「ほっ」と。キャンペーン

【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
タグ:カ行 ( 45 ) タグの人気記事
「空中庭園」
原作は読みました。心が晴れることはないのだけど、人物描写が生々しくて印象に残る作品でしたので、映像化でどうなるか楽しみでした。原作は家族それぞれの視点での独白が多かったのですが、映画は絵里子(小泉今日子)が中心に組み立てられています。

「家族で秘密を作らない。」というルールのもと、理想的な家族を作ってきた絵里子には誰にも言えない秘密があった。しかも家族もそれぞれが秘密を抱えていた。

【ネタバレです】
a0031718_2315787.jpg

オープニングで家族が出かけた後、グーグルのストリートビューのように街の様子を道路からの目線でカメラが映し出すシーンがありました。画面を揺らしたり、回してみたり、気分が悪くなった頃にやっとタイトルが現れるんですよ。正直先が思いやられました…

他にも、絵里子が母親を殺したいという気持ちを表現する心象風景や、ラストの血の雨とか無駄に長くて、非常にテンポが悪いんですよね。映像になるとこうなってしまうかもしれないのですが、なんだかホラーちっくでした(^^;

逆に良かったのは、夫の愛人であり息子の家庭教師(ソニン)と絵里子の母親(大楠道代)の誕生日会での絵里子の本音が吐き出るシーン。これは原作では、夫の愛人視点での話で、ここまでぶっ壊さなかったのですが、もう1人の愛人(永作博美)からかかってくる電話を母親が取ったり、絵里子が母親に対して死んでくれと言ったりと、家族が崩壊しても仕方がないぐらいの弾けっぷりでした(^^;

表面だけ取り繕っても、心の底に溜まってる膿を出し切らないと、上手くはいかないと考えれば、これは家族の再生に向けて必然だったのかも。

娘(鈴木杏)がパパ(板尾創路)にママを愛しているかと尋ねるシーンがあります。「若かった時の夢を捨て、今の仕事にしがみつき、ちっぽけな団地の中で家族を支えるなんてのは、愛がなければできない。」 誰でも多かれ少なかれ、自分を犠牲にしないと、家族が成り立たないということを端的に表したセリフやったなと思います。

そしてラスト。夜になっても誰も帰ってこない部屋で待つ絵里子。母親から電話がかかってくる。「誕生日おめでとう。今日のうちに電話がしたくて…」 絵里子は今日が自分の誕生日ということを忘れていた。
他の家族も誕生日のプレゼントを持って帰ってくる。彼女が目指したのは「秘密を作らない」ということ。でも自分の誕生日を忘れていた彼女に対する嬉しい秘密だったんですよね。理想的な家族とは何なのか、そもそも理想的な家族なんてあるのか、そんなことを考えてしまいました(^^;

2009年11月28日(土)DVD
空中庭園@ぴあ映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-12-18 23:15 | 映画レビュー
「ぐるりのこと」
30歳で結婚した男女の10年間の物語。

誰でもがという訳ではないだろうが、子供がいることで夫婦の関係はより密接になっていくものだと思う。少なくとも私は、子供を育てるのに1人では立ち向かえないと感じているし、子供の成長が自分たちの成長でもあるのかなと最近思い始めた。この作品を見るタイミングとしては非常に良かったと思います。

【ネタばれです】
a0031718_9282439.jpg

翔子(木村多江)は自分さえしっかりしていたら、カナオ(リリー・フランキー)と上手くいくと思っていたが、生まれたばかりの赤ん坊を失って心が折れてしまった。2人とも同じように喪失感はあるにしても、心の受け止め方は正反対だった。カナオが書いた娘のスケッチを見て、やっと彼も娘を大事に思っていたことにに気づく。子供が亡くなったというのに、会話がなかったことが翔子をどんどんと孤独へ追いやっていく。そんな時こそ夫婦で支え合わないといけないのだろうけど、現実はそう上手くいかない。

正直言って、カナオを見てもどかしくて仕方がなかった。彼が彼女のことを大切にしているのは話の端々や行動で分るものの、逃げないで面と向かわないと夫婦であっても伝わらないんですよね。

