【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ:ハ行 ( 71 ) タグの人気記事
「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」
海賊ものは失敗するという定説?を打ち破って、大ヒットした前作から、待ちに待った第2弾の登場です。完結すると思っていたのに、3へ続くパターンとは気づきませんでした。これ以上ない場面で続きなので気になって仕方ありません(^^; 撮影は終わってるはずなんだけど次作は来年5月末ということで、1年近く待つのは辛い。でもDVD売ったりとか考えると、これぐらいが妥当なんですかね。

3の予告編があるに違いないと思って、長が~いエンドロールを待っていました。予告編はなかったけど、必見の笑えるシーンです。その後の運命はいかに!最後まで観てくださいね。

【ネタバレです】
a0031718_21341426.jpg

海に流された棺桶から、ジャック・スパロウ(ジョニー・ディップ)が出てきた!またもインパクト大な登場シーンです。
今回は彼が話すシーンって、あんまり無かったような。どうしてもジャック・スパロウが主導権を握れず、ほぼ逃げ回ってるだけなので、余裕のある会話ができなかったのもあるのかもしれません。会話シーンの面白さというのも前作の魅力だったので、ちょっと残念でした。それを補うだけの表情の豊かさは相変わらず良かったですけどね。

最初の島は「キングコング」のスカル・アイランドを彷彿させますね。原住民に囚われて脱出するまでは、計算しつくされた「8時だよ全員集合!」のようなコントです(^^; 

火あぶりから脱出したジャック・スパロウの背中に通された棒に、原住民が投げたココナッツがこれでもかと突き刺さっていくとこなんて、ジャック・スパロウだから許されるんですよ。これ以外にも、ありえないんだけど、この映画の雰囲気でOKみたいなのが多かった。

ディヴィ・ジョーンズはビル・ナイやったんですね。あれじゃ誰かわからんなぁ。
クラーケンは半端じゃない強さですね。それにしても、どうやて操ってるのだか気になります。普段は船の下にクラーケン小屋があるんですかね(^^;

完結してないのは、がっかりでしたが、2作で1本と考えて、生気のあるバルボッサに期待したいと思います。

2006年7月17日 伊丹TOHOプレックス
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-18 21:34 | 映画レビュー
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」
過去の鑑賞作を掲載してます。(ネタバレあり)

ディズニーランドの「カリブの海賊」をベースに映画化したということで、子供向けで当たり障りないんじゃないかと、はあんまり期待していなかったんです。しかも2時間半は長すぎると思ったけど、最後まで飽きることなく面白かったです。

ジョニー・ディップがこんなにコミカルな役をやるとは思ってもいませんでした。どんな動きするかずっと画面に釘付け。頭良くて、腕も立つけど、海賊にしては人が良すぎるジャック・スパロウが、内容はホラー的な映画を誰でも楽しめる娯楽作にしてると思う。何回捕まれば気が済むねんって感じだったけどね(^^;

月光に当たって骸骨になるシーンも人間と骸骨の入れ替わりが自然な感じでしたよね。ラストも不死身同士の戦いをどう終わらすのかと思ったら、銃を撃った瞬間、呪いを解くってのも、なるほど!と、すっきりして好感もてます。

中古の安っすいDVD買っちゃいました(^^)

2003年9月22日(月) 札幌シネマフロンティア
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-18 21:33 | 映画レビュー
「ホワイト・プラネット」
Wカップ中に3本映画を観たうちの2本目。
映画の日なので2~3本観たいところだけど、慢性的寝不足だったので、1本が限界。なるべく短いやつと思って選択しましたが、良く考えると、ネイチャードキュメントは、面白いのは確かだけど眠さも半端じゃないんですよね(^^; それでも今回はしっかり最後まで挫折せずに観れました。

【ネタバレというか見どころ紹介】
a0031718_03325.jpg

ホワイトプラネットという題名どおり、北極の1年を通じての動物たちの生き様を魅せてくれました。そのなかでも主役級はシロクマの親子。どうやって撮ったのかと考えてしまう冬眠中のシロクマ親子の映像には驚きました。親のでかい体の下で、よく潰されないなぁと感心しましたよ。

ズキンアザラシは顔に浮き袋があって、ブフォって膨らますんですが、これが北斗の拳でやられる悪役みたいで、「アベシ」とか「ヒデブ」って聞こえてきそうなんです(^^; 一人北斗の拳ごっこできるズキンアザラシは凄い!

