【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ:ハ行 ( 71 ) タグの人気記事
「フィッシュストーリー」
TUTAYAに行くと、伊坂作品の新作が3品、どれにしようか悩みましたが、唯一原作を読んでいないこの作品を選んだ。「アヒルと鴨のコインロッカー」を見事に映像化した中村義洋監督作というのも決め手になりました。

「フィッシュストーリー」って、ほら話って意味だったんですね。映画の登場人物と一緒に驚いてしまいました。「僕の孤独が魚だったら・・・」ちょっと変な歌詞だし、私も魚関連の話?って思ってましたよ(^^; 

【ネタバレです】
a0031718_1441751.jpg

逆鱗というバンドのアルバムに入っている1曲である「フィッシュストーリー」、全くのオリジナル曲で、劇中何度も流れるのですが、本当に映画にマッチしていました。

小説の中での音楽というのは読む人の想像で自分の好みに変えられるけど、映像になってしまえば、そうもいかない。観客を満足させるのって、意外と難しいと思うのですが、私は原作を読む前に観たというのもあって、斉藤和義プロデュースのこの曲は良かったと思います。

特にレコーディングシーンではフルコーラス歌ってたんですが、彼らの歯がゆさと歌えることの嬉しさが伝わってきましたよ。曲中の無音部分が物語のポイントの1つで、レコーディングで明かされます。独断でヴォーカルが語りを入れたのがNGとなり、取り直さずに無音にするのですが、バンドメンバー全員の気持ちを代弁する言葉に思わず熱い気持ちが込上げてきます。

レコード屋の話(2012年)、気弱な青年の話(1982年)、シージャックの話(2009年)は、この曲と関連があります。(かなり繋がりが薄い話もありますが。)肝心の隕石墜落(2012年)は、さらに微妙な気もしますね(^^; どこかに曲が出てきて欲しかったなぁ。

それでも、壮大なほら話としては、十分楽しめました。全ての話が繋がり、ラスト5分でダイジェストで流されるのですが、ここは爽快としか言い様がないですね!ストーリーもジャンルも全く違いますが、「アイデンティティー」のラストを思い出しました。

2009年11月23日(日)DVD
フィッシュストーリー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-12-12 14:48 | 映画レビュー
「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
タイトルから想像するにもっと激しい戦いが繰り広げられるのかと思いきや、1978年の栃木の片田舎という舞台設定も影響してか、どこか牧歌的な感じさえしました。

この頃の私は小学生で、子供だったというのが一番大きいかもしれませんが,振り返ってみると今よりは全体的に時間の流れはゆっくりだったような気がします。そんな時代でも、こんな遊び半分のいたずら(本人たちはいたって真剣)の掛け合いなんて、ありえなさそうですが、和ましてくれる作品でした。

【ネタバレです】
a0031718_221513100.jpg

駐在さんとのいたずら合戦から、後半は手術を拒む少女のために病院から打ち上げ花火を見せるために、花火大会から盗んでくるというお話。

上手くいきすぎなところも多々ありますが、茶目っ気のあるいたずらの数々はやはり楽しい。大人気ない駐在さんの佐々木蔵之介がいい味出してましたね。飯に連れて行くと言って、山に置き去りにした時の得意満面な顔が忘れられません。しっかり仕返しされてましたが(^^;

気楽に観るにはちょうど良い作品でした。

2009年11月16日(日)TV録画
ぼくたちと駐在さんの700日戦争@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-12-04 22:17 | 映画レビュー
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
DVD借りてから上映時間が3時間近くもあることに気づいて少し後悔。長い映画も劇場で観る分は仕方ないと思うのですが、家だと子供がいるとこれだけの時間集中することができないのが難点です。でもなぜか大人しくしてくれたので、助かりました(^^;

