【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ:サ行 ( 53 ) タグの人気記事
「ストリングス/愛と絆の旅路」
あやつり人形劇は今までほとんど観たことがなかったけど、この作品を観ようとした時に思い出したのが、「マルコビッチの穴」。劇中劇としてあるマリオネットの動きは、魂が入ったようで芸術の域に達してるなとほれぼれしました。

この作品は、物語全編をあやつり人形だけでクオリティを落とさずに表現できるのだろうかという点に非常に興味を持って鑑賞しました。

【ネタバレです】
a0031718_17231749.jpg

普遍的な内容で、物語の面白さという面では期待できませんが、あやつり人形という動きに制限があるものを逆手にとって、世界観を作っているのが面白かったです。いやでも目に入るあやつり糸が彼らが生きるための生命線なんです!そうすることで、糸の多さが見ていても全く気にならなくなって来るんですよね。

それどころか、糸を生かした演出が秀逸でした。
例えば、子供たちが遊びで、絡まっちゃったと自分たちで糸を絡ませて、親に解いてもらったり、牢屋では、格子状の屋根があるためにあやつり糸が自由に動かせなくて、それが移動を制限するためのものとして描かれている。
そして、牢屋からの脱出方法が格子の屋根を落とすことだったりとアイデアの豊富さに舌を巻きますね。

人形の口が動かないので、どうしても表情の乏しくなるのは残念だけど、大人が観ても十分楽しめる作品だと思います。

2009年1月23日(金) DVD
ストリングス/愛と絆の旅路@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-03-01 18:27 | 映画レビュー
「ジュノ」
実写を取り込んだアニメとアコースティックの曲が非常に合っていて、この作品のイメージにぴったりなオープニングだったと思います。

子供を生むというのは人生の大きなイベントであり、高校生のジュノ(エレン・ペイジ)にとっては特に大変なことだろうけど、変に深刻にならずに最後まで描かれていたのは好感をもてるのですが・・・

最後はジュノが赤ちゃんを育てるんだろうと思ってたんで、ストーリーの意外さはあったものの、誰にも共感できず、自分も年を取ったのかなぁと思いましたよ(^^;

【ネタバレです】
a0031718_22293233.jpg

色々と違和感はあったのですが、1番は赤ちゃんを里子に出したということかな。アメリカでは一般的なのでしょうか。少なくとも、現代の日本ではあまり考えれない選択ですよね。
確かに中絶するよりも一度宿した生命を尊重するという意味では良いとは思います。ただ、自分で育てようという葛藤があまりにもなく、里子に出すというのはあっさりしすぎな気がしました。

両親の反応も物分りが良すぎるし、ポーリーに至っては、妊娠を告げたときに、「君の好きにすればいい。」という始末。自分が父親になったという意識が全く無いのだろうし、高校生ということを差し引いても、人としてどうなんだろうって思いました。そして、そんなポーリーをやっぱり好きだと思えるジュノのことも理解できなかった。

こういった性の問題を中心にしながら、あえてシビアな部分を描かないのはコメディとしては良いけど、きれい事にしか見えないんですよね。逆にこれが今の子供たちの感覚なんだと言われたら、それはそれで怖いけど。

養子を欲しがっている夫婦の旦那マーク。お金もあって、いい歳なのに、子供心を持ってるのではなく、まだまだ子供でありたいんだなとしか思えない。でも唯一、奥さんが壁紙を塗るシーンは、マーク目線で見てしまいました(^^;

作品のテンポ、雰囲気は非常に好きなんだけど、内容は共感できなかったこともあって、個人的にはいまいちでした。

2008年12月29日(月)DVD
JUNO/ジュノ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-02-15 22:31 | 映画レビュー
「ゾンビーノ」
ホラー映画は好きでないし、ゾンビに何の思い入れもないので、ゾンビ映画自体ほとんど観たことがなかったけど、コメディチックなこの作品ならと思い鑑賞しました。

ゾンビのスローな動きって、ほのぼの系と相性いいですね~
ゾンビがペットというシュールな 映像に慣れてくる自分が怖い(^^;
a0031718_23401536.jpg

ゾムコン社のおかげでゾンビ戦争も終結し、問題が解決されたように気にさせられるけど、実際は安全なのは街の中だけで、周辺はノラゾンビがウロウロ。ちょっとしたきっかけで、ゾンビが暴走しだすとあっという間に、街一つ簡単になくなりそう。本来は緊張感のある生活だと思うけど、やけにのんびりした雰囲気が面白い。

お父さん(ディラン・ベイカー)に一番共感できました。
人間に飼われるぐらいなら、私も火葬希望です(^^;

