【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ:ナ行 ( 16 ) タグの人気記事
「ナンバー23」
この映画はSHOWBIZカウントダウンという毎週アメリカの映画ランキングを発表する番組で、紹介された時からヨメさんがずっと観たいと言っていて、結局日本公開時も観れずで、DVDの準新作になるまで待っていました(^^;
私もジム・キャリーのコメディ色を抑えた演技が好きなので、結構期待していたんですよね。

犯人は誰だ、あの謎はどうなってるのと考えながら観れるサスペンス映画は好きなんですが、この作品を観てもある程度パターンが出尽くしたのかなと思えてしまいます。「SAW」を観た時のあの衝撃が欲しい(^^; まぁ、最近映画観ていないから、知らないだけかもしれませんが。

それにしても、もっと納得できないのは、

【しっかりネタバレです】
a0031718_18501828.jpg

23は、なんやってん!
歴史上の出来事に23が関係してるようなオープニングから始まって、23いう数字に振り回される主人公たち。結局、強引な数字合わせゲームだっただけで、メインストーリーとは全く関係ないし、最後はほったらかしで終わって、ほんまにがっかり。23の行方が一番興味あったのに・・・

ウォルター(ジム・キャリー)が探していたのは、記憶を喪失する前の自分自身だったというオチ。見飽きたパターンなんですが、せっかく幸せに暮らしてたのに、自ら過去を掘り起こしてしまうというのは、よくよく考えるとかなり不幸ですね。だいたい、人を殺して、ホテルの部屋にその証拠になるようなことを書き残して、よく捕まらなかったなと、そっちの方が不思議なんですけど(^^;

観終わってからのお約束。
自分の誕生日を西暦と和暦で足したり引いたりしてみましたが、何度やっても23にはならず。その代わりどちらも22になりました。うわぁ、ナンバー22だ(^^;

2008年11月2日(日) DVD
ナンバー23@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-11-08 18:50 | 映画レビュー
「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」
世界3大ファンタジーの1つです。
「指輪物語」は、原作をこよなく愛した監督の妥協を許さない姿勢が大人も楽しめる作品になったと思うけど、ストーリー自体は、現代の人たちには、目新しいものではなかった。「ゲド戦記」は、あれでは何も伝わってこないので、誰か違う監督で映像化希望(^^;

この作品も書かれたのは50年以上前、ストーリーに期待しちゃいけないと思い劇場へは行きませんでしたが、TV放送ならと鑑賞。

【ネタバレです】
a0031718_2201036.jpg

観終わってから知ったのですが、これって聖書がベースになった物語なんですね!現代の映画でも宗教的背景がある作品も多いですが、ある意味、そういった作品の原点的な作品なのかもしれません。アスランがキリスト、石舞台がゴルゴダの丘、児童文学で刷り込むとは、恐るべしキリスト教(^^;

ストーリーも映像もサプライズはなかったけど、次男エドマンド(スキャンダー・ケインズ)は良かったなぁ。あのヘタレっぷりが、どファンタジーの中でのリアリティなんですよ。
お菓子欲しさにタムナスさん(ジェームズ・マカヴォイ)を売り、白の魔女(ティルダ・スウィントン )の城では、殺されそうになって、兄姉の居場所を教えと、観てる方は、あぁ~ぁと思うけど、子供だから憎めないし、これを糧に成長しろよと思ってしまう(^^;

ペベンシー4兄弟がナルニアに来ただけで、雪が解けていくのはなんでなんでしょう?全面対決はお互いに戦術がなく、力勝負だし、白の魔女はなんで魔法使わないんじゃ~

武器をプレゼントするブラック・サンタ、結構好きです。

2008年5月18日(日) TV
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-05-26 22:02 | 映画レビュー
「茄子 スーツケースの渡り鳥」
パオパオビールが帰ってきた!
OVA作品として「茄子 アンダルシアの夏」の続編が日本を舞台に戻ってきました。前作でロードレースに俄然興味持ってしまって、(実際のレースは観たことないけど・・・)、早速借りてきました。

今回も主人公はぺぺ(大泉洋)。同僚のチョッチ(山寺宏一)との写真は、何度見てもルパンと次元大介のように見えるんですよね(^^;

【ネタバレです】
a0031718_23563299.jpg

ジャパン・カップの開催場所は宇都宮。
日本のスタッフのひかるのお勧めの漬物屋で今回も茄子漬け出てきました。このシーンでひかるも茄子漬が一番好きという話があったんで、来年行き場のないぺぺは、ひかると意気投合して、日本に住むみたいなオチかなと思ったけど、あっさりスルーされてました。