80歳で生まれ若返っていく男の話。不幸にしようと思えばいくらでもできると思うし、そういった映画かなと想像していたのですが、ベンジャミンがどちらかと言うと幸せな一生を過ごした(少なくともマイナスだけない)ところに、人生の味わい深さを感じました。

【ネタばれです】
a0031718_22461270.jpg

デイジー(ケイト・ブランシェット)が死ぬ間際の病院で娘にベンジャミン(ブラッド・ピット)の日記を読んでもらうところから始まります。
この日記を読むことで、ベンジャミンだけでなく娘の知らなかったデイジーの人生も明らかになってくる。とても丁寧に2人の人生を追っかけてますが、特に前半は現在に戻るのが頻繁で話の流れが切られがちな気がしました。

ベンジャミンは生まれた時から、いつ死んでもおかしくないと医者に言われていたので、体が丈夫になり若返っていくのが実感できるたびに、老人顔で嬉しそうに笑う姿がとても印象的だった。生まれた時から死が身近にある分、彼はチャレンジすることに積極的だったのかな。
最後もデイジーの腕に抱かれ息を引き取るなんて、羨ましい死に方ですよね。

デイジーはベンジャミンが普通の老人とは違うと見抜ぬく。子供の直観力って、大人には見えないものも感じてしまう所があると思うのだけど、まさにそういったシーンでした。

お互いに惹かれながらも、年齢と見た目のギャップに上手くいきませんが、2人がちょうど実年齢に相応しい年頃から一緒に過ごすようになったのは必然なんでしょうね。

それにしても2人のメイクは素晴らしかったです。10代から80代まで全く違和感なく観れました。デイジーが交通事故で入院し、ベンジャミンがパリまで見舞いに来た時、「本当にあなたなの完璧。」と言っていましたが、全編通して、2人とも完璧でしたよ!

オープニングで、ボタンを使ってワーナーブラザーズとパラマウントのロゴを表現してた意味が分からなかったけど、父親の会社がボタン会社と知って、ニヤッとしてしまいました。
雷に7回撃たれた男は、ルパン3世にありそうな感じでしたね(^^;

2009年10月11日(日)DVD
ベンジャミン・バトン 数奇な人生@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-10-25 22:51 | 映画レビュー
「P.S. アイラヴユー」
夫婦喧嘩を長々と見せられた割に、その後が仲直りしてベットインというありきたりの展開と薄々感じていたヒラリー・スワンクにラブストーリーは似合わない説が、オープニングで判ってしまったので、期待値低めで観始めました(^^;

【ネタバレです】
a0031718_13352235.jpg

アメリカ映画では死ぬと埋葬されるシーンばかりだったから(例外は「ゾンビーノ」かな。)、火葬して骨壷に入れるというのは新鮮でしたね。しかも日本のような飾り気のないものではなく、置物としても使えそうな豪華なモノ。骨壷は亡くなった後もずっと一緒にいたいという気持ちなんでしょうか。

定期的に送られてくる手紙はジェリー(ジェラルド・バトラー)に頼まれた母親が手配していた。
一応、謎として引っ張る割には、それしかない答えなんですよ。夫を突然失った悲しみから、新たなスタートを切るまでのホリー(ヒラリー・スワンク)心の葛藤を描いていくのがメインなんで、誰が送ってたかを探るミステリーではないんですけど、それならもう少し早めにバラして、母親の苦労をコメディタッチで描いても良かったんじゃないかなと(^^;

ラストで同じような境遇のベンジャミンと上手くいっていたら、いかにもと言う展開だったので、いい関係にならなくて良かったと思います。

アイルランドの風景は、そのまま観光誘致ビデオとして使えるぐらいの美しい映像でした!

