【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:ワ行 ( 6 ) タグの人気記事
「わが教え子、ヒトラー」
1944年12月、連合軍の攻勢の前に国家存亡の危機にさらされたナチス・ドイツ。宣伝相のゲッベルスは、新年1月1日にヒトラー総統の大演説によって国民の戦意を劇的に高揚させる起死回生策を思いつくが、肝心のヒトラーは自信を喪失し、引きこもり状態。そこで、彼に全盛期のカリスマ性を取り戻させる困難な任務を託されたのは、かつての名優で、今は強制収容所にいるユダヤ人教授だった…。(Amazon.co.jp)

「善き人のためのソナタ」のウルリッヒ・ミューエがヒトラーを指導するグリュンバウム教授を好演しています。彼はこの作品を撮った後に亡くなられていたんですね。まだ54歳、これからも演技を観たい俳優の1人だったので、非常に残念です。

【ネタバレです】

まずオープニングで惹きつけられてしまいます。頭から血を流しながらも、力のこもった目でヒトラーの演説に集まった大観衆を眺める男のアップ映像と「これは実話である。」という字幕。

嬉しのか楽しいのか興味深く周りを眺めるこの男の表情が気になって仕方がなくなります。そして本当に実話なの?という好奇心をくすぐるんですよ。
これはラストシーンを冒頭に持ってきているので、結末が容易に想像がついてしまうのですが、それを上回るインパクトを与えたんじゃないかと思います。

この作品は、シニカルなユーモアに溢れてます。コメディという雰囲気は全くないのだけど、ヒトラーやナチスをこれでもかと滑稽に描いているんですよね。

執務室に篭ってグリュンバウム教授と2人で演説のトレーニングを行なうのですが、ヒトラーは殴られて気絶し、犬のように吠え、子供の頃に父親から受けた虐待を語りだす。そしてナチスの親衛隊は、命令を実行するために数え切れないぐらい書類にスタンプを押さなければならない。鸚鵡返しのように「ハイル・ヒトラー」を繰り返し、ベルリンは空爆で廃墟になっているのに映画のセットのようにハリボテを立て、パレードを行なう。

こういった笑いがこみ上げてくるシーンも多々あるのですが、教授がユダヤ人であるがゆえに、ヒトラーに対する憎しみを内に秘めている。監督もユダヤ人ということで、単なるコメディで終わらせないという思いが伝わってきました。

2009年11月29日(日) DVD
わが教え子、ヒトラー@ぴあ映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2010-01-13 21:58 | 映画レビュー
「ワルキューレ」
レンタルしてきたDVDを見ていると原題が載っており「VALKYRIE」と書かれていた。これバルキリーかなと思って調べると、北欧神話に登場する女神たちワルキューレの英語読みなんですね。
こんなところで「超時空要塞マクロス」に出てくるバルキリーに出会えるとは思ってもいなかったので、映画とは全く関係ないけど書いてみた(^^;

最初、戦場でドイツ語の会話だったので、「おっ!」と思ったらトム・クルーズが出てきたとたん英語に変わりました。これは英語だけど本当はドイツ語なんだよと言いたいのかもしれませんが、はっきり言って逆効果じゃない?
だれもトム・クルーズがドイツ語を喋るとは思ってないし、ハリウッド映画なんだから、そういうところには最初から期待していないと思うんだけど・・・

【ネタバレです】
a0031718_22581666.jpg

ヒトラーが暗殺でなく自殺だったということは知っている。でも、数十回もヒトラーの暗殺計画があったことや、具体的な計画は全く知らなかったので、先が読めるにも関わらず、ドキドキしながら手に汗握ってました!

脚色されてはいるでしょうが、かなり忠実に再現してるらしいですね。ヒトラーを暗殺することだけが目的になっていた反対派の軍人と違って、シュタウフェンベルグ大佐(トム・クルーズ)は、混乱に乗じて元々ヒトラーが準備していた叛乱対策の「ワルキューレ作戦」を逆手にとることを思いつく。一気にナチス政権を追い落とし、ドイツを立て直すことまで考えていたぐらいだから、頭が切れる男なのでしょうが、残念ながら仲間に恵まれなかった。

シュタウフェンベルグが狼の巣を脱出して3時間何も出来なかったことが最大の失敗でした。もしはないけども、上司のオルブリヒト将軍(ビル・ナイ)が「ワルキューレ作戦」を発動させていれば、ひょっとしたらこの叛乱は成功したんじゃないかと思わずにはいられません。