長い角(正確には牙)を持つイッカクが群れをなしてる姿は初めて見ました。次々と角を突き出し、海上に上がってくる姿は、神輿を担ぎ練り歩く祭りを想像させる。そして良く見ると角が白と黒のマーブルになってるところは、お茶目ですねぇ~

羽が生えたペンギンかと思ったのが、ウミガラス。体の色使いはペンギンそっくりなんだけど普通に空を飛べる。それだけでなく、水かきが付いていて、海中ではペンギン並みに早く泳げるんです!ペンギンって飛べるんだって思ったぐらいですよ。

「地球上のもうひとつの惑星、北極。この目で見る風景は数十年後見られなくなってしまうかもしれない。」温暖化のために、この景色も変わるし、動物たちもいなくなってしまうかと思うと目に焼き付けようと思いますよ(^^)

2006年7月1日(土) 伊丹TOHOプレックス
ホワイト・プラネット@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-07-13 23:41 | 映画レビュー
「ぼくを葬る」
ロマンはどこだ? by 「陽気なギャングが地球を回す」
この作品ではロマン(メルヴィル・プポー)は、死にかけてます。

フランソワ・オゾン監督の作品は「8人の女たち」しか観たことがなく、あまり好みじゃなかったんだけど、評判いいようなので鑑賞してきました。

最近観た、死と向かい合う作品と比べると、「海を飛ぶ夢」ほどドラマティックではなく(実話なんだけど)、「死ぬまでにしたい10のこと」ほどファンタジックでもない。ある意味、一番現実的だとは思う。ただ、余命数ヶ月のカメラマンの話というぐらいしか知らずに観たら、ゲイ映画じゃないですか!ゲイの方を否定するわけでもないんだけど、「ブロークバック・マウンテン」でも書いたように生理的に合わないんですよね。

【ネタバレです】
a0031718_21413081.jpg

31才で余命3ヶ月と言われて、それを家族や恋人に告白できない気持ちはわからなくもない。もうすぐ死ぬという共通点がある祖母にだけ、話したというのも、元気な人にいくら同情されてもこの気持ちは理解してもらえないと思ったのだろう。このあたりは、死に面した時の葛藤をうまく描いてると思います。

「姉の子供を見ていると姉とそっくりだから・・・」と喧嘩になるぐらい、ロマン(メルヴィル・プポー)は子供が嫌い。だけど、これは自分がゲイだから子供を作れないという裏返しだった。

初めて会ったウエイトレスの女性から、声掛けられるとしたら、どんな言葉でしょうか?声掛けられること自体ないのが普通ですが、あったとしても当たり障りのないことだと思います。
しか~し、この映画の中では、「旦那が不妊症だから、変わりにして欲しい。」って!いくらなんでも不自然すぎてついていけません(^^; その時は「子供が嫌いだ。」ということで断るんだけど、結局、やっちゃうんだよ。しかも財産を生まれてくる子供に相続するということまで決めてしまうんだから、本当は自分の子供、すっごく欲しいと思ってたんでしょうね。

死を実感した時、心の整理をすることの大事さというのを訴えたかったのかもしれませんが、リアリティのない物語を作ってまでする必要があったのかと思いました。

2006年5月27日(土) OS名画座
ぼくを葬る@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-05-28 21:42 | 映画レビュー
「ブロークン・フラワーズ」
今回は「ブロークン・フラワーズ」の感想ではなく、「ブロークン・フラワーズ」が上映していた劇場に、私がいたという記録です。

多くの人の高評価に期待に胸を膨らませて観に行ってきました。

本当はこの作品の後に食事して、「陽気なギャングが地球を回す」を観賞する予定だった。それが早めに行ったことで、先に「陽気なギャングが地球を回す」を観れちゃったんですよ。私としては、食事したら眠くなるので、後でテンポが良い作品を観たかったんだけど、予告編からしてほとんど同じなので、目を瞑ったら意識なくなりました・・・ 

決して「ブロークン・フラワーズ」が面白くなかった訳ではないんです、多分・・・
予告編から寝てたんですから!ただ、眠い時にあの焦らすようなテンポは辛かった。なんとか、オープニングには目を覚ましたのですが、そこから度々意識不明に。

