【ハイサイ、シーサー♪】       映画・サッカー・競馬!
by borderline-kanu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ:日本代表 ( 21 ) タグの人気記事
U-22「日本vsシリア」 2007.3.28.
U22日本、シリアに快勝し3連勝 五輪予選

スタメンを見たときには、てっきり3トップかと思いました。家長をトップ下にした3-5-2には、日本のサポーターもですが、シリアが一番驚いたのではないでしょうか。3トップ時のぎこちなさが消えて、スムーズなボール運びと効果的なドリブルをまじえた攻撃は、見てて楽しかったですよ。オリンピック2次予選の山場となる試合で快勝したのは気持ちいいもんですね(^^)

家長はガンバの試合でもそうですが、今年は特にシュートが決まらなかったんです。だからゴールのリプレイを見ながら解説の小倉が『左利きなのにうちに切れ込んでどうするつもり。』という話はマジで笑えました。私も右で打ってもどうせ入らないって思い込んでましたから・・・
あれはガンバサポだから言わせてもらうとマグレです、たぶん(^^; でも思い切って打つことの大切さを改めて感じましたね。

家長のシュートシーンはその前に、水野からのサイドチェンジがあって、家長のさらに外にいた本田圭がライン際を縦に走ったんですよ。それを囮にして内に切れ込んだから、相手のDFが本田が気になって、前に詰めれなかった。だから余裕を持ってシュートを打てたと思います。A代表に呼ばれた3人の連動で1点目が入ったのがまた嬉しいですね。呼ばれたのがオシムの気まぐれじゃないことも証明できたし。

平山は色々言われてる中、3試合連続ゴール。あと2本バーに阻まれた惜しいのがあったけど、シュートを打つことを最優先してる姿勢は評価したいです。それと2トップなら、カレンと組ませた方が、役割がはっきりして良いんじゃないかな。

本田圭は代表では今回が一番良かった。普段見てるわけじゃないので、判らないのですが、あんなにサイドをアップダウンするタイプには思えなかったから、新鮮でした。家長が比較的、左サイドを使ったこともあって、クロスやチャンスに絡む機会が多かったと思います。

水野は2点目のアシストとなったFKはドンピシャでしたが、右サイドの彼らしい突破は見られなかった。これも家長のポジションやパスの選択によって変わってくるんでしょうね。個人的には平山と家長の2トップ、トップ下に枝村というのも見てみたいです。それとボランチの谷口も。

水本がボールを持って前線に上がる姿がちょくちょくありました。直接得点に絡むことはなかったですが、もっと中盤がプレッシャーをかけられた時には、彼の動きは絶対に生きてくると思うので、これからも無駄になってもいって欲しいです。

1ヶ月前の香港戦とはチーム、個人ともに見違えましたね。あの時の記事にも書いたのですが、Jリーグが始まって、コンスタントに試合をしてることで体の切れや試合勘が戻ってきたのも大きいと思います。また選手が慣れてるシステムにしたのもありますが、中盤で相手のプレスが厳しくなかったから、日本人選手の良さが出ましたね。

まぁ、次のアウェーはそんなに簡単にやらせてもらえないだろうから、本当の力が見えてくるんじゃないでしょうか。逆に言えば、アウェーのシリア戦も快勝できるようなら、相当自信がつくのは間違いないので、結果と内容ともに出してもらいたいです。
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-28 23:40 | サッカー
「日本vsペルー」 2007.03.24.
日本2―0でペルー降す 国際親善試合

高原と中村俊輔が選ばれたことで、チケットもほぼ完売だったようですね。オシム監督の海外組、厳選召集に期待感が膨らんだの思います。その期待通りに2人の活躍で2-0の勝利!

