【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:マ行 ( 24 ) タグの人気記事
「ミュンヘン」
バラエティに飛んだ作品を送り出し続けるスティーヴン・スピルバーグの懐の深さを感じました。それでも、子供は殺さないことや、家族の物語であることを考えればテーマは違っても監督の映画に対する姿勢が変わらないことがわかりますね。

ユダヤ人監督によるイスラエル側からの描写なのでもっと冷徹で感情のない暗殺集団かと思っていたのですが、これならイスラエルからも批判が起こるのは理解できる。それだけ偏りのない作品と言えるんじゃないでしょうか。アブナー(エリック・バナ)の家族への思いと暗殺者としての苦悩はグッと物語の深みを増していて、最後まで画面から目が離せませんよ。
a0031718_23522930.jpg

まず、暗殺集団が素人ばかり(暗殺のプロでないという意味)で構成されてるところに意表をつかれた。成功させる気があるのかと思ったけど、11人もやるには正体を知られてないというメリットの方が大きいんでしょうね。

アブナーがいきなり料理を振舞うシーンは、とてもこれから人を殺す相談をするとは思えないほど、包丁さばき見てるとレストランやった方がええんじゃない、「ブレイキング・ニュース」を思い出しました(^^;

殺しの場所、殺し方も様々で、ホテルのとなりの部屋を取って、爆弾を押すタイミングを計るシーンなど、危なっかしさが、よりリアリティを感じさせます。そして自分たちが暗殺者だと思っていたのが、いつの間にか標的になり、疑心暗鬼に陥る。アブナーがベットや電話、TVを解体するところは壊れてしまいそうな彼の恐怖と孤独が表れてましたね。キッチンのショーウインドウ越しに家族の姿を思い描くアブナーが印象に残ってます。

PLOと同宿した時、リーダーが「自分の国が欲しい!」という熱い声は、イスラエルとパレスチナ、ユダヤ人とアラブ人、この関係は頭でわかってるつもりでも、単一民族で島国の日本人には理解し得ないもんだと思った。

「目には目を。歯には歯を。」紀元前1750年に制定された世界最古のハムラビ法典の有名な言葉。私は復讐を認めた法律と思っていたけど、実は報復合戦の拡大を防ぐために定められたそうです。こんなに昔から人は争っていても、報復することをやめれないということは、文明は進歩したようにみえても、人間自体は成長してないということなんだと思います。ニューヨークで締めくくるところなどは、嫌でも9.11を思い出させる圧巻のラストでした。

原作の「標的は11人 モサド暗殺チームの記録」を近いうちに読まなければ。

2006年2月5日(日) 伊丹TOHOプレックス
ミュンヘン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-02-12 23:50 | 映画レビュー
「Mr.&Mrs.スミス」
いや~、夫婦の間で隠し事っていけないですね。
我が家では、今のところ給料の管理は私がやっていて、お金のことは詳しく話したことがありませんでした。映画見たのと、ちょうどボーナスも出たので、財政状況を話しておきました(^^;
これで隠し事がなくなった訳でもないんだけど・・・

映像は迫力満点、ラブ・アクションコメディと言ったら良いんでしょうか、細かいことを気にせず大画面で観てこその作品です。

殺し屋同士が知らずに結婚したのが、同じ相手を狙ったことがきっかけで、お互いに正体がばれた。正体を知られたら48時間以内に相手を殺さなければ、自分が組織に消されてしまう。倦怠期に陥った夫婦の壮絶な殺し合い(夫婦喧嘩?)が始まった。

【ちょこっとネタばれ】    ↓ リアル・「ドリフ」コント?
a0031718_20542731.jpg

相手が殺し屋だとわかった後、家での食事シーンでジョン(ブラッド・ピット)がわざとワインボトルを落とすとジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)が思わず下に落とさないように受け取ってしまう。ここから二人の戦いが始まるのだけど、車で逃げるジェーンの「しまった、やっちまった!」って顔が最高に良かった(^^) あの場面だけは殺し屋の顔じゃなくて素に戻ってましたね。仕事のための偽装結婚と言っていても、ジョンを思う気持ちが表れてるシーンやったと思います。