客観的に見ているから、カナオみたいなことはないと今は言えるけど、自分やヨメさんがウツになる可能性だってあるかもしれない。その時、腫れ物の触るような感じではなく、本気で向かい合うことの大切さというのを教えてくれた気がします。

子供が生まれる前に夫婦生活で口げんかするシーンをはじめ夫婦2人の会話が、この作品の一番面白いところです。お互いの気持ちが繋がる会話のリアルさが好きですね。

リリー・フランキーは、この役は彼しかいないというぐらい、自然体な演技はぴったりでした。こういうちょっとダメ男的な役しか向いてなさそうなのも確かなんだけど、まぁ俳優じゃないですもんね。

教訓:手は小さいほうが良い(^^;

2009年5月5日(火) DVD
ぐるりのこと。@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-05-30 09:28 | 映画レビュー
「紀元前1万年」
ローランド・エメリッヒの最新作。
「インデペンデンス・デイ」で大統領に戦闘機を操縦させ、「デイ・アフター・トゥモロー」では、息子のために極寒の中を父親にNYまで歩かせたりと、かなり無茶なことをさせてきました。今作では「はじめ人間 ギャートルズ」の世界をどう映像化するのか?はたまた何が起こるのか?

【久々の怒りモードです】
a0031718_1672097.jpg

ローランド・エメリッヒ、遂に「伝説」作っちゃいました!
「青い目の少女伝説」って何なん。麻宮サキの少女鉄仮面伝説なら知ってるけど(^^; 瀕死の重傷だったけど助かったじゃダメなんでしょうか。無理やりファンタジーにする必要を感じませんでした。使い古されたストーリーに何のサプライズも無かったんやから、最後は死んだ方が自然な気もする。

冒頭で、巫女が四本足の悪魔が現れ、マンモスを倒した英雄がエバレット(カミーラ・ベル)と結ばれると予言。悪魔は予言だけど、後半はほとんど指示ですからね。
二度目のサーベルタイガーの出現も唐突でしたが、これも「牙(虎のこと)と話す男の伝説」のためにわざわざ出てきてくれたりと、誰も知らないことを良い事に、予言と伝説だけで話を作り上げてます。

ストーリーが大雑把なのは予想できたけど、それにしても酷すぎた。じゃあ、映像が良かったかというと、これも意外と見せ場が少なかったんですよ。

人食いダチョウの旺盛な生命力と、くちばしで木登るというのは面白かったです。それと大きな鳥と言っていた船の造形は良かったかな。ピラミッドは出た瞬間おっと思ったけど、慣れると大したこと無い。マンモスって耳が小さいって初めて気づきました。

監督の作品で映像も見せ場ないとなると映画館で観る価値ないです。

2008年4月27日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
紀元前1万年@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-29 16:07 | 映画レビュー
「陰日向に咲く」
【ネタバレです】
a0031718_23361646.jpg

原作を読んだヨメさんから、笑える話だよと聞いてたんで、途中は少し肩透かし気味かなと思ってましたが、後半からは畳み掛けていきましたね(^^;

最初はなかなか登場人物の接点がなくて、ラストに向けて一気に相関関係がわかる様になっていくパターンは好きなタイプの作品。誰もが思いを伝えることができなくて、悶々としながらも、結果的に自分の理想からどんどんと外れていってしまう。完璧な人なんていないんだから、身近に感じられて、やさしい気持ちになれる・・・のか? 

う~ん、見終わった後はそれなりに満足していたんだけど、いざ感想を書こうと思うと印象に残るシーンが全く無いんだよなぁ(^^; 登場人物はみんな、それなりに苦労や苦悩を背負ってるはずなんだけど、それが映像として伝わってこない。なんだか軽いんですよね。

群像劇なんで、そんなに人を掘り下げることもないんやろうけど、もう少しシンプルにした方が見応えはアップしたような気がします。個人的には、崖っぷちアイドルみゃーこ(平山あや)ゆうすけ(塚本高史)との物語が一番好きかなって、これはサブストーリーですね(^^;