ペルーは中盤からのプレスはしっかりしてきたけど、ヨーロッパで活躍する選手たちが来なかったこともあって、攻撃には迫力がなかった。ホームでの対戦ということもあり、正直言って勝って当たり前の相手でした。日本が大きなミスをしない限り点を取られる雰囲気はなかったからね。初めて海外組を合流させるにはちょうど良かったとは思いますが・・・

1点目のFKは、その前に同じぐらいの位置で遠藤が2回蹴っていたので、3回目もと思えば、俊輔が蹴り、あっさりアシスト。今回は4バックで遠藤も右と左の違いはあってもガンバと同じポジションなので、もっと良さがでるかと思ったけど、前方へのパスや、FWを追い越す動きが少なく、攻撃的なポジションとしては物足りなかった。今日の試合を見る限り、俊輔との併用なら羽生のように前へいけるタイプの方が合ってるような気がする。

高原のあのトラップは絶品でしたね。俊輔からのFKを吸い付くように足元に落とした時点で勝負あり。ドイツでの好調が自信を持たせてるようでした。練習不足もあるけど、巻との連携で崩したりとかいう場面は、ほとんどなかったように思う。タイプが似てるので、佐藤とか松橋のように俊足な選手とのコンビも見てみたかったです。

全体的には、シュート数が少ないし、セットプレー以外でペナルティエリアに侵入することがあまりできなかった。得点力不足という課題が解消されたわけではないので、2-0という結果だけでは満足できない試合でした。
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-25 01:05 | サッカー
U-22「日本vs香港」 2007.2.28.
反町監督や選手からは反省の弁しか出てこないようですが、こんなもんじゃないですか。もちろん目指すところはずっと上ですが、これからはJリーグも始まってコンディションもどんどん上がってくるので、そんなに心配はしてません。2次予選で3トップやオプションが熟成されれば十分やと思ってます。

3トップに挑戦した公式戦2試合目、アメリカ戦と比べても先発3人はあまり変化がなかったように思う。3トップというとサイドはウインガーというイメージなんだけど、日本の場合、ただサイドに張ってる感じで、ポジショニングの入れ替えもしないし、3人いるメリットを生かしきれてなかった。

後半家長、増田が入って動きが出てきましたね。家長はサイドにもいたけど、途中からはトップ下で、中盤とのつなぎをするようになって、ボールが収まるようになってきたと思います。アメリカ戦では守備に回る機会も多かったけど、やっぱり攻撃的な選手だということを実感しました。ガンバでもサイドバックでは使ってほしくないです。

ただ3点目は・・・ あのシーンは平山とのパス交換でうまく抜け出したんだから、やっぱり自分で決めんとな(^^; あそこにいた増田もさすがだけど。今のところ、3トップにするなら、家長か増田が1人入るほうが機能しそうですね。

本田圭佑は代表でしか見てないから何とも言えないけど、馴染んでない気がする。せっかくFKはいいもん持ってるから、頑張ってもらいたいですね。水野晃樹はサイドではドリブル、内に切れ込んだらワンタッチパスとうまく使い分けてたと思います。

3トップが次どうなるか楽しみ!
[PR]
by borderline-kanu | 2007-03-03 01:15 | サッカー
アジアユース 「日本vsサウジアラビア」
日本、サウジ降す 準決勝へ
サウジに追いつかれるも、終了間際に決勝点!
U-19日本代表、来年のU-20ワールドカップ出場決定!!

今までワールドユースと言っていたのが、年齢限定のワールドカップになりました。U-17も含めて、男子は3つのワールドカップに。なんだかワールドカップの安売り状態やな(^^;

U-19はここ最近ずっと世界大会に出ているので、出場はノルマだと思ってたので、安心しました。今は19歳でも4年後は23歳。この世代が1人でも多くフル代表に入るかで、チームも活性化すると思うので、この後の準決勝、決勝、そして来年も大注目です。

アジアユースは放送がないので、結果はネットで、試合ぶりはニュースでしか確認できないのは残念。そろそろテレビ朝日、地上波で何とかしてくれ。スタメンFW2人は決定力があり、梅崎、福元のトリニータ組がチームを引っ張ってます。それにミドルシュートも多いみたいですね。