和解した後、組織から追われながら、2人の会話の中で過去が徐々に明かされていく。ジョンが殺した人数をだいたいでしか覚えてないのに対して、ジェーンが312人ってしっかり覚えてる所が面白くて、これじゃジョンは尻に敷かれるなぁって思いました。

アンジーは好きな女優だけど、彼女の魅力を発揮させてる役はあまりないように思う。見た目でセクシー系の役が多いと思うが、私は「17歳のカルテ」の印象が非常に強くて、もっと演技中心の役に出たらいいのにって思います。ですが、今回はアクションメインの役どころだけど、姉御肌の彼女らしさと、上で書いたようなちょっと可愛いところも見せてくれて良かったです。

ラストの10段階の答えが、生々しかった(^^; 10年後観たときに笑えなくなってないように、上手くいって欲しいですね。

2005年12月7日(水) 伊丹TOHOプレックス
Mr.&Mrs.スミス@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-12-10 23:25 | 映画レビュー
「ミリオンズ」
子供が大人を出し抜く物語?いや、ワクワクするファンタジーでした。

母を亡くして、父と一緒に新しい街に引っ越してきたダミアンとアンソニー。引越しのダンボールで作った秘密基地(庵と字幕ではありました)に22万ポンドが入ったナイキのバックが落ちてきた。ちょうどイギリスはユーロへの切替えを12日後に控えている。それまでに使いきれるか!

ユーロの切替えと同時にポンドが使えなくなるってのは、ちょっと無理があるような(^^; ちなみにフランスでは今でもレジでユーロとフランを同時表記してましたよ。

【ネタばれです】  ↓22万ポンド積み重ねてぇ~
a0031718_0385788.jpg

引越した新しい街はマンチェスター近郊なんですかね。学校で先生が子供たちに尊敬する人を聞いたら、ロイ・キーンと言ったら喝采で、マンチェスター・シティの選手(名前忘れた)を言った子にはブーイングだったのが面白かった。

サッカーネタは他にもあって、ポンド強奪団が何故か黒と白のストライプのお揃いシャツを来ている。実は近くでニューカッスル(ユニホームは黒と白のストライプ)の試合があって、サポーターに混じって見事に逃げおおせてしまう(^^; これ真剣に考えたとしたら、この強奪団かなりお茶目です。

弟のダミアンは信心深いというか、大人顔負けのキリスト教マニア(信者)でお金を貧しい人にあげようとする。でも「あんた、貧乏?」って聞いちゃダメ(^^; 兄のアンソニーは頭の切れて現実的、投資用にマンション買おうとするぐらい!お父さんも死んだお母さんも普通の人だと思うんだけど、兄弟2人を見ていたらどんな家庭環境だったのかなぁと考えてしまいます(^^;

人生はお金がすべてなのか?
はい、そうです(^^; 嘘、た、たぶん。YES、NOで割り切れる問題じゃありません。ただお金はあるに越したことないって誰でも思うはず。映画の中でも使いまくる兄と寄付しようとする弟の対比が面白いし、ラストで秘密基地がロケットになるシーンは大好きなんだけど、残ったお金でアフリカの井戸を作るってのは、あまりにも良い子ちゃん過ぎないだろうか。

2005年11月27日(日) 梅田ガーデンシネマ
ミリオンズ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-11-30 00:41 | 映画レビュー
「モンドヴィーノ」
おいしいワインはどうしたらできるのか?というような内容だと思っていたのですが、ワイン業界新旧の戦いは非常に興味をそそりました。ワインどころか、お酒が飲めない私なので、味に関してどっちが良いとかは正直わからないけど、新勢力のやり方は汚いなぁと思います。ここは一つ山岡士郎(美味しんぼ)にでも出てきてもらうしかないかな(^^;

【ネタばれ気味でつらつらと】 ↓こいつが悪の権化?! ミッシェル・ロラン
a0031718_2351340.jpg

このドキメンタリーの切り口が面白くて、
ワインというのは、その土地ごとの個性が重要と考えられてきたが、最近は世界のどこでも画一的な味のワインが増えてきて、個性がなくなってきている。消費者の立場から見れば、安価で美味しいワインなら歓迎なんだろうけど、個性がなくなっていっても良いのだろうか?