その他にもスター選手のザンコーニがあえて残り1周でリタイアする不完全燃焼さも、それならレース出なくてもよかったんちゃうかなと思えるし、54分という時間で完結する分、サイドストーリーは中途半端な感じが否めません。しかし、前作以上にレースシーンは多くて、アップダウンの多いコースでの駆け引きとレーサー視点でのスピード感溢れる映像は、見応え十分です。

また、体重をコントロールするための食事制限やトレーニングに苦労し、何のためにレースをしているかと悩んでいるチョッチの姿は人生と置き換えると非常に身近に感じます。そんな中、ペペが「俺は勝つために生きている」と言いながらも、最後はチョッチを勝たせるために自分が無理をするところはとても好きなシーンでした。

地上波でロードレース観れないかな・・・

2008年5月17日(土) DVD
茄子 スーツケースの渡り鳥@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-05-21 23:57 | 映画レビュー
「ノーカントリー」
2008年アカデミー作品賞をはじめ4部門を獲得した作品。
高松では、やっと公開、初日に鑑賞してきました。200名弱のシアターで1日3回しか上映しないにも関わらず、2本目で6割程度の入りでは、 これだけ後回しにされても仕方ないか・・・

シガーと聞くと、思い出すのは、アメリカの規格外の競走馬の名前です。
『芝のレースを走ってる間は、パッとしなかったのが、ダートに矛先を向けると、8馬身差の勝利。そこから16連勝という記録を打ち立てた。G1を11勝し、しかもそのほとんどが楽勝であったことから1990年代のアメリカ最強馬と押す者も多いそうです。期待されて種牡馬になったが、無精子症であることが判明し、治療もむなしくついに1頭の産駒も残さず種牡馬を引退した。』(by Wikipedia)

競馬は好きですが、アメリカの競馬はそんなに詳しくありません。
それでも、この馬のことはあれだけ強いにも関わらず子供を残せなかったということで非常に印象に残っています。なんとなく、その存在がアントン・シガーと通じる気もします。
これからは、シガーと聞くと、おかっぱ頭の怪人も思い出すでしょう。

【ネタバレです】
a0031718_23473859.jpg

最初にアントン・シガー(ハビエル・バルデム)が手錠で保安官の首を絞めてる顔を見て、絶対に目を合わせたくないって思いました!自分のルールで躊躇なく人を殺していくシガー。たまたま入った店の店主にコインの裏表で殺すかどうか決めるなんて、関わった人たちは災厄としか言えないですよね。その時に噛み合わない会話が、コメディなら面白いんだけど、シガーのことを見てきただけに背筋が寒くなる。

モスの奥さんも理不尽でした。殺されるシーンはなかったけど、シガーが自転車の呼び鈴を気にし、車に乗った後もその自転車に乗っている少年をバックミラー越しに確認するという描写で殺したというのを表現するのは、上手いなぁって思いました。

死を司ってるかのような彼が車にぶつけられ、あわや死にそうになるなんて、皮肉なんや。やっぱり誰も自分の未来は判らないもんなんですよ。

ルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)はメキシコ人に水を渡してあげないと、気が済まなかったんでしょうね。危険なことだというのも承知してただろうけど、それでも行ったのは自分に自信があったんだと思う。実際に現場で敵に見つかった時も冷静やったし、なんと言っても、追っ手の犬を撃ち殺すシーンは犬には気の毒だけど、めちゃくちゃ格好良かった。ベトナムへ伊達に2回も行ってません。

シガーの追撃行は、互角の戦いに手に汗握ります。
しかし、エンターティメントにする気なんてサラサラない監督は、多くの観客(もちろん私も含む)の期待をあっさりと裏切るんですよね。2人とも傷が癒え、電話で2人が話した後いよいよ、最後の戦いかと思ったら、モスはメキシコ人にあっさり殺されてしまう(^^; もう、えぇ~って感じですが、そりゃメキシコ人も金を狙ってますわな。

保安官エド(トミー・リー・ジョーンズ)を彼はシガーを追ってるにもかかわらず、結局対面することがなかった。どちらかと言うと、あえて会わない様にしていたように感じました。それはシガーを自分には理解できない存在と思っていたからかもしれません。