残念なのはガンバの安田理大が選ばれなかったこと。
もちろん身内びいきですが(^^;
アジアユースまでは切り札的存在だったので、彼は落ちることはないと思ってたんですよね。でも、Jリーグでの出場機会がない分、他の選手と差が出てしまったかもしれません。同じポジションに梅崎いるしな・・・ でも来年のワールドカップは、これからの活躍しだいで十分チャンスがあるし、これをバネに頑張ってもらいたいです。安田選手、イメージは家長に近いです。

ちなみにU-16日本代表は、AFC U-16選手権優勝して、U-17ワールドカップの出場を決めてます!
[PR]
by borderline-kanu | 2006-11-06 23:09 | サッカー
「インドvs日本」 2006.10.11.
照明消えたり、犬が乱入したりで、公式戦だけど、さすが消化試合。

ガーナ戦途中出場で印象的なプレーをした播戸と中村憲がスタメン。
相手が格下なこともあるけど、ゴールも決めて、この2人運がある。中村は遠藤が発熱じゃなかったら、スタメンじゃなかったかもしれないしね。巻はだいぶ疲れてるような気がする、次は控えじゃないか。

全体的に連動性がでてきました。山岸や播戸が良く動いていたので、ボールも出しやすかっただろうし、ボール出した選手もスペースに走ってました。これが強い相手にどれだけできるかが注目ですね。

それにしても播戸やってくれました!
頭怪我してるにもかかわらず、ヘディング連発。ゴール決めたのも、足に向かっていく行くような形で恐怖心が全くないわけじゃないだろうに、嬉しいゴール!

水本が負傷で山口の出番かと思ったら、長谷部IN。
阿部、今野、啓太の3バックってDFいなくなったやん(^^;
ストッパー求む!
[PR]
by borderline-kanu | 2006-10-12 00:50 | サッカー
「日本vsガーナ」 2006.10.04.
坪井、トゥーリオ、怪我で辞退する中(加地も)、DFラインをどうするかが注目でした。
練習では今野を使ってましたけど、それなら山口使えよっと思ってたのに、スタメンも今野。悪くなかったけど、先のこと考えたら、あまり意味のない使い方だなと。ここまでDFいない中で、宮本呼ばれないところみると、完全にないですな。そいえば、マリノスの栗原はもうだめなん?

FWは播戸はスタメンかと喜んでいたら、佐藤寿。これは妥当でしょうね。昨年からずっと調子の波なく頑張ってきたから、ようやくスタメンという感じでした。ただ、チャンスメイクはしても、シュート打てずに交代は、物足りません。

前半DFラインを上げてくるガーナの裏へ抜けるパスが出るものの、決めきれない。GKと1対1になるシーンも多かったけど、躊躇してる間に、後ろからDFに追いつかれる。そしてお決まりの決定力不足。駒野がドリブルでかわして打ったシュートは惜しかったですね。ガーナのシュートもなかなか枠に飛んでなかったから、点取られる気はしなかったんだけど。

後半になって、両チーム選手を代えだしてから、ガーナが先制。さすがにあの位置ではシュート外さないよね(^^;でもよく詰めていたと思います。そして玉際に強いから、抜けたと思ってもボールとられてるんだよね。日本はカウンター仕掛けたくても、前線に行くまでにボール取られてましたね。

日本も続々と選手を代えて、誰がどこにいるかよく分からなくなってた。
ガンバ勢も播戸と二川が代表デビュー。播戸はよくボールを追いかけ、ゴール前に顔を出すも、タイミング合わなかった。流血しながらも彼らしさを出していたとは思います。二川は時間が短すぎて顔見せ程度。交代組では、中村憲がスルーパスを常に狙ってました。もう少し慣れてきたら、面白いでしょうね。