2008年2月24日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
陰日向に咲く@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-03-25 23:37 | 映画レビュー
「クワイエットルームにようこそ」
「恋の門」に続く松尾スズキ監督、長編2作目。
大人計画の舞台は観たいと思いながらまだ行ったことがないのですが、「イン・ザ・プール」「恋の門」での演技者としてのはじけっぷりや、監督としては、前作や「ユメ十夜」の中の短編で奇抜なだけでなく、しっかりと構成された私好みの作品を作ってるので、楽しみにしていました。

仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日、目が覚めると見知らぬ部屋にいた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる隔離された閉鎖病棟で、ナースから薬物とアルコールの過剰摂取により運び込まれたと説明される。さまざまな問題を抱えた患者たちと出会う中、彼女は自身を見つめ直してゆく。(シネマトゥデイ)

【ネタバレです】
a0031718_0343997.jpg

クワイエットルームで目覚める明日香の恐怖が手に取るように伝わってきました。
記憶を無くした状態で手足を拘束されて、外からは悲鳴、ドアの隙間から怖い目をした女・ミキ(蒼井優)が覗いていたら、それだけで私なら狂っちゃうんじゃないかと思いますよ(^^;

内田有紀は久しぶりに見たのですが、全然見た目のキレイさは全く変わってないですね。主役としての存在感がありました。離婚で吹っ切れたのか、ゲロまみれになったり、クドカンのおしり触って、落ち着いたり、やってくれたなという感じ。これからの彼女の演技にも期待できそう!

蒼井優は凄い。あの髪型も効果的だったとは思いますが、本当に拒食症のようにみえるんですよね。

入口はコメディタッチなのが、明日香の事実が見えてくるのにしたがって、シリアスになっていく。でも暗くなりすぎないサジ加減が絶妙なんですよね。特にラストで明日香が退院する時は爽快な気持ちさえ起こってきます。入院患者も一見個性的なんですが、特殊な人たちと言うよりかは、ちょっとした心のバランスがずれただけで、誰にでもあそこに入る可能性があるような描き方をしてるのが、上手いし怖さもあります。

メールアドレス『ハッピーライフ』は皮肉でしたね~

2007年11月14日(水) ホール・ソレイユ
クワイエットルームにようこそ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-01-03 00:39 | 映画レビュー
「傷だらけの男たち」
この作品を観たOS劇場なくなっちゃったんですね。
「TOHOシネマズ梅田アネックス」として再オープンしたということですが、ちょっと寂しいです。高松からだと簡単に観にいけるわけではないんだけど・・・

「インファナル・アフェア」シリーズの製作チームが作ったからといって、同じものを期待してはいけません。

刑事であるヘイ(トニー・レオン)とその部下ポン(金城武)。ある事件をきっかけにポンの恋人が自殺、ポンは、警察を辞めて酒びたりで自堕落な日々を送っていた。ヘイは億万長者チャウの娘スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚し、順調な日々を送っていた。ある日、義父のチャウが自宅で惨殺される事件が起きた。父の死に不審に思ったスクツァンは、私立探偵になっていたポンに捜査を依頼する。

【ネタバレです】
a0031718_036759.jpg

脚本も悪くないし、香港ぽさからは離れてる気もしますが映像も頑張ってると思います。なのに、この観終わった後の不完全燃焼加減は、やっぱり構成が悪いんじゃないですか。

早い段階で、ヘイが犯人であることを示唆というか、そのまま犯行シーンが描かれている。これがヘイが犯人ではなくラストのどんでん返しに繋がるならまだしも、そうじゃないのではサスペンスとしての面白みを半減させた上に、自らハードルを上げてるんですよね(^^;

百歩譲って、こんなに早く犯人をバラすのであれば、もっとヘイの内面を描かないと意味が無いだろう。なのに、何十年と家族を殺された憎しみを秘めていることが、全く伝わってこないのは、致命的としかいいようがありません。

それとこれは私が日本人だということのハンデですが、チョイ役の登場人物が多く、名前も似通ってるから、必要以上に話がややこしくなったところ。それにキョンと言われたら、チャップマン・トウでしょ(^^; 

「インファナル・アフェア」は完成度も高くて、リメイクには期待してなかったけど、今作はシンプルで派手にするのが得意なハリウッドの方が面白くしてくれるんじゃないかとも思ってます。

