【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ:ラ行 ( 30 ) タグの人気記事
「レッドクリフ Part I」
先日TVで鑑賞しました。
三国志は中学生の頃から人形劇、ゲーム、小説、漫画と何かしら関わりがあって、あの男たちの世界がずっと好きでした。
西洋の歴史スペクタルが上映されるたびに、ハリウッドの技術で三国志を映画化して欲しいと思っていたら、ハリウッドもアジアも知ってるジョン・ウーが100億円かけて映画化すると聞いて、心躍りましたよ~

三国志の物語は大きく、三国志正史(歴史書)と三国志演義(小説)に分れていて、日本の作家が書いているのは演義をベースにしているのが多いと思います。しかも様々な解釈をしていたり、オリジナルの人物がいたりするので、三国志の大枠は同じでも細かいストーリーは好みの問題だと思います。
じゃあ、この映画の解釈に納得したかといえば、中の下ぐらいかなと思いますが、元々膨大な物語である上に、赤壁の戦いに特化すると言っても、時間に限りがあるので、三国志が好きな人ほど、大らかな気持ちで(上目線ですか?)観るのが正解だと思います(^^;

一騎当千の関羽、張飛、超雲、趙雲、甘興(オリジナル)が見事なぐらい均等に活躍するようにできていて、ファンとしても嬉しいところです。
a0031718_23512621.jpg

見所はなんと言っても八卦の陣!
これは小説を読んでいると敵には破りづらい陣構えということは判るのですが、どうもイメージできなかったんですよね。それが映像として映し出されると、一目瞭然で食い入るように観てしまいました。

ただ分離させた敵兵に将軍たちが1人で突っ込んでいくのは映画ならではでしょう。エンタメ活劇の始まりです!新しい将軍が出るたびに、どんどん演出過剰になるんですもん。盾の間から、バーンと登場するところなんて、コロッセオで戦う剣士のような感じがしました。

関羽はいきなり青龍偃月刀を槍のように投げてましたが、あれは投げて1人倒すより、振り回したほうが、よっぽど効率的に倒せるはず。それに彼が投げる時は死ぬ時でしょうしね。さらに張飛は素手で戦ってるやん!しかも馬に体当たりしてましたから(^^; 周瑜も負けじと飛び出して行きましたが、指揮官たるもの普通ならあんなリスクは負わないでしょう。しかも射られた矢を抜き、馬に乗ってる敵の首筋に刺すなんて、盛り上げるためとは言え笑わせてもらいました。

劉備と孫権が同盟を組んだとしても、周瑜と諸葛孔明の関係はライバルです。周瑜は孔明を殺す機会を窺い、孔明は呉が全面的に曹操と対決するように仕掛ける。表面的には仲良く見えても、肌が粟立つぐらいの緊張感を期待していたので、昔からの友人のような2人には違和感があったなぁ。

結局、文句ばっかり書いてますが、三国志の映像化というだけで単純に嬉しかったんですよ。
ヨメさんが曹操をTOKIOのリーダー(城島)に見えるとポツリと言ってから、城島にしか見えませんでした(^^;

2009年4月12日(日) TV
レッドクリフ Part I@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-04-14 23:48 | 映画レビュー
「理由」
原作は一度読もうとして挫折。登場人物多いので、途切れ途切れ読んでると、なんだか読む気が失せちゃいました。それで再読したのが1年ぐらい前。集中して読んだら、やっぱり宮部みゆきは面白いですね。多くの人たちが出てきますが、人物描写がしっかりしてるので、のめり込んでしまいます。
a0031718_1937149.jpg

この分厚い本をどう映画化するか、興味津々だったんですが、徹底的に原作に忠実なのに驚きです。ちょうどバブルが弾けた後に東京に住んでいて、仕事で北千住や京島あたりはよく行ってたから、片倉ハウス周辺の下町のノスタルジックな雰囲気もなんだか懐かしい。マンションの描写も、本を読んだイメージそっくりで嬉しかったんですよね。