2009年8月1日(土)DVD
P.S. アイラヴユー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-08-23 13:35 | 映画レビュー
「蛇イチゴ」
「ゆれる」、「ディア・ドクター」の西川美和監督デビュー作品。
リストラされたことを隠してる父(平泉成)、ぼけた祖父を押し付けられても耐えてきた母(大谷直子)、正義感の強い小学校の教師の妹(つみきみほ)、勘当され詐欺で食いつないでる兄(宮迫博之)。この家族の建前、外面の良さ、見栄、プライド、そういったものが剥がれていき、本音があらわになる。会話と絶妙な心理描写で登場人物の人となりが丸裸になっていく様は、どんどんとせつなくなっていくけど、西川ワールドに嵌ってしまいます。

【ネタばれです】
a0031718_1914342.jpg

演出に毒がありますね(^^; シュールで笑えないが上手い。
嘘をつくとそれを守るためにどんどんと嘘を重ねてしまうと言う話をしている時に、リストラされたのにスーツ姿で電車に乗る父の映像を流して、いずれ発覚することを予見させてみたり、また、妹の婚約者が家に来て、父と会話してる時の打ち解け合って話しているようでいて微妙な雰囲気を表現するのに、ぼけた祖父が空気を読まずに食事をがっついてる姿をアップで撮ってみたりと、観ていると胸がキュンと(ときめく方じゃないです。)してしまうんですよね。

祖父の死とともにあっという間に崩壊していく家族。そんな中、戻ってきた兄に頼ることで思考停止してしまう親に対して、兄を信じることができない妹。兄役の宮迫が詐欺師ぽいなぁという目の演技が抜群でした。

妹のクラスの男の子が生き物係で世話をせずに遅れてくるのを、お母さんが病気だからと言い訳する。でも周りの子供はその日お母さんが街を元気に歩いてる姿を見たと言う。子供たちが男の子が嘘を言ってるという雰囲気の中、妹は男の子を諭すのだけど、ある女の子が「本当にお母さんは病気じゃなかったんですか?」と先生に聞くんですよ。文章では伝わりにくいとは思うけど、嘘と思い込んでいた中のひょっとしたら真実かもしれない一言に鳥肌立ちました!

このシーンが終盤の展開とも繋がっているんですよね。兄に任せると家族がバラバラになるから追放するしかないと思い込んでいた妹にとって、家に蛇イチゴがあったことは衝撃だったと思います。狼少年が本当のことを言っても誰も信じてくれないように、兄も妹から信頼されてなかったけども、蛇イチゴによって、妹の見方が変わるのだろうか。

救いも無い話でラストの解釈は人それぞれだと思いますが、嘘のかたまりのような兄の良心を見せたことで、ひょっとしたらと思わせるのは、意地が悪い(^^;

2009年7月20日(月)DVD
蛇イチゴ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-08-16 19:33 | 映画レビュー
「僕らのミライへ逆回転」
監督がミシェル・ゴンドリーでジャック・ブラックが主演なら観ないわけにはいきません。ミッシェル・ゴンドリーの作品は「エターナル・サンシャイン」、「恋愛睡眠のすすめ」と3作品目ですが、主人公の設定が風変わりな方が、独特の映像と相性良さそうですね。コメディかと思っていたら、ラストはとってもハートフルな展開で、劇場で観れなかったのがもったいなかったと思わせる作品でした。

【ネタバレです】
a0031718_21305340.jpg


変電所で半端じゃない感電をして、磁気を帯びてしまうジェリー。いかにもジャック・ブラックらしいとんでもな役柄で期待値がぐんと上がりましたよ。磁気を帯びたせいでマイク(モス・デフ)が任されていたレンタルビデオ店のビデオが全部消えてしまう!そこで自分たちでリメイク映画を作ろうという後先考えない発想が大好き(^^)

リメイクする作品が、「ゴーストバスターズ」や「ロボコップ」、「2001年宇宙の旅」、「キングコング」などなど、ハリウッドの大作だからこそチープさが余計にツボでした。客たちもクレームではなく、面白がってさらに観たがり、自分たちまで出演してしまうという、なんでもありなところが、手づくり映画の面白さを見せてくれた気がします。