いよいよ決行となり、狼の巣で爆弾の準備をするシュタウフェンベルグは、手が不自由だからなかなか上手くいかない。会議開始を知らせに来た将校に気づかれないように必死になる姿は、いつも冷静なイメージでしたが、自らの命を懸けた勝負のにかける意気込みとを感じさせてくれました。

ヒトラーの死が確認できないことで決断できないオルブリヒト将軍、あの段階まで来ても保身を考えてるところが、ヒトラーの力の強大さを物語っていた気がしました。

暗殺の計画者であるシュタウフェンベルグの内面に迫って描ければ、もっと深みのある作品に仕上がったと思いますが、十分に楽しませてもらいました。

2009年10月17日(土)DVD
ワルキューレ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-11-15 23:01 | 映画レビュー
「ワールド・オブ・ライズ」
リドリー・スコット監督、2008年の作品。
ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)とエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)、CIA中東担当の諜報部員と現場にはほとんど行かない上司という「踊る大走査線」と同じ構図ながら、2人の間に友情なんてものは一切ない。

チームとして協力するどころか、独善的に指示を出し現場を掻き乱すホフマン。ラッセル・クロウが見た目にもかなり太っていてびっくりしたんだけど、この役にはぴったりでした。自分さえ良ければという自己中丸出しで、嫌な上司の典型みたいな人ですね。なんだか昔の上司を思い出しますよ。メガネをずり下げて、上目遣いで冷ややかに見るところなんてそっくりなんですもん(^^;

【ネタばれです】
a0031718_2330433.jpg

架空のテロ組織をでっち上げるのって、実際はあんなに上手くいくとは思えないけど、自分が知らないうちにテロの黒幕かのように仕立て上げられる様子は背筋がぞっとしますね。

その標的になったヨルダンの建築家サディキが殺される可能性なんて非常に高いにも関わらず、詰め段階まできて、保護しようと言い出すフェリスは良くわかりません。優秀な工作員として描かれてるので、非情な部分も持ち合わせてるはずだと思っていたから、あの場面で彼の優しさ、もしくはとまどいを描く必要性を感じないんですよね。

レオナルド・ディカプリオは自分が演じたい役にやっと年齢が追いついてきたかなと思います。いつも感じる未見の深いシワも、前作の「ブラッド・ダイアモンド」あたりから気にならなくなってきたしね(^^;

ヨルダン情報局のハニはスマートさが胡散臭く感じましたが、フェリスを助け出した後のホレ見たことかという顔は愛嬌ありました。

全体的には上手くいきすぎな感じも否めませんが、フェリスとホフマンのやり取りだけでも面白いし、アフリカは画になります。派手なアクションがあるわけでもないのに緊張感が持続する、良質のエンターテイメントでした。

街の郊外にある広大なゴミの山、雰囲気のあるロケ現場見つけたなと思ってましたが、全部作り物だと聞いて驚きました。元々は本当のゴミの山なんですが、そこにあるゴミを全部片付けて、きれいなゴミを一面に配置したそうです。予算があるとやることが違いますね。

2009年9月27日(日)DVD
ワールド・オブ・ライズ@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2009-10-13 23:38 | 映画レビュー
「ワールド・トレード・センター」
9.11のテロ事件で人命救助のためにワールド・トレード・センターへ入った港湾警察の2人の物語。「ユナイテッド93」も同じく9.11の話ですが、機内の出来事はあくまでも推測の域を出ていないのに対して、こちらは脚色されてるところはあったにしろ、実際に生き残っています。

【ネタバレです】
a0031718_1184910.jpg

2人に絞ったことで、『木を見て森を見ない』ような感はある。
病院でエレベーターボーイのお母さんが出てきますが、他の被害者の人たちはほとんど置いてけぼり。しかし、2時間程度で全部を描こうとすると焦点がぼけ、締らない可能性もあるので、2人と家族の話に集中させたのは正解だと思います。

実話を元にしてる作品は多いですが、ほとんど遠い過去の出来事なのに対して、9.11はたった5年前。リアルタイムで知ってる分、その時、自分が何をしてたかまで思い出せる。だからこそ、映画の行間を感じることができるのではないでしょうか。

救出劇がメインかと思っていたら、始まって30分程で生き埋めになったのには驚きました。この後、どうやって話が続くんだろうって。生き埋めになったジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)の暗闇で身動きできない姿は、閉所恐怖症の人は、辛いです。私はそのけがあるので、正直言って、劇場から出たくなりましたよ。