2007年7月7日(土) OS劇場
傷だらけの男たち@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-10-17 00:43 | 映画レビュー
「キサラギ」
芝居向けだなと思って観ていたら、実際に48BLUESという渋谷系小劇団で2003年に上演されていたそうです。

芝居を元にした作品と言うと「サマータイムマシン・ブルース」が思い出せます。また、ずっと同じ部屋にいて、謎が解けていくと言えば、「12人の優しい日本人」と同じ。この3作品、共通するのは、映画より映像的制約が多い芝居がベースになっているのも大きいと思うのですが、脚本がしっかりしているのと、個性的すぎる登場人物が多数出ているところ。個人的に非常に好きな作品たちなので、贔屓目もありますが、ハリウッドのようにお金をかけなくても、良い映画を作れるという見本やと思います。

アイドル・如月ミキの一周忌追悼会に集まった5人の男たち。家元(小栗旬)、オダユージ(ユースケ・サンタマリア )、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、イチゴ娘(香川照之)。家元が運営するファンサイトの常連である彼たちは、最初は彼女の思い出話に花を咲かせていたが、いつしか彼女の死の真相を推理しだしていた・・・

【ネタバレです】
a0031718_23525797.jpg

死の真相(あくまでも彼らの推理ですが)に近づくにつれて、それぞれが如月ミキと関わりがあるということが、少しづつ判明していくタイミングが絶妙で、ジクソーパズルが出来上がっていくかのような気持ち良さがありました。狂言回しかと思っていた家元がミキちゃん大切な人(推測)だったというのも、爽快でたね。5人のコンビネーションの良さが伝わってきました。

全員芸達者だなと感じましたが、その中でも香川照之は別格でした。
どんな役でも出来るけど、風変わりなキャラを違和感なく演じていて、芸の幅の広さにはいつも感心させられます。好んで変な役に出てる気がするぐらい(^^; でも、この映画でひっかっかたのは、彼の役柄なんです。

5人は少なからず、ミキちゃんの死に関係していて、しかもイチゴ娘は実父だというのに、ラストでプラネタリウム見て、すっきりしてる場合じゃないだろうって思いませんか?コメディであることは間違いないので、あまりつっこむべきところでもないんだけど、せめてイチゴ娘だけでも、違ったリアクションをしても良かったんじゃないかな。

ラスト、ビデオのミキちゃんの歌に合せて応援する5人の踊りがバラバラなのと、振り付けラッキィ池田だったのには笑えました(^^;

2007年6月23日(土) シネリーブル神戸
キサラギ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-09-18 23:50 | 映画レビュー
「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」
どうにかしてドラマDVD観てからと思っていたのですが、、前作の「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」を観た勢いで鑑賞してきました。

橋本じゅん、観れたことで大満足!
生粋の「木更津キャッツアイ」ファンではないので、喜んでるポイントが違うのは自覚しております(^^; 
誰という方もいると思いますが、日系ゾンビ役をやっていた役者さんです。「タイガー&ドラゴン」にも組長役で出演してます。劇団☆新感線に所属していて、芝居では最高に面白いんですよ!なかなかTVなどでも見る機会がないのですが、今回は結構出番多くて、本当に嬉しい!最初は、誰だかわからなくて、くりぃむしちゅーの有田?と思っていたんですが、演技うまいし、よく見ると橋本じゅんじゃないですか。これで、ゾンビ出すかぁという気持ちも吹っ飛んでテンション上がっちゃいました。よく考えたら、ぶっさんも似たようなもんですよね(^^;

【ネタバレです】
a0031718_21272430.jpg

親父にだけ、ぶっさん(岡田准一)が見えないというのも酷な話だなと思いながら観ていました。でもラストで「ありがとう、お父さん。」とつぶやいたぶっさんに、笑いながら「普通だなぁ。」と語りかけるシーンで、きっちりバイバイをしていたからだったんですね。寂しいながらも、ホッとしました。

ぶっさんに出会えて喜んでいたものの、22歳のままのぶっさんとのギャップに、自分たちがあの時のままでないことに気づいた。25歳になったキャッツの面々がマウンド上でバイバイするシーンは、薄情なように見えるけど、それが成長というものなんでしょう。うっちーが一番成長してたね(^^;