ラストで奥さんに夢を見たと言った時は、ひょっとして全部夢か?!と思ったけど、さすがにそれはなくて良かった。パンフをちら見したら、『最後の夢で、エドの父親が先に行き、火を灯してくれていたというのが、不条理の世の中の希望というように解釈』してる文章があったんんですが、私にはあの世で父親が待ってるとしか取れませんでした(^^; だって、「NO COUNTRY FOR OLD MEN」なんですもんねぇ。

ちなみに、冒頭のシガーという馬は、今も余生を牧場で過ごしています。

2008年5月10日(土) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
ノーカントリー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-05-13 23:53 | 映画レビュー
「茄子 アンダルシアの夏」
スペイン・アンダルシア地方って、茄子漬が名物とは知りませんでした。5日目が一番美味しいを強調してましたが、ピクルスみたいなもんですかね。でも、調べてみると正確には、隣の「ドン・キホーテ」で有名なラ・マンチャ地方の名物らしいです(^^; どちらにしても日本とは離れた地で茄子漬が食べられてると聞くと、親しみをおぼえますね。

【ネタバレです】
a0031718_21131530.jpg

日本ではあまり馴染みのない自転車レースの物語。
自転車レースと言えば、ツール・ド・フランス。これも名前を知ってるぐらいで、実際にレース観た事ありません。しかも、このアニメの舞台はスペイン。ブエルタ・ア・エスパーニャというスペイン一周レース(ツール・ド・フランスのスペイン版)です。日本人からするとかなりマニアックな舞台設定にもかかわらず、これがなかなか興味深いんです。

自転車レースって、マラソンのような孤独な戦いかと思っていたんだけど、どちらかと言うとF1のようにチームとしての戦いに近いんですね。47分の短い中に、レースの駆け引きの面白さが凝縮されていたんで、機会があれば実際のレースを観てみたいと思いました。

ラスト1キロの顔が壊れるほどの(上の写真)死力を尽くした大激戦は、アニメならではで、ほんまに大笑いしてしまいます。

レースの間に挟まれるぺぺと兄アンヘルとカルメンとの関係が切ない。アンヘルが軍隊に徴兵された時、自転車をぺぺに獲られたが、ぺぺが軍隊に行った時は、カルメンを獲られたって、全くもって不公平じゃないっすか!そりゃ、遠くへ行きたくなるよな(^^;

2008年4月18日(金) DVD
茄子 アンダルシアの夏@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-05-10 21:14 | 映画レビュー
「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」
もう2ヶ月前、あまり覚えてないので、少しだけ・・・
a0031718_23293168.jpg

前作「ナショナル・トレジャー」は、家族向けの無難な謎解きアクションでした。この作品も正直言って、あまり観たい気も起こらなかったんですが、年末から気が滅入る映画を観てきたこともあって、何にも考えなくて良い映画がを観たくなり鑑賞しました(^^;

必要以上に豪華な脇役陣のせいで、いくら頑張っても主人公たち3人は薄っぺらく見えてしまいますね。相変わらず、一生かけて解く謎と言っても良いぐらいなのに、何の障害もなく解決していく様子を見ると、やっぱり感情移入できないなぁ。でも、これはディズニーランドのアトラクションと思えば、ちょうど良いのかも(^^;

ロンドンに行ったベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)を追いかけたアビゲイル(ダイアン・クルーガー)。NYとロンドンって近いんやって、子供が見たら勘違いしそうなぐらいあっさりとやって来た。1作目で金持ちになったら金使い荒くなってるなぁとか、気になりました(^^;

アメリカって、家門ってそんなに大事なんでしょうか。悪役かと思ってたエド・ハリスも、家のために死んでいったようなもんでしたしね。歴史も浅いし個人主義のイメージがあるから、マフィアとか以外は、もっとあっさりしてるんかと思ってましたよ。

2008年1月6日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-03-02 23:50 | 映画レビュー
「ナチョ・リブレ 覆面の神様」
数年前スカパーに入った時、闘龍門(現ドラゴンゲート)に出会いました。新日や全日、ノアなどのメジャー団体とは一線を画したジュニアのエンタメプロレスですが、スピード&空中殺法、パズルのような関節技に目を奪われたんですよ(^^; その元になってるのが、ルチャ・リブレというメキシコのプロレスです。

あのジャック・ブラックがルチャのプロレス映画をやると聞いたときから期待してましたが、魅力全快!得意の歌や、特徴的な眉を上げ下げする顔芸は健在だし、おデブな体でプロレスやったら面白くないはずがない。

しかし、脚本はユルユル。まぁメキシコののんびりした空気にあってるといえば、それまでですが、どうしても「ハイ・フィデリティ」や「スクール・オブ・ロック」のイメージがあるので、物足りなさがありますね。
ジャック・ブラック自体の演技には満足できても、作品全体は微妙だなというのが、正直なところです。

