、生きてるのは十分奇跡じゃないですか。ただでさえ、「アイ・アム・レジェンド」なんていう題名で、ウィル・スミスの俺様映画臭がプンプンしてるんだから、少しはバランス取らないと。

全く先入観なしでみたのですが、気になって原作の内容を調べたら、ラストシーンはだいぶ変更されてました。最初に原作を映画化された「地球最後の男」はほぼ原作どおりらしいですが、この方がシニカルで面白いと思いました。気になる方は、こちらで→『ウィキペディア』

DVDにはアナザーエンディングがあるらしいのですが、それはロバートが生き延びる方か、原作に近い方なのか、興味あります。観た方がいたら教えてください。

2008年1月26(土) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
アイ・アム・レジェンド@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-23 18:46 | 映画レビュー
「アヒルと鴨のコインロッカー」
原作を読んだのがもう1年以上前なんで、細かい部分は憶えてないんですが、最初に映画化になると聞いた時、絶対に映像化無理やろうって思ったんですよね。だって、アレですから(^^;

【ネタバレです】
a0031718_1419310.jpg

正直言って今回は本を読まずに観たかったと思いました。それぐらい映画も大満足です。なんと言っても、椎名(濱田岳)はドルジ(瑛太)のことを河崎(松田龍平)と思い込んでるところをどう映像化するのかというのが、興味の的でした。

小説だからこそ出来ることだと思ってたんですが、逆に映像化向きの小説なんじゃないかと思ったぐらい上手かったです。
具体的に言うと、椎名はドルジに「ドルジは隣の部屋の男で、自分(ドルジ)は河崎」と思い込まされています。この設定で普通に映像にすると、話が成り立たなくなるんだけど、ドルジから聞く話は全て椎名の頭の中の想像ということにすることですっきり解決してます。画面の色もカラーじゃなくて、河崎はドルジ役の瑛太が演じ、ドルジは隣の部屋の男が演じるという、椎名視点だから、観てる方もうまく騙されちゃうんですよね。

伊坂作品は、「陽気なギャングが地球を回す」「Sweet Rain 死神の精度」を鑑賞しましたが、仏作って魂入れずじゃないけど、独特のテイストは画面から伝わってこなかったんです。しかし、この作品は話の構成は変えているものの、(逆にそれが映画としては正解!)台詞がそのまま使ってるところが多いのもあって、原作の良さを生かしてるなと思います。

引越した後、ダンボールをまとめながら椎名がボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさんでるのが聞こえたドルジが「ディラン!」と声をかける2度目のシーンは、それまでの塞ぎこんでいた気持ちが晴れたという感じがとてもよく出ていてて良かったなぁ。

一つ気になったのは河崎の死に方。いくらなんでも襲撃の途中の車の中というのは、HIVとは言え、いきなりでしたね。

2008年4月5日(土) DVD
アヒルと鴨のコインロッカー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-20 14:19 | 映画レビュー
「アンフェア the movie」
ドラマはヨメさんに色々と解説してもらいながら最終回とスペシャル版だけ鑑賞。初回から観ようと再放送を全部録画したけど面倒くさくなって結局見れませんでした(^^; 映画は劇場で見なくて正解でしたね。

基本的にドラマの映画化でドラマ以上のものは生まれないと思ってます。
アンフェアも最終回しか観てないのに言うのはおこがましいけど、映画を作るために派手にせにゃならんというのが大前提で作ってるから、雪平夏見(篠原涼子)1人がどうこうできるレベルを超えちゃってるんですよね。それでもダイ・ハードのように1人で突入していきましたが・・・

それに、警察の裏切り者を出し尽くしちゃったから、新しく登場人物出してこないとならないのも、限界に来てるってことですよね。それでもエンドロール後を観たら続編作るつもりなんでしょうか?!

ドラマで登場人物の性格が掴めてる分(もちろん私はあんまり判ってませんけど。)いきなり車が爆発して、娘が病人に入院して、その病院がテロリストに占拠されるなんていうご都合主義であっても、話に乗っていけるのは悪くないことだと思う。でも、やっぱり2時間ドラマ以上のものではないと思いました。

映画化になる「SP」で全く同じストーリーにしても違和感ないんじゃないって思います。そう言えばテロリストに乗っ取られる病院の話、もう既にありましたね(^^;

2008年4月12日(土) TV
アンフェア the movie@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-15 22:47 | 映画レビュー