さらに、画一的なワインを造る技術を持った人物(ミッシェル・ロラン)と業界に影響力のあるワインの批評家(ロバート・パーカー)が親しい仲で、批評家が良いと言ったワインは必ずといっていいほど、値段が上がってヒットする、これで本当にいいの?

と言った内容なんですが、フランスの昔からワインを造り続ける人たちと新興組とのインタビューを交えながらワイン業界の今を見せてくれる。ただ、どこまで行っても話しは平行線なので、中盤は少しダレてしまった。

ワインだけに限らず、10月に行ったフランスでもチーズは農家で作るものより、工場でできるものが多くなっていたりと、新しい技術が進めば、せめぎ合いはあるものだと思う。そう言えば、今日の「危険なアネキ」でも名前は「みながわ」でも中身は違う!って言ってましたね(^^;

出来レースのようなやり方が当たり前になって、しかも消費者が置いていかれてるのなら、そこが一番問題だと思うんですけどね。

フェラガモ一族の1人がトスカーナの村を丸々買い上げて、そこでワインを造って、今はリゾート地になってるらしい!金持ちのやることは理解できませ~ん。

2005年11月23日(水) 梅田ガーデンシネマ
モンドヴィーノ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-11-28 23:07 | 映画レビュー
「マラソン」
自閉症の19歳の青年が3時間以内でマラソンを完走したという実話を元にした作品です。障害者を持つ家族の問題に切り込んでいて、親の立場になって考えさせられる作品でした。でも終わった後、とても爽やかな気持ちになれます。

自閉症の青年・チョウォン(チョ・スンウ)は、5歳児ほど知能しかない。人とのコミュニケーションがうまくとれずパニックになったり、興味や関心が非常に偏っており、社会生活は難しく、母親のキョンスク(キム・ミスク)が、絶えず世話をしなければならなかった。走ることが得意なチョウォンはハーフマラソンで3位に入賞。TVの取材を受けて、母親はサブスリーというフルマラソンを3時間以内で完走するものがあると知り、チョウォンに挑戦させようと考える。

【ネタバレです】
a0031718_20115936.jpg

TVのインタビューで、お母さんの夢はと聞かれた時に、最初は「サブスリーの完走」と言ってたのを、「息子より1日長く生きること」と言い直した。この一言がチョウォンを取り巻いてる状況を全て表している。マラソンで完走したとしても現実問題として、チョンウォンが1人では生活できない。それが夫や次男への無関心に繋がり、家族の間もギクシャクしてきた。判っていても変えられない現実が重く彼女に圧し掛かってるのが伝わってくる。

フルマラソンに出るため、施設に来ていたオリンピックで入賞経験のあるチョンウクにコーチを頼む。だが、チョウォン以上に熱心なキョンスクに対して、「マラソンをさせるのは、母親のエゴではないのか?」と。最初これをエゴと言ってしまうのは、酷だと思った。チョウォンにやりがいを持たせて、生きる喜びを与えたいとう気持ちは、私も同じようにしてるだろうと思えたから。

チョウォンに対して、少しでも前向きに生きれるようにと彼女は嫌いと言わせないように教えてきた。人に何か聞かれると好きと答えるように。チョウォンが好きなのはチョコパイとジャージャー麺とシマウマ、これは彼のこだわりをみても確かなこと。ただ才能はあったとしても、走ることが本当に好きなのかどうかは、実はキョンスクにも判らなかった。