相変わらず小ネタも沢山あって、最初から最後まで楽しめました。
ますます、ドラマ観ないとなぁ(^^)

2006年11月19日(日) 伊丹TOHOプレックス
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-11-19 22:11 | 映画レビュー
「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」
ドラマは一切観てないので、付いていけるか心配もあったんですが、ヨメさんに解説してもらいながらだったので、それなりに大丈夫でした。これで、ワールドシリーズの予習ぐらいにはなったかな。 

豪華キャストは映画だけじゃなくて、ドラマから引き続き出てる人が多いんですね!哀川翔は「ゼブラーマン」の番宣と思ったら、あっちもクドカン(^^; ドラマますます観たくなりました。

いきなり30年後で、 中尾彬や岩松了が出てきたのにびっくりです。中尾彬がバンビって、誰のことか判らなかったけど、 櫻井翔のことだと、知ってから笑えました。タイミング、ズレズレなんやろうけど(^^;

主役たちは勢いがあって、脇は芸達者がしっかり固めているので、バランスが良いなと思います。南の島へ漂流したり、環境問題まで踏み込むゴミの怪獣を出したりと、何でもありのごった煮。クドカンやりたい放題だけど、出演者たちが一番楽しんでそうなので、観てるほうも乗ってきますよ。最後はライブで締めるのも、盛り上げる王道だけど、それまでが破天荒だった分、妙に安心しました。その後の怪獣は・・・

南の島で日本語を教えたのが山倉ってのが妙に面白かったです。
元ジャイアンツの山倉捕手ですかね(^^;

2006年11月14日(火) TV録画分
[PR]
by borderline-kanu | 2006-11-15 00:48 | 映画レビュー
「カポーティ」
「ティファニ-で朝食を」で有名なトールマン・カポティ。
当時、小説と言えばフィクションが当たり前のなか、実際に起こった殺人事件を元に小説を書くことを決意する。最高傑作と言われている作品「冷血」を執筆するカポーティの作家としての狂気性や複雑な人格を描き出してる作品です。

カポーティの本読んだことないし、本人もどんな人か知らなかったので、予告編や粗筋聞いただけでは、観るかどうかは悩んだと思います。そう考えたら、アカデミー賞の力は大きい。フィリップ・シーモア・ホフマンの演技はそっくりらしい。でも友達には絶対になりたくない!

【ネタバレです】
a0031718_21115288.jpg

カポーティは、ゲイをカミングアウトしてたそうです。
「ブロークバック・マウンテン」の物語が1963年の出来事、ゲイは問答無用で殺される時代ですから(^^; NYでは平気でも、カンザス行ったら・・・
最初、カンザスで保安官?警察?に会いに行ったときの、反応がまさにそんな感じでしたもんね。有名人どころか、キワモノ扱い。

NYでカポーティが朗読会を開いたことを犯人の1人ペリー(クリフトン・コリンズJr. )に知られたところからは、俄然面白くなります。友人だと思っていたのにと言って、カポーティを睨むペリーの目の凄み。邪悪なゴラムようです。ペリーの姉が語っていた冷酷な一面を見たと思いました。

それでもカポーティは、適当にかわしながら、弁護士を雇って裁判を引き伸ばす。それで真実を知ったら、急に冷たくなって、死刑を望む。死刑のシーンがないと「冷血」は終われないから、当然かもしれないけど、犯人といえども人の心を弄ぶ様は気分悪いですね。

死刑の前にペリーたちに会ったときの涙は何なんでしょうか。自分が望んでいるのに、まさに役者やなぁという感じです。ダメ押しは、死刑の後のネルとの電話。「彼らを救えなかった。」「救いたくなかったのよ。」、ネルよう言ったと思いました(^^; それでも、実際にこの作品の後、書けなくなったというのは、彼にも良心のカケラは残っていたんでしょう。

ノン・フィクション小説を書くと言うのは、大変であったとしても、カポーティのやり方には全く共感できない。映画の狙いは観客にそう思わせることなんでしょうけどね。

2006年10月6日(金) 梅田ガーデンシネマ
カポーティ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-10-08 21:18 | 映画レビュー