【ネタバレです】
a0031718_22192281.jpg

素人が考えそうな設定を堂々とやっていて、しかも全く笑えない(^^; 例えば、寝てる人を死んだと勘違いして、お悔やみを言ったり、シスターの気を引くために、仲間に襲ってもらう計画が、まったく違う人に喧嘩ふっかけてやられたり。そこから広がりがあるならまだ良いのですが、ブツ切れで、シチュエーションごとにコントをやってる感じで、間が悪いんです。

相棒のヤセは科学しか信じないと言っていたのに、ラムセスとの戦いのリング上で「最後は神に祈ろう。」と声かけるんですよ。いつの間にキリスト教に?
ナチョが試合前の控え室で、今日からお前も改宗するんやとか言いながら、水を入れたバケツに顔を押し込むシーンがあったけれども、まさかそれで、キリスト教になったんでしょうか。

ルチャのルールは色々あるようなので、間違いとは言えないかも知れないのですが、ナチョとラムセスがリングアウトになったのに、ナチョが勝ったのは何でだろうと。両者リングアウトなら、引分けか、チャンピオンが勝利という方が普通じゃないのかな?ナチョがなんで喜んでるか理解できずに、置いてけぼりでした(^^; もし、両者リングアウトがチャレンジャーの勝利になるなら、それを知らせる場面ぐらい入れて欲しかったです。

こういうコメディにツッコミどころがあるのは当然で、いちいち指摘するのも、大人気ないと自分でも思うけど、何でもありの中にも、外しちゃいけない部分はあります。それにちょっとしたシーンを足すだけでクリアできるようなことだから、もったいないと思うんですよ。

オープニング、ナチョの子供の頃の役者似てましたね。ジャック・ブラックがヒゲあると、太ったオーランド・ブルームに見えてきたんだけど(^^;

2006年11月12日(日) ナビオTOHOプレックス
ナチョ・リブレ 覆面の神様@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-11-13 22:27 | 映画レビュー
「日本以外全部沈没」
テアトル梅田には火曜日しか行きません。それは貴重なメンズディだから~

「日本沈没」は、古いのも新しいのも観てませんが、こちらは題名見ただけで、観たいと思わせるところが素晴らしい。世界が沈んでいく様子は、人形劇の「チーム★アメリカ ワールドポリス」よりもチープで、往年のウルトラマンを思い出しますが、それも味わいですよ(^^;

【ネタバレです】  ↓シュワちゃんやブルース・ウィリスも日本へ・・・
a0031718_1742991.jpg

「歴史問題は中国ともに海に沈みました。」「歴史問題は水に流しました。」
中国や韓国の首脳が日本に媚を売るなんて、最初は痛快でさえあったんだけど、いつの間にか同情したくなります。ほかにも、オスカー俳優が浮浪者になったり、売春しないと生きていけなかったりと、かなりシュール。

ニッポン音頭を歌ってる首相(村野武範)の笑顔が不気味に思えたり、学者役の寺田農の切れっぷりや、想像どおりの藤岡弘なども見どころ一杯ですが、ラストを収束させるために、あの人を出すのは、安易な気もするけど、タイミング的にはやばいかもね(^^;

劇中、「てぶくろ」という童話が紹介されます。
カエルが入っていた手袋に、動物がどんどんやってくる。最後は熊まで入ってくるけど、みんな仲良く一緒に暮らしましたとさ。いかにもな話だったので、作り物かと思ったら、ウクライナの童話らしいですね。

大げさに言えば、日本の将来を過激にシュミレーションしてるような作品です。日本の人口が減っていき、アジアの人たちが大量に移民してくるようなことがあれば、国粋主義的な考えが出てきても、不思議じゃない。その時、人種を越えて「てぶくろ」のような国にはなれるのだろうかと、考えさせられますね。

2006年10月10日(火) テアトル梅田
日本以外全部沈没@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-10-21 01:16 | 映画レビュー
「ナイロビの蜂」
「世界中が絶賛し涙した、壮大なラブストーリー」というコピーと、予告編を見た時に、アフリカをだしに使った、自己中心な女の話「すべては愛のために」を思い出した。この作品も似たようなもんじゃないのと思ってましたが、監督が「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレスと聞いて、彼ならそんな単純な話にするはずがないと確信して(思い込んで)鑑賞してきました。それにチケットが1000円で手に入ったしね(^^;