あれだけ多くの瓦礫の下から救助するのも命がけ。狭い中を助けに行くところを見て、また気分悪くなりました(^^; 前には進めても後ろに戻れなかったらどうしようって想像してしまうんです。多分、ほかの観客より怖さを感じた分、助かったときの喜びも大きかったんじゃないかと、前向きに考えるようにしました(^^;

予告編観たときから、ニコラス・ケイジの頬がこけてるなぁと思ってましたが、あれぐらいの方が救出されたときの顔にリアリティありましたね。マイケル・ペーニャはどこかで見た人だと思ったら、「クラッシュ」で妖精のマントの話をするお父さんでした!ニコラス・ケイジと正反対で、まん丸顔なのも面白い。

海兵隊の人はいかにも助けに来るための登場人物だと思ってましたが、実在の人だったんですね。それと熱で銃が暴発するというのは初めて知りました。

オリバー・ストーン監督らしくないほど、政治色なしのヒューマンドラマ。次は諸説出ている、裏9.11.作って欲しいなぁ。

2006年10月9日(月) 伊丹TOHOプレックス
ワールド・トレード・センター@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2006-10-09 23:58 | 映画レビュー
「WATARIDORI」
過去の鑑賞作を掲載してます。

まさにヒーリングシネマ。野鳥の王国というかんじです。
渡り鳥が越冬のために何千キロという長旅をすることは、知識としては知っていても、実際の生態は分からないので興味深く見れました。

監督、製作はジャック・ペラン。『ニュー・シネマ・パラダイス』のお父さん役の人。野鳥が生まれた時から一緒に過ごして馴らしたとのこと。だから人間を親と思ってるそうです。これは、「渡り鳥の生態を追えば映画として受けるぞ。」といった様な安易な企画ではとてもできなかったと思うし、製作者側の心意気を感じます。

この作品はどうしても劇場で観たかった。
面白そうだと思ってたけど、DVDを家で見てたら2時間近くも集中できる自信がないからね(^^;、見終わって劇場で見て正解やったと思いました。

2003年7月21日(月) シネマ・アイリス
[PR]
by borderline-kanu | 2006-08-28 00:41 | 映画レビュー
「笑の大学」
「髑髏城の七人」アカドクロを見た後だったから余計なのかもしれないけど、元は2人芝居として上演され評価の高かった作品という事と三谷幸喜原作、星護監督の「警部補・古畑任三郎」のコンビというのも魅力的でした。

三谷幸喜といえば、「12人の優しい日本人」も大好きな映画なのですが、それと同じようにほぼ警察の取調室の中だけで飽きさせずに2時間もたすのは、さすがと思った。もっと続きが見たいと思ったもん。これは三谷幸喜よりも監督の力ですね。

無理難題を押し付ける、検閲官・向坂(役所広司)とそれを新たな笑に換えていく喜劇作家の椿(稲垣吾郎)の台本をめぐる攻防が見どころ。さらに2人の間に友情(愛情?)が芽生えるラブストーリーと言ったら言い過ぎか(^^;

【多少ネタバレです】

舞台の良さを再現しながら(芝居は見てないですが)、映画でしか見せれない手法で話を膨らましている。「お肉」とか「チャーチルに寿司」握らせてみたりと、見ながら頭の中で想像してることが、まんま映像としてバンっといいタイミングで出るから、思わず笑ってしまう。

嫌いな男から言い寄られた女(役所)がダメ出ししてるのに、しつこく言い寄ってくる男(稲垣)のことをいつの間にか、気になって仕方がなくなるって、ラブストーリーの王道ですよね(^^; シチュエーションは違うけど、ラストシーンを見ると友情というよりそこには愛情があったような気がしたんです。

役所広司は上手すぎです。堅物から変わっていく様がすごくリアルでした。
それに対して稲垣吾郎は調子良い風だけど芯はしっかりしている役で及第点だとは思いますが、役所広司と比べられるのは可哀想ですね。できれば、役所と対等に渡り合える人で見てみたいと思ってしまいますから。でも興行的には成功です(^^)

小松政夫のアオカンは白塗りでエンドロールで名前見るまで判らなかったよ~
さらに木梨憲武も出てたなんて、全く気付かず・・・

2004年11月1日(月) ナビオTOHOプレックス
笑の大学@映画生活
[PR]
by borderline-kanu | 2004-11-05 23:06 | 映画レビュー