それでもピンクの手紙が届いて、息子探しの旅にでたこと。
シャロン・ストーンに会いに行ったら、娘がオールヌードで出てきたこと。
ここでちょっと目が冴えました(^^;
不動産屋夫妻と食事をしたり、医者と会ったりしたところは、飛び飛びで覚えているんですが、ラストはどんな終わりか全くわかりせん!目が開いた瞬間に暗転して、エンドロールが流れ出しました。仕方ないので、そのまま目を閉じました。

今まで映画館で寝ること事態ほとんどなくて、意識が飛んでも一瞬だったんですよ。でも今回は、2時間弱のうち、間違いなく1時間は寝てました(^^; ということで、今回は判定不能なので★はつけません。リベンジしないといけないけど、映画館では無理かな(^^;

追記
リベンジするのあきらめました(^^; ★1つで。

2006年5月12日(土) シネ・リーブル梅田
[PR]
by borderline-kanu | 2006-05-14 23:22 | 映画レビュー
「Vフォー・ヴェンデッタ」
ウォシャウスキー兄弟が脚本ということで楽しみにしてました。監督は違うものの、うまく表現できないのですがデジャブのように同じような映像(時間や人は違う)を繰り返し使うのは、ウォシャウスキーらしいなと思いました。ただ「マトリックス」のような派手さはないです。

仮面をつけてと言っても、「オペラ座の怪人」のように口元は開いてる訳でもなく、全部仮面なので、感情の伝わり方が難しいんじゃないかと思いましたが、ヒューゴ・ウィービングだけでなくナタリー・ポートマンの演技にも助けられ、違和感なく見れました。そして戦うときは仮面の無表情の方が怖いんですよね。でも、役者としては最後くらい顔出したかっただろうなぁ、ヒューゴ・ウィービング。

【小ネタバレです】 ↓ウォーズマン(byキン肉マン)を思い出した・・・
a0031718_21575933.jpg

基本的にシリアスなんだけど、息を抜かせるシーンがあって、面白いことを真面目にやってるので個人的にはツボでした。ただ観客の反応はあまりなかったんだけどね。

「頭おかしいの?」
Vの芝居がかった自意識過剰な自己紹介が終わった後のイヴィー(ナタリー・ポートマン)の言葉だ。そんなに立て板に水のように話されてもなぁって思う観客の声を代弁してくれる。命の恩人なのにちょっと馬鹿にしたようなイヴィーの言い方がコントぽかった(^^;

Vのエプロン姿。
鼻歌歌いながら機嫌よく料理をしてるV。なんか庶民的なシーンやなと思ってたら、ピンクの花柄エプロンつけてるじゃないですか。しかも仕草がめっちゃ可愛い(^^; どうせなら、司会者ゴードンが料理するときも着せて欲しかったよ。

イヴィーのコスプレ。
演技のできる女性にやらせることは何かと思ったら、あれは何才を想定してるん!神父のお付きのものが、手違いがありましたってのは、後で笑えます。可愛いんだけどね、見てて恥ずかしかった。ナタリー・ポートマンも坊主にされたり、コスプレやらされたりと芸の幅が広がりましたなぁ。

「踊りのない革命なんて、革命とは言えない。」
国会議事堂を爆破する前に2人が再会した時、イヴィーと踊りたいVが、さらりと言ったセリフ。なんでやねん!一人で爆笑してたんですが、劇場無反応でした(^^;

2006年4月23日(日) 伊丹TOHOプレックス
Vフォー・ヴェンデッタ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-04-24 22:29 | 映画レビュー
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
普通のサスペンス作品だと思って、デイヴィッド・クローネンバーグ監督の前作「スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする」を上映時観ました。精神を病んだ主人公の現実か妄想かわからない世界に、ぽかーんとして全く楽しめなかった。友人からはこの監督はクセがあるから、観る人を選ぶかもと言われて、これからは観ないと心に誓ったんですよね(^^; でも今作は予告編がまともそうだったので、行ってきました。

エンドロールとともに、止めてた息を吐き出すほど、終始肩に力が入る作品でしたよ。

【ネタバレです】
a0031718_18244714.jpg

暴力シーンは、長々とあるわけでは無いのに、凄惨さに思わず目を背けたくなる。有無を言わさず1発で急所を打ち抜く容赦の無さ。スイッチが入ると一瞬で、家族思いのトム・ストールから冷徹な目のジョーイに変わる。ヴィゴ・モーテンセンは強面なので、最初から恐そうなんだけど、目の演技はさすがです。

唯一の笑えるシーン?
「10代に会いたかった。」からって、妻エディ(マリア・ベロ)のチア・リーダー・コスプレは笑うしかなかったけど、見た目は十分いけてます。アメリカの夫婦はみんなあんな事するのか、ちょっと羨ましい(^^; 「Vフォー・ヴェンデッタ」のナタリー・ポートマンも子供コスプレやってましたが、最近はやってる?!