ルポルタージュ形式で色々な人へのインタビューを元に謎が明かされていく原作をそのまま生かしているから、まるで小説を読んでるかのような気分になります。

なにが凄いって、集めも集めた107名の俳優たち。それが、ほとんどすっぴんなんですから。大林宣彦監督じゃなきゃ、できなかったでしょうね。
加瀬亮は存在感あります、最後の飛んでいくのは余計だったけど。久本雅美が普通の役すると不自然に見えるのと立川談志がフリーなのは面白かった(^^; 

2008年5月5日(月) DVD
理由@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-06-21 19:40 | 映画レビュー
「ルパン」
小学生の頃、図書館には子供向きの本で、ルパンとホームズと少年探偵団(明智小五郎)の全集があって、最終的には全部読んだんですが、一番好きやったんがルパンでした。まぁ、多分にルパン3世の影響もあったんでしょうけど、怪盗なのに紳士なんですよ!人を殺さず、鮮やかに盗むのが格好いいんだな。それが映画になるとどうなるか楽しみでした。

何が良かったかって、ロケ地!
a0031718_22361120.jpg

2年前にフランスへ行った時に観たエトルタの岩壁が奇巌城だったとは!
本を読んで色々と想像していたものを何気に観ていたなんてびっくりでしたよ。ただ、あそこに盗んだ宝物を貯蔵するには塩で錆びるんじゃないかなと、少し無理がありそう(^^; それに、中盤では、ルーアン大聖堂やルーブルが登場し、ラストも骨の迷路カタコンブなんですよ。

フランスへはモネの足跡を辿るパリ~ノルマンディ地方~モンサンミッシェルの旅でしたが、映画「ルパン」のロケ地巡りでもあったとは、後付ながら嬉しい。
フランス旅日記も見てね。

【ネタバレです】 カタコンブの壁面 ↓
a0031718_22372068.jpg

ルパン、カリオストロ伯爵夫人、ボーマニャンの三つ巴の戦いをメインにルパンの子供時代からジジイになるまでの物語を描いている。
奇巌城でのボーマニャンとの戦いは、一昔前のCGぽくて迫力なく、フランス映画でアクション活劇ものというのは限界を感じましたが、ハリウッド映画になってしまうと独特の情感は出ないだろうし、難しいところですね。

カリオストロ伯爵夫人(クリスティン・スコット・トーマス)は魔女のような女だと思ってたんですが、設定的には本当に魔女なんですかね(^^;
いつまで経っても若く見える程度なら構わないんですが、ボーマニャンを誘う若い女がカリオストロ伯爵婦人だったシーンはあれどうなってんのって感じでした。ボーマニャンがもうろくしてる訳じゃないだろうし、まさかルパンのようにマスクしてた?!

ボーマニャンがルパンを本気で殺そうとするのが納得できない。
仮にも自分の息子だし、せめて思想や崇高な目的があって仕方なくというのなら、判らなくもない。だけども単に自分の過去を知る人間だからというのは、ルパン自身が決して人を殺さないというのに、親がそれかいという感じなんですよね。実際の物語ではルパンの父親は獄死のはずで、ボーマニャン=父親というのは映画的にはアリだと思いますが、もう少し設定がなんとかならんかなと思いました。

大人向けのルパンも読んでみたくなりました。

2008年3月30日(日) DVD
ルパン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2008-04-13 22:38 | 映画レビュー
「レミーのおいしいレストラン」
高松に来てから初めての映画鑑賞になりました。伊丹にいた頃のレビューも残ってるのですが、引越したんで、こちら優先で書こうと思います。

高松にはワーナーマイカルがあるんで、メジャー作品は見れそう。これからのホーム決定です!ウェブでチケットも買えるんで早速登録したんだけど、1枚につき手数料100円取られるんですよね。他のシネコンってどうだか知らないけど、人を介してない分、安くするなら判るんだけど、高くなるのはどうも納得できないので、結局窓口で買いました(^^;