オープニングで有名なピアニストの伝記的なモノクロの映像に、ジャック・ブラックや腹に何か詰めたモス・デフが演技してるのを見て、どういうことだろうと不思議でしたが、映画を観終わって、思わずオープニングを観返してしまいました。

ただ一つだけケチをつけると、邦題のセンスないっす(^^;

2009年7月19日(日)DVD
僕らのミライへ逆回転@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-07-30 22:05 | 映画レビュー
「HERO」
地上波で観ました。
キムタクは何をやってもキムタクなので、ドラマはあんまり観ないのですが、当時初回だけと思って観たら面白くて、結局全話も観てしまいました。そして正月の2日、3日にドラマの一気再放送とスペシャルドラマまで再放送という強力な番宣にも乗せられて、予習のうえ鑑賞(^^;

法廷モノは好きなのですが、そういう目で観ると物足りない。でも連ドラの延長と思えば、それなりに楽しめると思います。

【ちょっとネタバレです】
a0031718_85771.jpg

ドラマの映画化でお金も掛けられるのは判るけど、イ・ビョンホンを出すためだけに韓国に行ったりするのは止めて欲しいです。あんなのただの客寄せパンダじゃないですか。韓国編を全て削って、骨太な法廷劇に仕立て上げたら映画化の意味もあったと思うんですけどね。

携帯で撮った写真が証拠になるのは面白いけど、あんな悪そうな顔で見事に映ってる写真、あの放火犯(古田新太)がなんで撮ってたんでしょうね(^^;

スペシャルドラマともかなり関連があるようになっているのは、どうなんでしょう。
久利生公平(木村拓哉)が中井貴一(役名忘れた)に会いに行くシーンが2度ありますが、あれはドラマを観ている人には嬉しいかもしれないけど、そうでなければ、なぜ会いに行くか伝わらない。ドラマ観てるのが前提みたいなのをいれるんであれば、映画じゃなくて十分じゃないでしょうか。映画だけ観ても理解できるものを作って欲しいと思います。

色々書きましたが、正月に家でのんびり観るにはちょうど良い作品かも(^^;

2009年1月3日(土) TV
HERO@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-01-06 08:05 | 映画レビュー
「バンテージ・ポイント」
目は口ほどにモノを言う。
スペイン、サラマンカのマヨール広場で、アメリカ大統領が狙撃される事件が発生。30分ほどの一連の出来事を、会場にいた人たちのそれぞれの視点から描かれた作品です。

回想シーンを多用し、証言者によって意見が食い違ったりするタイプの映画は、「羅生門」式と呼ばれておりますが、この作品は証言ではなく、その人が見たモノによって真実が見えてくるというスタイルになっています。これも「羅生門」式?それとも亜流なんでしょうか。

このスタイルの良さは、見たモノが全てなので無駄な話もなく、スピード感が出せるということだと思います。いつも書いていることですが、饒舌な作品が増えてる中で、90分前後でテンポ良くストレスなく観れる作品は貴重やなと思います。

【ネタバレです】
a0031718_131341.jpg

アメリカ人旅行者のハワード(フォレスト・ウィッテカー)の持ってるビデオカメラは、マジカルですね。あのカメラが意思を持ってるとしか思えないほど、重要なシーン全て押さえてるなぁと感心してしまいました(^^)

ラストでテロリストが目の前に現れた少女を避けようとして大統領を乗せた車ごと転倒。大統領を暗殺するためには無差別に人を巻き込んできたにも関わらず、あそこで情を見せたのは、テロリストの良心がそうさせたんでしょうか。まぁ、跳ね飛ばして車が走り去れば、物語も終わること無かったから、やはり撮影の諸事情かもしれませんね(^^; 

そんなスッキリとしない部分も多少ありますが、回想シーンは癖になります!最初のうちは、また戻るのかと思ってましたが、途中から早く次を見せろって思いましたもん。監督の思うつぼでした(^^;