2年ほどで、奥さんだけでなく、息子も娘も実の父親のように慕ってるところをみると、本当に良い父親だったんでしょう。その貯金がラストにつながる。
兄貴を殺して帰ってきたトムを前に家族の空気が凍りつく。誰もどうしていいか、わからない食卓。娘が皿とホーク&ナイフを準備したおかげで、伏目がちにエディに伺いを立てる。エディの目には涙。ここで暗転かい(^^; 今後のこと考えたけど、この事件の記憶を抹消しない限りうまくいくとは思えないよなぁ~ 夫婦喧嘩のたびに蒸し返されるのはお互いに耐えられないでしょうしね。

2006年4月16日(日) シネ・リーブル梅田
ヒストリー・オブ・バイオレンス@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-04-23 22:37 | 映画レビュー
「春が来れば」
韓流ブームの亜流ぐらいには乗っていたのですが、最近、韓国映画観るのはめっきり減ったんですよね。でもチェ・ミンシク、ソン・ガンホ、チョン・ジヒョンの作品は観たい、最近はそこにぺ・デゥナも入るな。これはチェ・ミンシクが出てないと見逃していただろうという作品でしたが、ダメ男の再生物語って好きなんです。感情移入昨年の個人的NO.1「サイドウェイ」にも通じるとこもあって、楽しめました!
【ネタバレです】
a0031718_134359.jpg

淡々と物語が進むのだけど、濃いキャラが多いチェ・ミンシクが、普通の男を演じるというだけで興味津々で飽きない(^^; 春は黄砂の季節とか、素ラーメンにはキムチとか韓国ならではネタも随所にあるが、ヒョヌ(チェ・ミンシク)と母の生活臭ただよう会話がいい!韓国も日本も変らんなぁって思う。

後半、電話のやりとりで「全部やり直したい。」、「これからがスタートなのに何を言ってるの。」というシーンは、母の前では強がっていたヒョヌが心をさらけ出し、それを100%受け止めた母の包容力を感じる会話でした。
この作品を観た数日後、久々に実家に帰ったのですが、その時に私の母が10年近く、人形作りの教室に通っていたことを知った。その日はヨメさんと一緒だったこともあったのか、珍しく作った人形たちを自分から色々と解説しながら見せてくれた。今まで部屋に飾ってあっても、誰かにもらったんだなと聞くこともなかった私は、ちょっと恥ずかしい気持ちになったんですよね。そして、ヒョヌと母の会話を思い出していた。親に対しても、もっと素直にならないとなって。

ヒョヌが炭鉱の町の高校での吹奏楽部の講師をやることになったので、「スクール・オブ・ロック」のようなサクセスストーリーになるかと思ったが、あくまでもメインはヒョヌ自身。吹奏楽部で教え、町の人たちと親交を深めるにつれ、彼の笑顔が柔和になっていくんですよね。そして中盤のクライマックスの炭鉱での雨中の演奏は震えます。炭鉱で働く父が反対するヨンソクに対する粋なはからいと共に、厳しい中で働く労働者に対する応援歌でしたね。

家出したジェイル、友人とヒョヌ、彼女のヨニがあの海岸で出会ってしまうんじゃないかと冷や冷やしてました。ヒョヌが音楽家であることが生きたシーンなのですが、出会う以上に劇的でしたね(^^; 
ラストの桜はヒョヌの気持ちそのままに明るく咲き誇ってました。

最終日のレイトショーで観たので、終わってからパンフ買えなかったよ~

2006年4月13日(金) 梅田ブルク7
春が来れば@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-04-21 01:06 | 映画レビュー
「ブロークバック・マウンテン」
アカデミー賞を作品賞を取れなかったことで逆にこの映画の評価が高まったような気がします。当初はまったく観る気がなく、スルーの予定でしたが、ミーハーなのとヨメさんが異常に興味をしめしたのもあって一緒に鑑賞してきました(^^;

二つ隣の席に男二人組で観に来てる人たちがいたのですが、普通に話してるだけなのに どうしても色眼鏡で見てしまう(^^; カミングアウトする気がないなら、一人で観たほうが無難。もし知り合いに会いでもしたら、ばつがわるくなること受け合いですよ!