あとはスタメン遠藤。
駒野のスルーパスに飛び出したり、ドリブル突破からスルーパス出したりと、出すだけでなく、受け手もやろうとする意識が出てきた。でも、ガンバの活躍を知ってるとやっぱり物足りなさを感じてしまいますね。

ガーナは、強敵ですが、弱点をついてくる訳でもなく、引かずに攻めてくるので、やりやすかったのではないでしょうか。まぁ今年は新しい選手を試すんでしょうし、結果は問いません。トルシエにしても、ジーコにしても最初の2年は試行錯誤が続いたし、今はこんなものだと思います。

ドイツWカップ、ガーナ戦観戦記
E組「チェコvsガーナ」 2006.06.16.
「ブラジルvsガーナ」 2006.06.27.
[PR]
by borderline-kanu | 2006-10-04 23:18 | サッカー
「イエメンvs日本」 2006.09.06.
オシムジャパン、我那覇のロスタイム弾で辛勝

試練の西アジア遠征2戦目。
酷暑のサウジから標高2300mの高地のイエメンへ。チームとして試行錯誤する中、環境の変化とも戦わないといけない、この試合。二川がスタメンというニュースもありましたが、実際には、駒野に変わって、羽生がスタメン。う~ん、ちょっと残念。

空気が薄く、スタミナ面が心配なので、なんとか前半に勝負決めておきたい。1点でも取れば、多分失点することはないだろう。逆に前半に点を取れないと相当厳しくなると戦前は思ってましたが、その通りの展開になってしまいました・・・

3トップ、そしてトゥーリオを上げて、パワープレーにするのは悪くないが、前の4人とその後ろが、思いっきり間延びしてました。ロングボールを放り込むまでは良くても、セカンドボールが奪えないパターンが多かった。それでもロスタイムになんとか得点入れたので、ホッとしました。

後半、遠藤が真ん中からドリブルで上がっていき、パス交換からシュートを打ったのは、決定的だった。そこで決めてもらいたかったよ。それと、最後の交代、梅崎ですか(^^; 二川じゃないの~

なんとか格好だけはつけましたね。
それでもFWの得点力不足は、深刻。ここは播戸はいかがでしょう。

イエメン 0-1 日本
[PR]
by borderline-kanu | 2006-09-06 23:34 | サッカー
「サウジアラビアvs日本」 2006.09.04.
オシムジャパン初黒星 サウジに惜敗

月曜の朝にライブでは観る気力はなかった。
それでも5時半に起きて録画を観戦しました。

オシム監督になって、スタメンも読めないので、それを予想するのも楽しみ。今回は前のイエメン戦と同じメンバーでスタート。サウジはWカップでは欧州勢との差は明らかでしたが、ホームでは、そう簡単には勝たせてくれないとは思ってました。それでも引分けは十分できると踏んでいたのですが・・・

日本代表がアジア相手に前半の20分前後まで、何もできないのは、ここ最近なかったのではないか。サウジの出足が非常によくて、パスの出しどころがなく、無理やりパスしたら取られるの繰り返しだった。20分以降は徐々に盛り返すものの、ペナルティエリアで勝負できるのが数度あっただけ、田中達也が奮闘するも決めきれない。

後半は、もう少しましだけど、縦パスを狙われていたような気がした。点を取られたシーンも真ん中でフリーにさせてしまったのがまずかった。

攻撃面では、後半になって加地が攻撃に絡み始めて、リズムが良くなってきたけれども、決めきれなさは、相変わらず。遠藤は2列目より、やはりボランチにいて、飛び出す方が良さが生きそうですね。居心地悪そうに見えました。

1位での予選の突破は別としても、抜けるのはまず間違いないだろう。不利な条件での戦いに、あまりとやかく言っても仕方ないが、これを糧に次のイエメン戦どう戦うかは注目したいと思う。