10月25日(土) DVD
ゾンビーノ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-12-03 23:41 | 映画レビュー
「ザ・マジックアワー」
公開1週間前になると、出演者たちがこぞって番宣でTVに出まくるのは、見慣れた光景ですが、2週間も前から、しかも監督だけで至るところに顔を出してるのは、三谷幸喜ぐらいでしょう。驚いたのは、「ガキの使い」に出てたこと。鼻にワサビを詰められるは、頭から卵や納豆をかけられるはで、何もそこまでしなくてもと、誰もが思ったんじゃないですか(^^; それにしても彼の芸人根性、いや監督根性には頭が下がります。

この作品には、色々な映画のオマージュがあります。私は元の作品の基礎知識がないから、細かい部分まで楽しめてないかもしれませんが、公式HPのプロダクションノーツには監督自ら、劇中映画の紹介がされているので、私と同じぐらいのレベルの方は、鑑賞前に一度見ておくのも良いと思いますよ。

【たっぷりネタバレです】
a0031718_22241538.jpg

売れない役者が、映画の撮影と思い込んで、殺し屋として街にやって来る。あらすじを読んだ時には、コメディだから良いけど、なんともアバウトそうな作品だなというのが、観る前の第一印象。

実際に鑑賞したら、マネージャー(小日向文世)がいることに意表をつかれた。
どうみても怪しい映画の撮影に対して、いちゃもんをつけることで、最初は監督が自らハードルを上げてるなぁと思ってました。でも彼の存在は、「そんなん、おかしいぞ。」と思ってる観客の代弁者なんですよ。この作品がコメディであるにしろ、最低限のリアリティを保ってるのは彼のおかげだと思いました。それでも結局は、病院で撮影の邪魔になる医者を止めたり、最後は外国人ギャング役まで受け持って、どっぷりはまってるんですけどね(^^; 

村田大樹(佐藤浩市)は根っから俳優でした。
ボス(西田敏行)とデラ富樫=村田の絡みは最高!お互い勘違いしてる綱渡りの会話には大爆笑でした。村田が隣のビルから撮影していると思ってるから、ことあるごとに窓を見るとこも細かいなぁと。このシーンどう終わらすのかと思ったら、備後(妻夫木聡)の「カット!」の一声。そこで村田以外の全員が狐につままれたような顔になるところが好きです。

そして、デラ富樫の愛称が苦し紛れでカットになっちゃうし、備後以外がデラのことをカットと言ったら、「この人以外は、カットと言っちゃダメだ!」と村田が怒ったりと、話がどんどん転がっていくところなんて気持ちいい。エボラ(香川照之)の前でデラが素顔を見せるシーンは、どうみても新種のゴリラでしょ(^^;

ラストシーンは映画撮影の技術を使って、ボスを騙すという大掛かりな仕掛け。
そこも一ひねりあって、本物のデラ富樫まで登場し、最後まで楽しませてもらいました!

妻夫木聡は髪型ばかり気になったけど、新境地開拓でした。彼の笑顔って、意外と詐欺師向きなのかも。「THE 有頂天ホテル」でボーイ役で歌ってた香取慎吾が、また歌ってましたね。

2008年6月7日(土) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
ザ・マジックアワー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-06-12 22:30 | 映画レビュー
「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」を代表するような、多くの人間が入り乱れるクライム・アクションは好きなんですよね。

暗殺者たちは、これでもかと曲者を集めました。
風貌にしろ、武器にしろ、死に方にしろ、たとえ雑魚キャラであっても、しっかりと出番を作っていているのは、監督の手腕なのかと思います。ただ、前半は特に、展開の切り替わりが早いんで、次に出てきた時、誰やったけ?と思い出すのが一苦労でした。

【ネタバレです】
a0031718_12134793.jpg

狙われてるエース(ジェレミー・ピヴェン)が一番魅力ないんだよなぁ。
マジシャンがギャングの真似事して尻尾掴まれるんやから、どうしようもないね。せっかくマジシャンなら、もう少しマジックを生かした出番があっても良かったんじゃないかな。

ラストシーンでベットに横たわってるエースとスパラッザを殺すのはいいんだけど、あれは都合良過ぎない?完全に上司のボーンヘッドでしょう。普通はあそこで伴って部屋の外に送り出すもんじゃないの。帰れとか言って、そのまま放置する意味が解らん。

もう一度観ると人物関係もすっきりして違う面白さも感じるかも。

2008年4月11日(金)DVD
スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-26 12:14 | 映画レビュー
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
小学生の頃、立ち読みした雑誌に載っていたホラー漫画。
床屋のオヤジが頭がおかしくなって、ヒゲ剃る時にめった切りするってのが、あったんですけど、それ見てから、床屋でヒゲ剃ってもらう時は身構えるようになったんですよ。あの瞬間って、完全おまかせ状態でしょ、本当はリラックスしたのに、想像してしまうと変に肩に力入ってました。
そんな思い出が蘇ってくる映画だった・・・