確かにラブストーリーでしたが、印象としては骨太の社会派サスペンスです。「ロード・オブ・ウォー」「ホテル・ルワンダ」が好きな方にはお勧め。

【ネタバレです】
a0031718_0223448.jpg

ケニアで製薬会社が援助と称し、新薬の人体実験を行ってることを暴こうとし、妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が殺された。イギリスの外務省書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)はテッサの活動を知らなかったが、その死に疑問を抱き、真相を探ろうとする中で、外交官として見ようともしなかった現実にぶち当たる。妻の足跡をたどっていくうちに、彼女がどれだけジャスティンを愛していたか、そして、巻き込まないために真実を話さなかったことも知る・・・

映像は文句なし。
ナイロビというと大都会というイメージがあったんですが、あのスラムの赤い屋根や地の果てのようなトゥルカナ湖は目に焼きつきますね。それに貧しいけど屈託のない笑顔をみせる子供たち。客観的でなく地元の人目線の映像が印象に残ります。
また、ユーロスターでの移動にはフラッシュバックを多用しスピード感や逃げてる緊迫感が出ていたと思います。でも妊婦のヌードは見てはいけないものを見たような気になりますね(^^;

2人の出会いから結婚が、テッサがアフリカへ行くためという作為的な雰囲気があり、「仕事には干渉しない」ということを盾にテッサが好き勝手やってるように思えた。だからこそ余計にジャスティンが彼女のプライベートファイルを見た時の、彼女を疑ったことの後悔と愛情がないまぜになった心境が痛いように伝わってきましたよ。

スーダンで800ドルで目の前の子供が救えない事実に直面し、本当の意味でテッサが戦ってるものの大きさや、彼女のアフリカへの思いを実感しただろう。それなのに、製薬会社を潰せる証拠をつかんだにもかかわらず、何故殺されるのが分かっていてトゥルカナ湖へ行くかな。それは決着をつけてからでも遅くないと思ったのは私だけでしょうか。意思を継いでくれること(ジャスティンに関わらず、誰かが)をテッサも望んでいたんではないか。
でも、そういう性格と分かっていたから、テッサも真実を話さなかったのか(^^;
夫婦のあり方を考えさせられる作品でもありますね。

2006年5月20日(土) 伊丹TOHOプレックス
ナイロビの蜂@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-05-22 00:20 | 映画レビュー
「七人のマッハ!!!!!!!」
年末からあまり公開作がない中、今日(1/14)は「THE有頂天ホテル」「スタンドアップ」をはじめ、正月第2弾が多く封切られました。
上記の2本はヨメさんも一緒に観ると言っていたのですが、彼女は仕事だったので、一見「マッハ!!!!!!!!」の続編かのようなこの作品を鑑賞。実は主演のトニー・ジャーも出ず監督も違うのですが、スタントメインの「マッハ!!!!!!!!」の流れは汲んでいます(^^; これは配給会社がうまい。でも3匹目のどじょうはいないですよ~ 

トニー・ジャー主演作も予告編が流れていて、こちらは「トム・ヤム・クン!」でした!間違いなく原題とは違うと思いますがインパクトだけなら良しでしょう(^^; 

【ネタバレです】  ↓先着何名様かでこれ貰えました、ラッキー♪
a0031718_2233074.jpg

オープニングから炎上してる巨大トラックがバラック建ての長屋に突入していくシーンがあるのですが、CGやVFXの映像に慣れすぎていて、引きの画だけでは満足できない。CGならトラックの目の前にいるかのような迫力が撮れるんじゃないかと考えてしまうんですよ。

どんな話か全く知らなかったから、村の住民が問答無用に麻薬組織に虐殺されるのにはちょっと驚いた。穏やかな村のシーンからの急展開はたぶん、他の観客も引いていたと思う(^^; お手軽なエンターテイメントというより、タイでは現実に起こりうる危機として捕らえられたかもしれません。

体を酷使してのアクションはやはり見応えありました。
主役は刑事でムエタイ得意だけど、他の6人は全員スポーツ選手で、それぞれの個性を生かした戦い方をするのがコミカルで面白い。あんなサッカー選手いたらタイはWカップ行っちゃうぞというぐらいスーパーキックの持ち主やったり、タイらしいと言えばセパタクロー選手も頑張ってました(^^;

エンドロールのお約束、NGスタントシーンは痛々しかったなぁ。

2006年1月14日(土) 梅田ブルク7
七人のマッハ!!!!!!!@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-01-15 23:49 | 映画レビュー