ミニシアターも1軒あって、これは駐車場がないんで、家からだと自転車が一番便利。一つ悩みは、大阪のようにチケット屋で上映後に前売券が買えなさそうなこと。1800円で観るのはやだし、レイトショーが増えるかな。

【ネタバレです】
a0031718_2259498.jpg

「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督による、料理の才能を持ったシェフになることを夢見るネズミ・レミーと、見習いシェフ・リングイニの出会いが巻き起こす物語。

ピクサーお約束のショートムービーも楽しくて、毎回映像のこだわりに感心するんですが、今回も食べたくなるような料理の数々、質感が本当においしそうなんですよね。それとパリの街並みも、実際の景色と全く一緒なんじゃないかと思うぐらい素晴らしかったです。

ネズミのアニメというと子供の頃よく観たのが「トム&ジェリー」。
だからネズミと言えばジェリーのイメージがあって、料理を作るという、あんまり考えたくない設定でも違和感がないんじゃないかと思ってました。ただジェリーは毛がなくてツルツルなのと比べて、レミーはリアルな分、毛がフサフサ。料理を作るときはちょっと嫌だなって思ってしまいましたよ(^^;

原題は「ラタトゥーユ」。
これは料理評論家・イーゴに出した料理の名前であり、イーゴとレミーが出店したお店の名前でもあります。英語で書くと「RATATOUILE」、劇中でもラット(ネズミ)とタトゥー(イレズミ)という名前の料理なんてとバカにされてましたが、終わってみれば良い題名だったと思います。

イーゴにラタトゥーユを出した話を観て、「美味しんぼ」で大富豪の京極さんに生まれ故郷の四万十川の鮎を出して感激させた話を思い出しました。これは京極さんの故郷を知ってて出したんだけど、レミーはイーゴがラタトゥーユに思い出があるって知ってるはずないから、ラッキーだったのか?!(^^; 多分フランス人のお袋の味的な料理なんでしょうね。

2007年8月5日(日) ワーナー・マイカル・シネマズ高松
レミーのおいしいレストラン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-08-19 23:00 | 映画レビュー
「ラストキング・オブ・スコットランド」
実話をベースにしながら、エンターティメント性の高い作品です。アフリカが舞台となれば「ホテル・ルワンダ」を思い出しますね。

題名だけ見た時は、中世の史劇かと思ってました(^^; なんで『最後のスコットランド王』なのかと不思議でしたが、映画を見て納得、アミン大統領の自称だったんですね。ネットで検索するとそれ以外にも、ウガンダ皇帝を名乗ってみたり、「ミュンヘン」でおなじみのパレスチナのテロを讃える声明を国連事務総長に向け発送したりと、何かと物議を醸し出す発言を繰り返したようです。

そんなイディ・アミンを演じたのが、かなり似てるとの評判のフォレスト・ウィッテカー。アミン大統領の姿は写真で見たことあるものの、映像はなかったので、先入観なくフラットな気持ちで鑑賞できました。実在の人物を演じるのだから、リサーチしてるのは当たり前だと思いますが、似てる似てないは別にしても、アミンの人間的魅力と権力に固執する狂気を見事に演じきったと思います。やっぱり権力を握ると、離したくなくなるもんなんですかね。私には一生縁がなさそうだ(^^;

【ネタバレです】
a0031718_0385974.jpg

フォレスト・ウィッテカーの演技も良かったんだけど、個人的にはもう1人の主役・若きスコットランド人医師・ニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)が気になって仕方なかった。地球儀回して、カナダに行かずに、ウガンダ行くところは、刺激を求めてる1面が見えてましたね。

息苦しい親元から離れた開放感からか、赴任地に行く前には、現地の女の子ナンパし、同僚医師の奥さんには手を出そうとする。共感はできないけど、真面目なだけなタイプよりずっと面白い。初めて銃を握って(たぶん)牛を殺したりなんてこと、普通できないですから。アミンが強烈キャラなんで、これぐらいの方がバランスが取れて良かったんじゃないか。