練習で出たフルマラソンでチョウォンが、ペースを守らず暴走し、完走できなかったことをきっかけに息子の為と思ってやってることが、自分の生きがいになっていたことに気付く。これって、本質的には、子供を良い学校に行かせたい教育ママとなんら変わりはないと思うと、他人事ではなく急に現実的な話になってきますよね。

チョウォンが主役なんだけど、彼の行動を通して家族のあり方や、苦悩を描いているところが、物語の深みを増してるのだと思います。そして、チョウォンの突飛な行動が暖かな笑いを誘います。野球場でチアリーダーと一緒になって踊りだしたり、コーチにスモモを食べられないようにカバンを持って走ったりと彼の素直さにホッとした気分にさせられました。

最初気付かなかったんですが「ラブストーリー」のジュノ役をやってるチョ・スンウだったんですね。本人と一緒に生活したり、マラソンを併走したらしいのですが、自閉症の演技は湿っぽくなく、ユーモラスで救われてる気がしました。今後も出演作は気になります。

2005年7月2日(土) 梅田ブルク7
マラソン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-07-19 20:13 | 映画レビュー
「ミリオンダラー・ベイビー」
予告編を見た限り、ラストは想像ついたのですが、そこまでの過程は「愛に打たれる」と言ってもホセ・メンドーサのコークスクリューパンチぐらい(判る人だけ判ってください。)の破壊力がありましたね。

これで今年のアカデミー作品賞ノミネート全作品見ました。
個人的好みでは「サイドウェイ」「ネバーランド」=「Ray/レイ」>「ミリオンダラー・ベイビー」>>>「アビエイター」こんな感じです。
「ミリオンダラー・ベイビー」アカデミー取るのにふさわしい作品だと思いますが、好みかというとそれ以上の作品はもっとあるなぁというところです。

トレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)は、元ボクサーあがりの雑用係スクラップ(モーガン・フリーマン)と、ボクシングジムを経営している。ある日、女性ボクサーのマギー(ヒラリー・スワンク)はフランキーにトレーナーなってと頼むが、女性のボクサーを認めず、「タフなだけではボクサーになれない。」といって断わる。だが連日ジムに通い詰めるマギーにスクラップが手助けをし、やがてフランキーも彼女を認めトレーナーとなる。

【ネタバレです】
a0031718_0271477.jpg

フランキーは、実の娘に手紙を出しても読まれぬまま返ってくるほど冷め切った関係になってること、スクラップの現役最後の試合で失明してしまうまで試合を続行させてしまったことの2つの出来事が後悔の念として残っており、毎日教会に通っている。

最初、マギーを拒絶していたのが、トレーナーとなったのは、娘との関係を穴埋めするかのようだったし、口癖のように言う「自分を守れ」という言葉も、スクラップを失明させた経験からきているのだろう。「自分を守れ」という言葉にがんじがらめになってるのはフランキー自身でもあって、ビック・ウィリーが世界チャンピオンになれるチャンスを引き伸ばしてきたことで、彼はジムから去っていってしまう。

世界戦で不意をつかれたパンチで脊髄を損傷し、ベットで寝たきりになってしまう。
「私のお父さんが犬にしたようにして・・・」コークスクリューでした。
マギーからすると、ボクシングどころか普通の生活もできない、しかも実の家族からは金づるのようにしか見られてないことが解かって絶望する気持ちがこの言葉に詰まっていたと思う。

この言葉を聞いたあと、マギーは自殺を図って、実質2日ぐらいで(私の見落としかもしれないのですが)フランキーは決断したたところが、あまりにも性急すぎる気がしてならなかった。もちろんそれまでも、出来る手は尽くしていたけど、実の娘と同じ気持ちで(モ・クシュラという言葉に込められてる)いるのなら、最終的には同じ答えになったとしても、一度教会に行っただけでなく、冷静になる時間があっても良かったんじゃないかと思いました。こう思うのも「海を飛ぶ夢」を見たのと、前半エピソードを積み重ねてフランキーの苦悩をしっかり描いてきたからこそ、余計にそう思いました。