【ネタバレです】
a0031718_22555861.jpg

ホラー映画は家で見るならいいんですけど、劇場では苦手、その中でもスプラッターは特にダメなんです。さらにミュージカルは好みのならいいけど、外れた時は眠くて仕方ない。そんな天敵が2つもあると・・・
これが意外にもにもミュージカルに助けられた(^^; 

元々ミュージカルなのは知っていましたが、いきなり歌いだすほどミュージカル色が強いとは思ってませんでした。大丈夫かなと思ったけど、これミュージカル無かったら、暗くて重くて、殺人シーンの描写は本当に残虐で見るのが辛くなっていたと思う。人肉をパイにしようと相談するトコなんて、あっけないぐらいでしたもんね。あれを暗~く話されたら、気が滅入りますわ。

無差別殺人鬼の単なる猟奇映画に成り下がらなかったのは、コスプレ好きジョニー・デップの迫真の演技と、ティム・バートン独特の映像美のおかげでしょうね。復讐の虜になった男が、いつの間にか殺すことを楽しんでいるところが、一番怖い。

ミセス・ラペット(へレナ・ボナム=カーター)の儚い恋心をカラーの映像で写してるシーンが、コミカルなんやけど切なかったですね。

2008年2月17日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-07 23:00 | 映画レビュー
「Sweet Rain 死神の精度」
【ネタバレです】
a0031718_2316615.jpg

原作を読んで鑑賞しました。
伊坂幸太郎にしては平凡な(失礼だけど)作品やったと思うので、たいして期待もしてなかったんですよ。それでも、映画とは別物とは言え、半分はただのグチです(^^;

死神だけで繋がってるの3人の物語を、1人の女性の物語に変えたところは、映画的には正解でしたね。それぞれの大筋を変えずに、人物設定を置き換えたことで、連作短編の趣きがあり、伏線もあるので最後までダレずに観る事ができた。

原作も時代を越えた短編なんですが、本で読む時は、頭で想像する分、違和感は少ないし、逆にこんなに時間が過ぎていると感じた瞬間が、腑に落ちたり、「こう来たか!」と嬉しい気持ちになったりできるんですよ。

でも、映像はごまかし様がないから、竹子ロボが出てきた瞬間、ぽかんとしてしまいました。しかも、ロボ以外は、全然未来感ないし(^^; あんなんするなら、最初の物語を無理に古臭さ出す必要ないやん。

死神は、金城武のしゃべってるイメージぴったりでした。
でも、これも本で読んでるから良いのであって、「難破とナンパ」や「見にくい顔と醜い顔」シリーズは、間が難しいから、笑えないんすよ。劇場もどちらかと言うと失笑気味でした。
金城武は、邦画でなくていいです、中華圏で出てる方が彼らしさが生きるんじゃない?!

2008年3月23日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
Sweet Rain 死神の精度@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-03-27 23:16 | 映画レビュー
「潜水服は蝶の夢を見る」
【ネタバレです】
a0031718_2235741.jpg

いきなり、昏睡から目覚めたジャン=ドー(マチュー・アマルリック)目線なので、いやがうえにも追体験しながらの鑑賞になります。「自分を哀れむのを止めた」という心境に至るまでが意外と短かったのですが、そこに至るまでは想像を絶する苦悩があったんでしょうね。観てるだけでも、死んでしまいたいという気持ちになっても不思議じゃないと思いましたよ。

同じように首から下が不随となった男の物語、「海を飛ぶ夢」は、死ぬためにどうするかということだけが映画になっていたぐらいですから。2人の状況は似ていても、(ジャン=ドーの方が左目しか動かないことを考えれば辛い!)映画の方向性が前向きになのと後向きなのは興味深いですね。

左目しか動かないので、会話の方法は上の写真にあるようなボードを相手が読み上げながら、伝えたいアルファベットになったらウインクするという気が遠くなるような作業です。

ただ見終わってヨメさんとも話していたんですけど、ボードを見せながらアルファベットを棒でなぞっていって、伝えたいところに来たらウインクしてもらうようにした方が、よっぽど速いんちゃうかとか、会話なら「私は」で始まることが多いはずやから、J(フランス語ではJe)を20番目やなくて、もっと前にするとか、工夫していったらいいにのと思ってしまいました(^^;

そんな中、1冊の本を書き上げるというのは、凄いことですよね。でも一番驚いたのは、この本が出版されて、幾日も経たないうちにジャン=ドーが亡くなったことです。気力を使い果たしてしまったのかなと。