そんなニコラスだから、アミンと出会って彼に惹きつけられるのも頷けるし、大統領から直接、『私の主治医になってくれ。』と言われたら断れないよね。アミンに信用され、持ち上げられると、自分も同じ力を持ってしまったかのように錯覚して、周りが見えなくなっていく。ニコラス自身はウガンダのためと思ってやってるところが、悪意がなくても悪事に加担していく怖さですね。
だからと言って、アミン大統領の第2夫人ケイ(ケリー・ワシントン)と関係を持つのは、危機感がなさ過ぎるけど。

空港で、アミンの側近が毒薬を兵士に飲まそうとするところを止めに入ったのは、ニコラスのの発言が結果的に厚生大臣ワッサワを死なせてしまったことへの、後悔がそうさせたんでしょうね。ニコラスは実在の人物じゃないので歴史に影響力を与えることができないのは判ってるけど、元主治医が身代わりになって生き延びたことの意味が感じられないのは、残念な部分ですね。

2007年4月1日 三番街シネマ
ラストキング・オブ・スコットランド@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-04-05 00:39 | 映画レビュー
「ラッキーナンバー7」
大好きなガイ・リッチー監督の「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」や「スナッチ」に似てそうだと勝手に思い込んで期待してました。脚本も10年越しでリライトされたそうで練りこまれてたし、伏線もちゃんと収束してるから好みの作品なんだけど・・・

役者が揃ってる割には、みんな上品なんですよね。破天荒なキャラがいてもいいのにって思いました。例えば先にあげた作品に出てるヴィニー・ジョーンズやベネチオ・デル・トロみたいな役をやる人がいないんです。洗練されすぎてて、荒削りなだけど魅力的なところがないというか、それが惜しい。イギリス映画とハリウッド映画の違いなのかな~

【しっかりネタバレです】
a0031718_0171281.jpg

私には珍しく、早々にあの子供がスレヴン(ジョシュ・ハートネット)って判ってしまったんですよ。ジョシュにそっくりなんですもん。それは置いておいても、人は沢山死ぬんだけどコメディタッチなところと、スレヴンの目が鋭くなる復讐モード(謎解きモード)のギャップは良かったです。

格好いい男の不幸って楽しい(^^; ただの嫉妬?! 
でもスレヴンは不幸ずくしなのに、余裕がありすぎじゃないですか?不幸背負ってる顔が似合う人ならもっと良かったと思う。

ミスター・グッドキャット(ブルース・ウィリス)の20年前の顔が笑えます!
若返るには、あーするしかなかったのかもしれないけど、落武者ヘアにヒゲは・・・ それとあそこで同情するのは、殺し屋としては3流じゃないの。

ベン・キングズレーの貫禄はさすが、それに比べてモーガン・フリーマンはボスって感じがしなかった。紅一点のおせっかいルーシー・リューはジョシュとの年の差は気になるものの、生き生きしてました。

邦題センスなしですね。
ラッキーナンバースレヴンって馬の名前を尊重してやってください(^^;

2006年1月21日(日) 伊丹TOHOプレックス
ラッキーナンバー7@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-01-24 23:34 | 映画レビュー
「リトル・ミス・サンシャイン」
ダメ人間好きなんですよ(^^; 
しかもロードムービーなら面白くないわけがない!私がよく映画を観るようになってからだけでも、「サイドウェイ」「トランスアメリカ」と毎年、ワクワクするような作品に出会えてます。そしてこれも前の2つに負けないぐらい、ダメっぷりがいとおしくなりますよ。

【ネタバレです】
a0031718_2145480.jpg

上の写真、冒頭で家族が集まって、買ってきたチキンを食べるシーンなのですが、これだけで登場人物紹介になっていて、各人の特徴がよく分るんですよ。

小太りのメガネっ子だけど、ビューティ・クイーンを夢見るオリーヴ。
独自の成功論に自分自身が取り付かれてる父親。
バラバラな家族をまとめようと頑張る母親。
家族を嫌って沈黙し、筆談だけの兄。
ヘロイン常用で老人ホームを追い出されたお祖父ちゃん。
恋人に裏切られて自殺を図ったゲイの伯父。