一切のスタントなしでボクシングシーンを演じたヒラリー・スワンク。縄跳びするシーンなども筋肉がしっかりついていて、アスリートの体になっていた、相当トレーニングした跡がうかがえましたね。

2005年6月1日(水) 伊丹TOHOプレックス
ミリオンダラー・ベイビー@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-06-07 00:33 | 映画レビュー
「マシニスト」
機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベイル)は、不眠症で365日寝ていない。そのせいで、昔の面影がないほど身体がドンドン痩せていき、同僚との付き合いも少なくなり、煙たがられていた。ある日、彼の不注意から仲間の腕が機械に巻き込まれ、腕を切断する大事故を起こしてしまう。彼はアイバンという男に気を取られていたというが、その工場にはアイバンという男は存在しなかった。これは彼の不眠症と関係があるのか?また何故不眠症になったのか?
a0031718_11261717.jpg

クリスチャン・ベイルを見たのが初めてだったので、あのガリガリな身体には驚いたけど、30㌔痩せたと聞いても、元が判らなくてピンと来なかった。終盤トレヴァー(クリスチャン・ベイル)の痩せる前の姿が出てくるんだけどそれも、「えっこれ本人?」と思いながら、半分違う人じゃないかと思っていました。


【ネタバレです】
a0031718_11263449.jpg
            写真を探したら納得、これは確かに凄い。
最初は365日不眠症なんてありえないから、これきっと夢オチなんじゃないかと思っていたんだけど、ラストには納得。遊園地でいつも行くコーヒーショップの女性の子供とルート666というアトラクションに乗った場面がそのまま伏線になっていたんですね。ただそんなに眠れなくなって、罪の意識から幻想(アイバン)見るぐらいなら、もっと早く自首しろよと思ってしまった。結局一人芝居、一人相撲だったのね。

見てるだけで痛ましくなる肉体を娼婦に見せびらかすとこなんかは、自虐的で、物語への興味をそそられる。警察から逃げるために走る場面は、本当に大丈夫かと心配になるぐらい、リアルにふらふらでした。クリスチャン・ベイルは撮影の期間中、食べることができない、体力が無いので瞑想に耽っていて、禅マスターと呼ばれていたらしいです。この撮影現場暗そう~

2005年2月23日(水) シネ・リーブル梅田
マシニスト@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-02-26 12:20 | 映画レビュー
「マイ・ボディガード」
始まる前に隣のカップルが、「泣いちゃうかなぁ。」なんて会話してましたが、そんな甘っちょろいもんじゃなかったです。男の映画、ハードボイルドですよ!見応え十分、R-15なのも頷けますって、ダコタ・ファニングも見れないやん?!

邦題からイメージするケビン・コスナー&ホイットニーの「ボディーガード」みたいな映画では決して違いますので、そういう期待を持つ方には不向きです。どちらかというと、ヤクザ映画、マフィアもの好きな人向けです。

【ネタバレです】
a0031718_20355879.jpg

ダコタ・ファニングは「コール」に続いて誘拐され役を演じてます。可愛いく無邪気なだけじゃなく、知的さが印象に残る役柄が多いのも、彼女本来の賢さもあるのでしょうが、それを自然と出せる演技力は只者でないですね。

物語は前半と後半ではがらっと変わります。クリーシー(デンゼル・ワシントン)とピタ(ダコタ・ファニング)の心を通わす場面が穏やかなほど、ピタに対する想いを心に秘めながら、暴走する様が、悲しくもあり、「死の芸術家」の本領発揮で見応えがあったと思います。ダコタ繋がりの「コール」も後半がらっと変わるのですが、あちらは不自然さが目立ち好きになれませんでした。