こういう映画を観ると、1日1日を無駄に生きてる場合じゃないなと、その時は思うんですけどね(^^; すぐに流されてしまいますなぁ・・・

2008年3月1日(土) ホール・ソレイユ
潜水服は蝶の夢を見る@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-03-20 22:13 | 映画レビュー
「サウスバウンド」
「イン・ザ・プール」でめちゃくちゃはまってしまって、原作読んだら、これも面白くて、奥田英朗の本(文庫だけですが)、昨年からほとんど読みました。色々なタイプの小説が書ける人なんですけど、どれも読み始めたら止まらなくなっちゃうんですよね(^^)

「サウスバウンド」は映画が先か原作が先か悩んだ末、読み終わってから鑑賞。でも正直言って映画観なかった方が良かった。これだけ良いところを探すのが難しい映画も久しぶりですわ・・・

長い原作だったので、色々とカットされるのは仕方ないと思うし、映画ならではの魅せ方もあるだろうから、原作と違う部分に文句言うつもりはないんです。ただね、原作知らずに観たら良かったというとそういうレベルじゃない!
a0031718_1143881.jpg

元活動家・上原一郎(豊川悦司)の息子・二郎(田辺修斗)から見た物語。
原作では二郎の心の声といったものが、読み手との共感を呼ぶんですが、映画ではそのあたりが結構省かれているので、淡々と話が進み、観る方が置いてけぼりになっちゃうんですよ。

前半の東京編ではを二郎の学校での話が中心。主演の田辺くんは良いとしても、他の子役は、棒読みに近くて、なぜ大画面でこんなん観てるんやろという気にさせてくれます(^^; 子供ばかりの演技って難しいなとは思うのですが、もう少しなんとかならなかったんでしょうかね。個人的には、息子の二郎ではなく、上原一郎を主役にした方が、まともな映画になったと思います。

西表島に行く理由が判らない。
いじめられてた中学生に怪我をさせたことが原因のようになってるけど、はちゃめちゃな元活動家がそれぐらいのことで引越すとはとても思えない。これは、引越す理由になる事件が、そのままカットされてるからなんだけど、西表島に行くと母(天海祐希)が宣言するシーンが唐突すぎるように感じました。

西表島に行ったら行ったで、地元の人たちの演技が子役以上に棒読みで、わざとやってるのと疑いたくなってきます。特に森の中の家を一郎に貸したサンラーや、町会議員の座間は、「さんまのからくりTV」のご長寿早押しクイズに出てくるご老人なみでしたから。

ちなみに原作は、なかなか面白いですよ。連ドラでの映像化希望です(^^; この映画たぶんヒットしないから無理でしょうけど・・・

2007年10月14日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
サウスバウンド@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-10-21 01:14 | 映画レビュー
「幸せのレシピ」
リメイクやったんですね。元の作品はどうなんだか分らないけど、料理は魅力的でしたが、軽い映画でした。

ケイト(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)とニック(アーロン・エッカート)の恋愛パートにしても、ケイトとゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)の交流にしても、あっさりなんですよね。ラブコメと言ってしまえば、それまでだけど、物足りなかったなぁ。

【ネタバレです】
a0031718_21514960.jpg

最初にケイトが店から帰ってきて、留守電の確認をした時の、「メッセージは一つもありません。」と字幕に出たのは思わず笑いました(^^; 「一つも」って、ケイトの心境や孤独な環境を表すにはぴったりな訳かもしれません。でも、なるべくフラットな気持ちで観たいから、個人的にはそういうのは好きじゃないです。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズは今回はレストランの料理長という設定だけに、料理への情熱は伝わってきました。ただ、厳しさだけしか感じられないので、ニックが彼女の何処に惹かれたかは全く分らなかったよ(^^; 

アビゲイル・ブレスリンは「リトル・ミス・サンシャイン」でも上手いなと思ったけど、今回も子供っぽさと二人への気遣いとか彼女のおかげで映画が締まったと思いました。これからも、ますます注目したいです。

料理がたくさん出てくる映画って、それだけで嬉しくなる!
それに今回は料理がきっかけになるシーンが多い。ゾーイが初めて心を許したのは、ニックがまかない用に作った、バジル入りのミートソース。ケイトとニックが近づいたのは、ニックが作ったティラミス。ケイトがニックを引き止めるために、家まで行って、味見させた特製サフランソース! この映画観て、自分でティラミス作ろうとレシピ検索しましたから~

ストーリーは単純で物足りなかったけど、料理には満足。それとキャサリン・ゼタ・ジョーンズは、やっぱり色っぽい方がいい(^^;

2007年10月7日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
幸せのレシピ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-10-14 21:55 | 映画レビュー