こんな人たちが全員集まることはないだろうけど、1人だけみれば、いてもおかしくないという微妙な人物設定が、また良い。短時間で紹介して、さっさと旅に出る小気味良さは嬉しいです。

お祖父ちゃんが死んだというのは、てっきり人違いか、また息を吹き返すんではないかとずっと思ってました。まさか本当に死んでいたとは!あの毒舌爺さん死なすのはもったいない気はしたんだけど、これがきっかけで、家族の結束がギュッと強まりました。

ラストにコンテストがあるというと、大成功で盛り上がるというのが定番ではあるんだけど、それをさらっと裏切ってくれたのも、心地よかった。主催者には「この下品な女の子をおろして!」と叫けばれ、観客にも引かれて、それでもオリーブと一緒に踊りまくる家族が素敵でしたね。当然、コンテストに選ばれず、カルフォルニアでは一生出るなって言われるけど、本当の意味で家族になれた瞬間だったと思いました。

それにあんなコンテスト選ばれなくて良かったったよ(^^; オリーヴ以外は各地で開催している本物のコンテスト参加者を集めたようです、あのジョンベネちゃんのビデオそっくりでしたね。

兄のドウェーンが言葉をしゃべるようになって、コンテスト会場でキョロキョロしだしたので、お祖父さんの言葉を思い出して、ナンパするのかと思ったよ。年齢的にやばいけどね~

気になってた『成功のための9ステップ』、パンフレットに載っていたので、紹介。
1.負け犬界を後にして、勝者がすべてをつかむ世界に居場所をみつける。
2.大望を抱き、自分を鼓舞し、汗だくで頑張る。
3.ズルしようと考えず、目標に集中する。
4.否定的な考えは一切持たない。
5.きちんとした言葉使いはどんなときも大切。
6.他人を信頼すれば、信頼されるようになる。
7.望みを大きく、行動もでっかく、ビックに生きる。
8.否定されたことを否定する。
9.負けることを拒否する。
どこかのマニュアルにかいてありそうなことをまとめたみたいな内容だけど8~9は自暴自棄というか、ヤケクソやなぁ(^^;

オリーヴ役のアビゲイル・ブレスリンは子供用のファット・スーツ着てたそうです。
デ・ニーロ並みの役者根性で太ったんじゃないのね、良かったです(^^;

2006年1月14日(日) シネ・リーブル梅田
リトル・ミス・サンシャイン@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2007-01-17 23:50 | 映画レビュー
「ル・ブレ」
過去の鑑賞作を掲載してます。

大物ギャングのモルテスは7年の刑務所暮らし。お調子者の看守レジオともすっかり親しい仲。出所間近のある日、レジオに頼んで買っていた宝くじが、なんと1500万ユーロの大当たり。しかし、モルテスが大喜びしたのも束の間、レジオの妻ポーリーヌがその当たりクジを持ったまま、仕事でアフリカへ行ってしまっていた。モルテスは当たりクジを奪い返そうと脱獄し、更に警察を振り切りレジオを連れてアフリカへ旅立つ。だが、警察、モルテスの敵、鉄の歯の男、殺し屋、盗賊までもが彼らの後を追ってくる。ノンストップの当たりクジ争奪レースが始まった。 Yahoo!ムービーより


カーアクション映画と思ってたんやけど、コメディでした。
最初シーンはシリアスな雰囲気で始まって、期待できるなと思い、カーチェイスからの観覧車大回転で、「おおっ!」と思ったけど、そこまで、終了。ラリーに参加していよいよカーアクション本番かと思ったら、グタグタでしたね。

笑えるシーンもあったけど、全体的には乗り切れませんでした。

ただ1つポイント高いのは、なんとニコラ・アネルカ(元フランス代表)が出演してたこと!これを書きたいだけで、感想載せたようなものです(^^;
サッカーボール蹴って犯人捕まえるという離れ業!最初は、なんか見たことある顔やなと思ってたら、エンドロールで「ニコラ、メルシー!」とあり、思わず巻き戻して見直したら、やっぱり彼でした(^^)