バンテージ・ポイント@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-11-29 13:11 | 映画レビュー
「犯人に告ぐ」
地上波の放送を観ました。
映画を先に観ていたら、原作は読まなかったでしょうね(^^;
別物と頭で分かっていても、やはり比べてしまいます。
原作の雰囲気はうまく表現できていたと思うし、巻島(豊川悦司)はイメージ通りでしたよ。ただ時間の制限の中で映像化するために、サブストーリーをバッサリ。これは仕方のないことだとは思いますが、物語に深みが無くなってしまいましたね。

【ネタバレです】
a0031718_23392217.jpg

原作では巻島の娘が出産でしたが、トヨエツの年齢もあって、自分の奥さんの出産という設定に変わっていた以外は、メインストーリーの大まかな流れは一緒でした。ですが、ラストは何故原作と変えたんでしょうか。変えたというより削ったという方が正しいと思いますが、削られたシーンは過去の事件に対する巻島のケジメであったと思うんですけどね。ちょっと中途半端な感じになってしまいました。

また、サブストーリーが無くなってしまったために、警察内の足の引っ張り合いや、メディア同士のスクープ合戦といった部分が物足りなかったです。植島(小澤征悦)や津田(笹野高史)の出番もかなり少なくなって、個人的に大好きだった津田のセリフも聞けなかったのは残念かな。→原作感想

植島が、度々リップクリームを塗ってましたが、あれはエリートのイメージなんでしょうか(^^; 品が無いように見えたけど・・・

2008年11月16日(日) TV
犯人に告ぐ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-11-22 23:55 | 映画レビュー
「ボーン・アルティメイタム」
久しぶりに観たDVD。TVの画面ながらも、久しぶりに2時間集中して映画観れたのは嬉しかったなぁ。ますます映画館行きたくなってしまいました。

「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」では、ずっと地味な顔とかバカぽいとか、散々言ってきました。今回もあまり喋らないいけど、その話す言葉も効果的で、なぜか本当に格好良く見えました。見違えたねぇ、デイモン君(^^; 3部作では珍しく、後になるほどどんどんと良くなってきた作品だと思います。

【ネタバレです】
a0031718_22154210.jpg

最初から最後まで見せ場の連続で、手持ちカメラのブレ具合がまた、臨場感を高めてくれます。前作のブレは気分悪くなったんだけど、今回は大丈夫でした。(家で観たからかもしれません。)

どれぐらいリアリティあるのかは判りませんが、この映画の中のCIAの追跡システムは怖いですよね。あらゆる手段を使い、対象者の全ての情報を集め、まるで目の前に敵がいるかのように指揮することができるってのは、私なんかこれ観ただけで、逃げれないって思う(^^;  それを知った上で逆手に取るウォータールー駅での逃走劇は手に汗握ってしまいます。

映画での私の好きな格闘シーンの1つに、「キル・ビルVOL.2」の、トレーラーハウスでのエル・ドライバーとの対決シーンがあります。単に個人の絶対能力の争いではなく、狭い部屋の中で、そこにある小道具をどう使うかによって、勝敗が変わってきます。この作品でも、モロッコのタンジールでは、狭い路地を走り抜けるバイクの臨場感も素晴らしいのですが、狭いアパートでの戦いに心惹かれます。どうせボーンが勝つのが判っていても、ワクワクしてしまうんですよね。

そしてなんと言ってもラストシーン。
川に浮かんでるボーンがTVのニュースを見ていたニッキーの笑みとともに泳ぎ出すところは、鳥肌モノの格好良さでした!ラストが印象的であればあるほど記憶に残る映画になりますよね。できれば、これで終わってくれれば、一番良いのですが4作目も作るそうで、ハードル上げるなぁ(^^;

2008年9月28日(日) DVD
ボーン・アルティメイタム@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-10-18 22:16 | 映画レビュー