ブロークバックの雄大な自然や役者の演技に文句の付け所はないのですが、生理的には合わない作品でした。公式サイト等でも、ゲイを題材にしてはいても「普遍の愛」を描く人間ドラマなどと紹介されてます。言ってることも内容も理解はできますが、「世界の中心で、愛をさけぶ」、「黄泉がえり」、「私の頭の中の消しゴム」など意識的に避けてきた私には、純愛ものだというのが致命的だった。それに輪をかけて男同士の痴話げんかにはゲンナリでした。

【ネタバレです】
a0031718_22483572.jpg

ジャック(ジェイク・ギレンホール)が髭を剃りながら、車のサイドミラーでイニス(ヒース・レジャー)を見る目はやばくなかった?! 元々はストレートな2人だと思ってたんだけど、このシーンや終始、積極的なジャックを見ていると最初からゲイだったんでしょう。妻のラリーン(アン・ハザウェイ)がジャックの死を語るシーンも悲しみより、サバサバした感があったのは、ゲイだと知ってたからだと思った。

それに引き換えイニスは、ジャックとの関係以外は頑なまで、封建的な時代そのままで自分を変えることをしようとしない。だが、ジャックが死んだ後、彼への思いは残しながらも、心の枷が外れたように見えた。ジャックのシャツと自分のシャツを重ねてタンスにしまうラストは、これまでの思い出を封印するかのように思える。

男同士で初めてやる時、自分がどっちかは、とても重要やと思うのですが、あっさり位置が決まったのに違和感あったなぁ。ジェイクはあれでよかったのか?それともあの後、攻守入れ替えて・・・、想像したくねぇ(^^;

2006年3月20日(月) ナビオTOHOプレックス
ブロークバック・マウンテン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-03-31 00:19 | 映画レビュー
「PROMISE」
監督は違っても「HERO」「LOVERS」の流れを汲む武侠映画だと思ってました。ど派手な「華鎧」を着た光明(真田広之)が出て来たときは期待度がグッと上がったのですが・・・
四つんばいの奴隷・昆崙(チャン・ドンゴン)が走り出したあたりから、どちらかと言うと「カンフー・ハッスル」系だったんですね。真面目な顔して映像はおちゃらけなんで、バカさ加減を楽しめないと辛いでしょうね。

【ネタバレです】
a0031718_1173516.jpg

「この世のすべての男からの寵愛と、不自由ない生活を約束しましょう。その代わり、お前は決して真実の愛を得ることはできない。それでもいいですか?」と問う女神・満神(チェン・ホン)。

目の前の饅頭しか頭にない娘・傾城(のちにセシリア・チャン)にする話じゃないやろうし、質問の意味さえ理解してるかどうか怪しいねんけどなぁ。それにこんな約束をさせる満神、何様やねんって思う(^^; 

物欲と精神的なものを天秤にかけると、貧乏であればあるほど物欲を優先するだろう。そして、なに不自由のない生活を送れるから、真実の愛が欲しくなるんだよ!お金がなくても愛さえあればは、やっぱりきれい事でしょう。

だいたい真実の愛って胡散臭くない?
相思相愛が永遠に続くこと?実はお金のおかげだったりするんじゃない?氏も素性も違うからこそ、ぶつかって、けんかして分かり合えるもんだと思う。悪い部分も認め合えなければいけないけど、お互いの欠点を補うことも大切だろう。真実の愛は降って湧いてくるものじゃないことだけは確かだと思う。

満神の約束から引っ掛ったし、物語は中途半端でしたが、笑えることは保証します!
光明の金の玉は、視覚効果だけを考えたとしか思えなくて、CMでみたゲームの映像そっくり。昆崙どれだけ早く走ってんねんと思うほど見事に飛んでる傾城。饅頭がトラウマの無歓(ニコラス・ツェー)は、凄い伏線の張り方というより、なんだか小さな男やなと思ってしまうしで、アジアのスター集めて何がしたかったかよく分かりませんでしたが、騙されたと思わず楽しむか(^^;

2006年2月18日(土) 伊丹TOHOプレックス
PROMISE@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-02-25 23:13 | 映画レビュー