アネルカと観覧車は見所です。

2003年11月12日(水) ビデオ
[PR]
by borderline-kanu | 2006-09-19 00:13 | 映画レビュー
「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」
過去の鑑賞作を掲載してます。

派手ではないけど死刑制度に一石を投じる良質のサスペンス。
死刑といっても自分の身近な人でそれに値する犯罪を犯したり、犯されたりしたことがないので、遠いことのように思っていました。
ただ肉親や友達が殺されたら、犯人が死刑になっても気が晴れる訳やないけど、死刑にならなければ納得はできないはずだ。

日本とアメリカでは裁判も法律も違う(州によっても違うし)から、一概に比較はできないとは思うけど、アメリカの方が死刑になる人数は圧倒的に多い、そこで冤罪の可能性も多くなる。冤罪も人為的なミス(弁護士の能力不足など)で起こることも。

【しっかりネタバレです】


元大学教授デビッド・ゲイル(ケビン・スペイシー)はレイプ事件を機に家庭崩壊し息子にも会えずアルコール依存症、コンスタンスは白血病で長くは生きながらえることはできない。
さらにコンスタンスは死刑反対運動に限界を感じていた。この2人が命と引き換えに死刑反対を訴える芝居をうった。

冤罪で死刑がおきたとしても、それが本当に冤罪だと証明されないことには状況は変えられない。頭では考えられても実行するのは狂気の世界や~

少し前に「死ぬまでにできる10のこと」を見て、残された時間を悔いのないように生きる主人公は微笑ましいぐらいだったけど、こちらは執念をみたというかんじ。

デビッドが手記を頼んだのも、解決させるためじゃなくて、死後大々的に取り上げてもらうため、弁護士を変えなかったのも死刑になるため。

死ぬ前のデビッドが悟りきってるよりも生への執着、例えば息子に対する思いが見えれば、もっと良かったと思う。
ケビン・スペイシーはやっぱりこんな役好きですね(^^;

2003年11月10日(月)シネマ・アイリス
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-08-09 00:27 | 映画レビュー
「RENT/レント」
映画なのに歌ってばかりという単純な理由で、ミュージカル映画は苦手。だからセリフの多い「シカゴ」は○で、「オペラ座の怪人」は×に近い△でした。しかも、あるTV番組で「おすぎ」が、この作品をなんと絶賛。彼が褒める作品にあまり共感できない方なので、完全スルーを決定したのですが、映画の日に時間があったのが、これだけだったんですよね~ 元のミュージカルも知らなくて、「シカゴ」のようなこともあるだろうと、自分を偽って、恐る恐る鑑賞したのですが、これが、めっちゃ良かった!

で、どうかと言うと、ほとんど歌ってる(^^; でもその歌がいいんです。
ロックミュージカルで青春群像劇だったのも幸いしたと思います。

オープニング、舞台に立つ8人が「Seasons of Love」を歌いだしたら、その声量の豊かさ、歌唱力にすぐに引き込まれてしまいました。ミュージカルの初演メンバーにこだわって、キャストしたと、後で知ったのですが、大正解でしたね。

アパートの住人たちがビラに火をつけて外にばらまくシーンや、サンタ姿のエンジェルがドラムスティックをアパートで叩きまくるシーン、モーリーンの立ち退き抗議ライブ、そして圧巻のカフェで仲間たち全員でのパフォーマンスと、歌とダンスによって、心地よい疾走感を味わうことができました。でもこれは言葉では伝えられません、見終わった後、充実感のある作品でした。

どうせ観るなら大画面の方が絶対良いですよ。

で、「プロデューサーズ」が北京行きの飛行機の中でやっていたので観はじめたら、開始30分で飽きてしまいました。やっぱりミュージカル映画苦手だなって(^^;

2006年5月1日(月) 梅田ブルク7
レント@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-05-10 23:55 | 映画レビュー