ざらついた映像も、誘拐がビジネスとして成り立っててるメキシコ・シティの不安定さが良く出ていて、良かったのじゃないでしょうか。6日間で24人も誘拐されるのなら行きたいとは思えないけどね(^^;

ラストシーンでは、てっきり自爆するものと思ってましたが、最善を尽くしたあとの安らかな顔は、ピタと出会ったことがクリーシーの人生に於いて、かけがえのないものだったことが見て取れて、ホッとしたエンディングでした。

2005年1月8日(土) 梅田ブルク7
マイ・ボディガード@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2005-01-09 21:40 | 映画レビュー
「ミスティック・リバー」
今年初めての映画館での鑑賞(2004年1月現在)
今までクリント・イーストウッドは暗い、重いってイメージがあって、役者としても監督としてもほとんど作品見てなかったんです。そしてこの作品もかなり重いし、後味も良くない。ただストーリーは惹きつけるものがあるし、あれだけ実力派の俳優が揃えば面白くないわけがない。

ジミー(ショーン・ペン)、ショーン(ケビン・ベーコン)、デイブ(ティム・ロビンス)幼なじみ3人がジミーの娘の殺人事件を機に再会する。

【ネタバレです】
a0031718_1302974.jpg

デイブはもちろん、あとの2人も25年前の監禁事件が消せない記憶として残っている。「ちょっとしたことが人生を変える」というジミーの言葉や「これが夢で本当はまだ11歳のままなんだ。」「もしあの車に3人とも乗っていたら・・・」というショーンの言葉が痛い。

デイブが殺されるシーンで、「娘を殺したと言えば、命は助けてやる。」とジミーに言われて、言ったら絶対殺されるって思うから、心の中で「絶対言うなよ。」と念じてたたけど、やっぱり言ってしまった。緊張感あったなぁ。

通報者の「彼女の名前か?」というのは、ずっとひっかかっていた。「彼女」と言ったので、てっきり死体が車の中にあるもんと思ってたのに捜索してたから。ただ、これがあの少年たちに結びつかんかったんよね。

ラストでジミーの奥さんが「あなたは街の王様」って言うシーンはちょっと理解できなかった。
なんでもありってこと?、道徳感なんてまるっきりないよね。アメリカの人はどう見てるのかが知りたい。

デイブの息子がマイケルなんだけど、何度見ても、奥さんの顔がマイケル・ジャクソンに見えて仕方なかったよ(^^;

過去の鑑賞作を掲載しています。
2004年1月11日(日) シネマ大門
[PR]
by borderline-kanu | 2004-12-29 13:00 | 映画レビュー
「Mr.インクレディブル」
ディズニー&ピクサー作品だけあって、安心して見れる。でもそれが予定調和になりがちなんだけど、途中で全くだれないのは、さすがとしか言いようがない。本当にハズレがないですね。

【ネタバレです】
a0031718_23305663.jpg

この映画見て、真っ先に思い出したのがスパイダーマン。
日の当たる場面だけじゃなく、普段の苦悩をコミカルに描くことで、身近な存在に感じることができて、より一層応援したくなる。この作品でもヒーローを辞めさせられたインクレディブルが力を持て余しながら、悶々と過ごしているシーンが私は一番好きです。

前作「ファインディング・ニモ」は、「父親の成長」物語だったのが、今回は「家族愛」。
あるあると思うような普通の家庭でも起こりそうなことがスーパーヒーローの家庭でもおこる。子供が見ても大人が見ても共感できるようになってるんだよね。

裏主人公はインクレディブル夫人か。彼女のおかげで家庭も世界も守られたといって良いほど、影でMr.インクレディブルを支えながら、八面六臂の活躍が見どころです。

ただ、個人的にはもう少し毒がある方が好みだったりするので、ドリームワークスの「シャーク・テール」には期待してます。

2004年12月14日(火) 梅田ブルク7
Mr.インクレディブル@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2004-12-23 23:57 | 映画レビュー