サウジアラビア1―0日本
[PR]
by borderline-kanu | 2006-09-05 00:31 | サッカー
「日本vsイエメン」 2006.08.16.
オシムジャパン初公式戦、イエメンに2―0勝利

さて、問題です。
日本代表のスタメン、背番号の合計はいくつ?(正解は一番下)

新しい井戸をたくさん掘った結果、プロ野球並みの背番号になってしまいました。1~11なら合計は66なのですが、30阿部と36巻の2人だけで66、我那覇はひとりで65だし(^^;

イエメンってあまり名前聞いたことないけど、中東の国です。私の頭の地図には存在しなかったので先ほど調べましたよ(^^; 元々、引かれるのは苦手でしたが、あれだけチャンスがありながら決められないのは、オシムになっても、すぐには変わるものではなかった。勝ったことが何よりです。

スタメンはジェフ組が全員先発かと思ったのですが、川口、坪井、遠藤、加地、三都主と代表経験の豊富な選手を出したのは、公式戦と思えばバランスの良い選択だったと思う。しかし、決定的な仕事をしたのは、ジェフの選手でしたね。

阿部は闘莉王が前に行ったきりだから、DFに下がっていたけど、CKから1発で決めて、溜飲下げたんじゃないでしょうか(^^; 攻めてこないイエメンに4バックは人が多すぎたところ、後半から羽生が入ったことで、沈滞した中盤にスペースを作ってました。

遠藤は決定的なスルーパスを出したけど、オフサイド。ガンバでいる時より、窮屈そうにプレーしてました。交代は致し方ないと思う。加地もサイドから再三クロスを上げていたものの、決定的なシーンは作れずでした。

佐藤寿人は、ポイントで合わせるのが本当に上手いですね。ゴールのシーンも見方の後ろからスルスルとボールの落下点に飛び込んで行きました。その後、GKが弾いたボールを決めるところも抜け目がなかったですね。

まだまだ、オシム監督が目指すものと、選手の動きは合ってないようです。でも代表でのトレーニングや試合での反省点を個々がJリーグで生かすかが、長い目でみた時の代表強化になると思います。しばらくはジェフの選手中心になりそうですね。

問題の答え:317
[PR]
by borderline-kanu | 2006-08-17 12:32 | サッカー
「日本vsトリニダード・トバゴ」 2006.08.09.
オシムジャパン、三都主の2得点で初陣飾る

オシム監督になっての代表初戦。

ジーコ時代ならB代表といっていいメンバーがずらり。システムどころかスタメンも何通りも考えられるなか、オシムがどんなサッカーをするのかが注目の的でした。相手のレベルが低いことは、さし置いても、U-21戦に続いて、上々のスタートだと思います!

合宿時から、頭を使うと普段とは違う練習に戸惑ってる選手たちであったが、ワンタッチ、ツータッチで前へ前へとゴールを目指す姿は、新鮮だった。ボールを持っていない選手も、しっかりボールをもらいに行く動きができていた。後半はだいぶ疲れもあったが、考えて走るサッカーの一端は見せてくれたのではないだろうか。

サントス復活。
何故、Jリーグ得点王になった男を守備的な位置で使うのかと、ずっと言い続けてきましたが、今日は彼の持ち味が存分に生かされたと思う。特に2点目は、ジーコ時代には見たことがない。FWを追い越して、しかも中央から走りこんでシュートするとは、思いもよりませんでした。

海外組、ジェフ、ガンバ、アントラーズからは選ばれてないこともあり、レッズ+アテネ組中心の布陣を組んだことも、練習時間が少ないことを考えれば、最良の選択だった。オシム監督は、「就任前に決められた試合、やりたくない。」と言っていましたが、ほとんど代表経験がない選手たちにとっては、貴重な試合になりましたね。

日本 2-0 トリニダード・トバゴ
[PR]
by borderline-kanu | 2006-08-10 00:15 | サッカー